連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

「安い粉チーズだからこそ」おいしくなる食べもの3選

「安い粉チーズだからこそ」おいしくなる食べもの3選
Image: Claire Lower

よく見かける安い粉チーズは、「パルメザンチーズ」と呼ばれることもありますが、実は、イタリアで生産される高級チーズ「パルミジャーノ・レッジャーノ」を粉にしたものではありません。

本物のパルミジャーノ・レッジャーノには、木の実のような風味と、ほのかなフルーティさがあります。そして、風味と歯ごたえを生む結晶体がたくさん詰まっています。おしゃれ男子のようなチーズで、極上パスタの上にふんわりたっぷりと乗せて楽しむべきチーズなのです。

よく見かける、緑色のボトルに入った粉チーズは、「パルメザンチーズ」ではありますが、中身はパルミジャーノ・レッジャーノではありません。でも、だからと言って、常備しておくに値しないわけではありません。これはむしろ、日常的な料理に使いやすい、優れたチーズなのです。

一般的な粉チーズの正しい楽しみ方は?

粉チーズ比較
Image: Shutterstock.com

「シュレッドされたパルメザンチーズ」と、安い料理キット「クラフトディナー」のパウチに入っているような「チーズパウダー」の間に、ちょうどいい感じの粉チーズがあります。

振り出し容器のシェイカーに入っているので、わが家のあたりでは「シェイカーパーム」と呼ばれています(パームは、パルメザンの略)。これは、料理にふたつの風味を加えてくれます。

塩気と、「一般的なチーズの味」というふたつです。

洗練されてはいませんが、そういうものだと割り切ってしまえば、料理をおいしくしてくれるチーズです。

いわば、舞台のうしろでいい仕事をするコーラスガールのような存在なのです(もちろん、パルミジャーノ・レッジャーノはディーバですが)。

シェイカーパームを使うメリットのうちで、一番わかりやすいのは「コスト」です。

シェイカーパームであれば、高価すぎてたっぷり使えない、という心配はありません。押しが強いほかの材料と混ぜてしまうと、大事な風味がぼやけてしまうと心配する必要もありません。

とはいえ、安いチーズパウダーに高級チーズなみの料金を支払うなんてことがないように、ラベルと値札は必ず確認しましょう。安いからこそのシェイカーパームなのですから。

こうした、塊になりにくいチーズパウダーは、私の大好物の中の3つに、まさにぴったり。つまり、ポップコーンとサラダドレッシング、パスタです。ただ、注意点もいくつかありますので、以下でご説明していきましょう。

チーズポップコーン

私が住んでいるオレゴン州ポートランドでは、おいしいポップコーンが食べられます。ワインバーでも楽しみますし、遊び心のあるアペタイザーとしてテーブルに出てくることもあります。

細かくシュレッドされた本物のパルミジャーノ・レッジャーノがたっぷりとかかった山盛りのポップコーンを初体験したときは、私は感動しました。

そのお皿が、テイスティング用のローカルワインのとなりに並べられたとき、「なんて贅沢なんだろう」と思ったのです。

けれども実際に食べてみると、これは何も考えずにボウルからムシャムシャ食べられるポップコーンではなく、かなりの集中力が要求されるポップコーンであることに気づきました。

細かな粉チーズでコーティングされたポップコーンだったら手づかみできるのですが、シュレッドチーズの小さな山が上に乗ったポップコーンを、気を使いながら少しずつ口に運ばなければならなかったのです。もちろん、味はおいしかったのですが、テーブルの上はちょっとした惨事になってしまいました。

シェイカーパームの場合は、ふわふわした軽い質感のおかげで、ポップコーンにうまくくっつきます。そして、チーズのうま味と塩気をそこに加えてくれます。

私はここ最近、シェイカーパームにニュートリショナル・イースト(出芽酵母から作ったスーパーフード)とグルタミン酸ナトリウム(うま味調味料)を加えたものを、ポップコーンにかけて食べています。

ポップコーンに最高に合う調味料が完成したと、自分では思っています。

チーズ風味のサラダドレッシング

ドレッシングの中にはいろいろな物が入っています。そこには少なくとも、油に酸味と糖分が入ります。マスタードが加わることもしばしばです。

競争が激しいこの環境は、1ポンドあたり15ドルもするチーズをお披露目するのには適していません。

でも、シェイカーパームなら、こんな場所でもうまくやっていけます。ドレッシングの中で見事に広がり、チーズの風味と、さらにはほんのりとした深みをそこに加えます。

シェイカーパームを使った私のお気に入りドレッシングは、このメープル・ビネグレットです。刻んだ芽キャベツにぴったりのドレッシングです。

チーズパスタ

シェイカーパームで、カチョエペペ(ローマの名物パスタ料理)を作ろう……なんてことを言うつもりはありません。怒鳴られたくはありませんからね。

このパスタに必要な材料が4つだけですが(パスタとペコリーノチーズ、胡椒、オリーブオイル)、その理由は、この4つの材料の中のひとつであるチーズがとてもおいしいので、ほかのものはほとんどいらないからです。

とはいえ、本物のチーズを使うと、問題もあります。それは、熱々のパスタに混ぜ入れると、妙に糸を引いてしまうおそれがあるということです。

とくに、マイクロプレイン(目の細かいチーズおろし)などを使って、時間をかけてチーズを粉にしなかったような場合です。

「食料倉庫のおそうじ」的な食事を作るときや、塩とチーズがたっぷり入った温かいものが食べたいときには、シェイカーパームを使うと、おいしくてコクのあるソースができます(そして、糸は引きません)。

私の相棒のジェフ(みなさん、覚えてますよね?)なんて、パスタに使うのなら、値の張るチーズよりもシェイカーパームのほうが好きなぐらいです。

彼に話を聞くと、こんなふうに話してくれました。

「パスタだったら、ニンニクとオリーブオイル、トウガラシ、シェイカーパーム。それにパスタのゆで汁を少々。僕に必要なのはこれだけさ」

パスタ1ポンド(約450g)に対して、粉チーズは180グラムほどあれば十分でしょう。均等に分散するように、もし塊があれば、ふりかける前に砕いてておきます。そして、パッケージに書かれている指示にしたがってパスタをゆでます。

次に、大きめの鍋にオリーブオイルを入れ、ニンニクとコショウ(お好みでほかのものも)を加えます。

ジュージューと音がしてきたら、そこにパスタのゆで汁240ccほどを加えます。そのまま2~3分、グツグツ煮立てたら、パスタを加えます。そして最後にチーズを加え、何度も鍋をゆすって全体にチーズをからめます。

安くて満足感が得られる、チーズたっぷりパスタのできあがりです。日一日と寒さが増してくる秋に、ぴったりの一品です。

あわせて読みたい

チーズがクリームのような食感になる、食べる30分前にできること

チーズ好きも知らない、カッテージチーズの欠点をおぎなう「ひと工夫」

フルーツサラダと相性最高なチーズの組み合わせは?

これが究極のゆで方:昆布出汁を入れるだけでパスタがもっとおいしくなる


Photo: Claire Lower

Image: Shutterstock.com

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next