連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

キーボードショートカットにShiftキーを足すとアクションが逆になるよ!

キーボードショートカットにShiftキーを足すとアクションが逆になるよ!
Shutterstock.com

Redditで見かけるまで、このシンプルな小技のことをまったく知りませんでした。

Windows、MacOSのキーボードショートカットの多くは、Shiftキーを加えることで通常とは逆のアクションになります。

たとえば次のようなものがあります。

(Macでは、CtrlやAltをCmdに置き換えてください):

  • [Ctrl]+[Z]=元に戻す、[Shift]+[Ctrl]+[Z] =やり直す
  • [Space]=ページダウン、[Shift]+[Space]=ページアップ
  • [Ctrl]+[Tab](Macも同じ)=次のタブ、[Shift]+[Ctrl]+[Tab]=1つ前のタブ
  • [Alt]+[Tab]=次のアプリ、[Shift]+[Alt]+[Tab]=1つ前のアプリ
  • [Ctrl]+[T]=新しいタブを開く、[Shift]+[Ctrl]+[T]=最後に閉じたタブを再び開く

移動系のショートカットのほとんどは、Shiftを加えることで反対方向への動きとなります。

また、ショートカットによってはShiftキーでアクションに少しスパイスが加わるものも。

  • [Ctrl]+[N]=新規ファイル/ドキュメント/アイテム、[Shift]+[Ctrl]+[N]=新しいフォルダ/スマートアイテム
  • [Ctrl]+[V]=貼り付け、[Shift]+[Ctrl]+[V]=書式設定を削除して貼り付け(ドキュメントとメールの間でテキストを移動させるのに最適)
  • [Ctrl]+[R]=再読み込み、[Shift]+[Ctrl]+[R]=激しく再読み込み

あなたもお気に入りのショートカットにShiftキーを加えて試してみてください。

通常とは逆のアクションが見られるはずですよ。


あわせて読みたい

Googleカレンダーの予定を最短で新規作成するChromeショートカット

相棒を自分流にカスタマイズ。仕事が楽しくなるPCの便利設定11


Image: Shutterstock.com

Source: Reddit

Nick Douglas - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next