連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

子どもの靴下に塗るだけで滑り止め効果。手袋やスリッパ、敷物にも使える

  • カテゴリー:
  • TOOL
子どもの靴下に塗るだけで滑り止め効果。手袋やスリッパ、敷物にも使える
Image: Amazon.co.jp

廊下などで子どもや年配の方が足を滑らせてひやっとすることがあります。でも、残念なことに欲しい色やサイズの靴下に、転倒防止のすべり止めがついていません。

子どもの靴下は16~18cm(4~7歳児用)以上のサイズになるとすべり止め加工されていない商品がほとんどです。それに高齢者向けのすべり止めつきソックスは、地味な色ばかりでファッション性に乏しいのが難点。

「ならば、自分で靴下をカスタマイズしちゃえばいい!」というアイデア商品が、コジットの「すべるのきらい!透明タイプ」。

スリッパや敷物、手袋にも使える

Image: Amazon.co.jp

一見ボンドのようですが、中身は水性の液体ゴム(アクリルエマルジョン樹脂)。お好みの靴下に塗って乾かすだけで、簡単にすべり止め効果が得られるとのこと。

繊維状のものなら使用できるので、タイツやスリッパ、自転車に乗るときに使う手袋を滑りにくくするのも良さそう。

また、フットカバーのかかとの内側部分に塗っておけば脱げにくくなりそうですし、ハイソックスのずり落ち防止にも使えそうです。

それに、キッチンマットやラグの裏に塗ってずれにくくする応用ワザも。家中で幅広く活躍してくれます。

塗るだけ簡単。よりキレイに仕上げるコツ

Image: Amazon.co.jp

「すべるのきらい!透明タイプ」には、星型・丸型の専用テンプレートとヘラが付いてきます。

Image: Amazon.co.jp

アマゾンのレビューによると、キレイに仕上げるコツは靴下の中に型紙を入れて、生地をピンと貼った状態でテンプレートを使うこと。薄めにのばすと靴下をはいたときの違和感が和らぐそうです。

また、星型テンプレートのほうが難易度が高いのだとか。まずは丸型から試したほうがよさそうです。

透明タイプだから仕上がりが目立たない

Image: Amazon.co.jp

透明タイプなので、万一失敗しても目立ちません。手先があまり器用ではないので心配…という方でも安心して使えそうです。

それにテンプレートを使わず、フリーハンドでつけてもOK! 子ども用の靴下に「すべるのきらい!透明タイプ」でお子さんの名前を書けば、すべり止め効果の付与と記名が同時にできて、一石二鳥ですね。

転ばぬ先のすべり止め

Image: Amazon.co.jp

最近の住宅はフローリングが主流になり、特に就学前から小学校低学年にかけての年齢の子どもが勢いあまって転倒してしまわないかヒヤヒヤします。

靴下にすべり止めがついていれば心強いですし、あらかじめ子どものお気に入りの靴下にすべり止め加工しておけば、喜んで履いてくれそう。

子どものけが防止だけでなく、家中のさまざまなところですべり止めに使える「すべるのきらい!透明タイプ」はなにかと重宝しそうです。

なお、以下の金額は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

山田ちとら

swiper-button-prev
swiper-button-next