連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

無印良品のルーズリーフは、ひと工夫あって使いやすさ抜群【今日のライフハックツール】

無印良品のルーズリーフは、ひと工夫あって使いやすさ抜群【今日のライフハックツール】
Photo: sato

必要なページだけファイルできたり、ページを入れ替えたり、便利に使えるルーズリーフ。

勉強用ノートとして学生時代は大変お世話になったけれど、仕事をはじめてからはめっきり使わなくなった、という人も多いのではないでしょうか。

理由の1つが、その持ち運びにくさにあるように思います。そんなルーズリーフをもう一度使いたくなるアイテムが、無印良品の「ノート型はがせるルーズリーフです。

191107_mujileaf_01
Photo: sato

ノートとして使えるルーズリーフ

191107_mujileaf_02
Photo: sato

写真左側が糊付されていて、名前の通りノート型になっています。

袋に入ったルーズリーフを持ち歩き書く時は1枚1枚取り出すというのが、通常のルーズリーフですが、ノート型はがせるルーズリーフは、開いて書くだけ。

持ち運びやすく、ふだんはノートと同じように使えます

191107_mujileaf_06
Photo: sato

余計な装飾は一切ない無印らしいシンプルなデザインで、ルーズリーフにありがちな学生感も皆無。

会議に持って出てもまったく違和感ありません。

必要なページだけファイル

191107_mujileaf_03
Photo: sato

はがした後は通常のルーズリーフと同じ。ルーズリーフの良さは、きちんとそのまま引き継いでいます。

必要なページ、残しておきたいページは、ピリッとはがしてバインダーにファイル。

191107_mujileaf_04
Photo: sato

ノートはこれ1冊、プロジェクト毎にバインダーを作っておいて、それぞれにファイルするという使い方もスマートです。

縦でも横でも文字も図も、使い方は自由

191107_mujileaf_05
Photo: sato

A5、B5、A4の3サイズで、それぞれ横罫のタイプ、5mm方眼のタイプから選ぶことができます。

ビジネス用途ならおすすめはこちらの5mm方眼のタイプ。写真のように横にして使うこともできます。

頭を整理したい時、アイデア出しをしたい時など、文字や図をラフに書きたい時のスケッチブック的な存在として、デスクに常備しておくのもいいかもしれません。

あわせて読みたい

キングジムのアイデアは、気づかぬ課題も解決する。使いやすさを追求したクリップボード【今日のライフハックツール】

ポケットからとり出して1秒で開くメモ帳【今日のライフハックツール】

“貼る”を追求したコクヨの瞬間接着剤は「見えない・固まる・液ダレする」をすべて解決【今日のライフハックツール】

Source: 無印良品

Photo: sato

sato

swiper-button-prev
swiper-button-next