連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

鍋1つでお手軽・簡単。1分の手間でつくれる「豚にらラーメン」スタミナレシピ

鍋1つでお手軽・簡単。1分の手間でつくれる「豚にらラーメン」スタミナレシピ
Photo: 松島徹

体調を崩しやすくなる、季節の変わり目。

どんなに忙しくても、しっかりとした食事をとり、風邪をひかないための体づくりや予防対策をすることが大切です。

そこで、「世界一早い! 家政婦makoのずぼら1分ごはん」の著者で、アイデア料理研究家・栄養士のmakoさんに、たった1分の下ごしらえ、鍋1つでできるスタミナ麺料理「豚にらラーメン」の超時短レシピを、相性の良い副菜と合わせて教えてもらいました。

mako:超カンタン料理研究家・アイデア料理研究家

makoさん

栄養士とフードコーディネーターの資格を持つフードクリエイター。3時間で30品つくりおき料理を完成させる“超速ワザ”が注目され、「沸騰ワード10」や「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)などに出演。料理のアイデアを考えるのが得意で、自身の経験と組み合わせ、誰でもおいしくつくれるレシピを提案している。

豚肉とにらのスタミナコンビで免疫力アップ

豚にらラーメンの材料
Photo: 松島徹

【材料:1人前、調理時間:5分】

  • ゆで中華麺:1玉(水で洗っておく)
  • 豚こま切れ肉:60g
  • にら:1/4束
  • A:スープ

ー ごま油:大さじ1

ー めんつゆ(2倍濃縮):50ml

ー 水:150ml

豚肉に含まれるビタミンB1は、疲労回復・スタミナ増強に欠かせない成分。にらの独特なニオイのもとである「アリシン」と呼ばれる成分がビタミンB1の吸収を高めてくれるので、豚肉と合わせて摂るのがおすすめです。

また、にらは鉄分、カルシウム、β-カロテンなど豊富な栄養素を含んでおり、貧血予防イライラの抑制免疫力のアップにもつながります。

鍋に入れて煮立たせるだけ。はさみを使えば包丁もいらない

鍋に麺と豚肉をいれたところ
Photo: 松島徹

手順は簡単な3ステップ。

まず、鍋にAを入れ、沸騰したらゆで中華麺、豚こま切れ肉を入れます。

鍋ににらを入れるところ
Photo: 松島徹

次に、肉に火が通ったら、4cm幅に切ったにらを入れましょう。

器に盛りつけるところ
Photo: 松島徹

最後に一煮立ちさせて、あとは器に盛るだけ。

あっという間に「豚にらラーメン」のできあがりです。

【超時短、ずぼらポイント】

  • 鍋1つあれば簡単・手軽につくれます。
  • ゆで中華麺を使うことで調理時間を短縮。
  • はさみを使えば、包丁もまな板もいらない。

スパイスでさまざまに味変。余ったにらで副菜もプラス

豚にらラーメンと副菜のにらキムチ
Photo: 松島徹

そのまま食べてもおいしいのはもちろんのこと、お好みで胡椒や七味、カレー粉など、さまざまなスパイスでアレンジが可能。

また、「豚にらラーメン」で余ったにらを使って、副菜「かんたんにらキムチ」をプラスできます。

【材料:1~2人前、調理時間:3分】

  • にら:1/2束(50g)
  • A

ー キムチ:50g

ー ごま油:大さじ1/2

ー オイスターソース:小さじ1/2

ー 白ごま:小さじ1/2

【作り方】

  • 耐熱皿に4cm幅に切ったにらを入れ、ラップをして電子レンジ(600W)で50秒加熱します。
  • にらとAを和えたら、器に盛りつけて完成。

実は体の免疫力を左右するのが、腸の働き。キムチに含まれる乳酸菌が腸の善玉菌を増やして腸内環境を整え、風邪のひきにくい強い体をつくることができます。

にらを小松菜や水菜などに代えて、さっぱりと食べてもおいしいですよ。

makoさんが紹介してくれた主菜と副菜は、いずれも1分程度の手間だけで簡単にできる超時短のスタミナレシピ。風邪の予防にはもちろん、忙しい日の献立や料理初心者のレシピとしても、ぜひお試しください。

あわせて読みたい

仕込み1分、鶏肉とお米を入れるだけ。炊飯器でつくる「カオマンガイ」レシピ

材料3つを入れるだけ? レンジでつくる「サバ缶のかんたんカレー」レシピ

手間は1分? チンするだけの「茹で豚の梅しそ和え」疲労回復レシピ


Photo: 松島徹

ライフハッカー[日本版]編集部 水野

swiper-button-prev
swiper-button-next