連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

甘党派でもOK。コーヒーに砂糖を入れず美味しく味わう4つのコツ

甘党派でもOK。コーヒーに砂糖を入れず美味しく味わう4つのコツ
Image: Shutterstock.com

コーヒーに入れていた砂糖や甘味料をカットしようと思う理由は人それぞれ。

健康のためだったり、別の理由だったりします。コーヒーを飲む理由も人それぞれなので、世間のスノッブなコメントや善悪を決めつけるコメントに従う必要はありません。

どんな理由であれ、これまでコーヒーに入れていた甘味をカットしても、美味しくコーヒーを飲めるコツをご紹介しましょう。

クリームをたっぷり入れる

砂糖、脂肪、塩は食べ物を美味しくする三大要素です。でも、食品1つに含まれる3つの含有量を同時に減らすのは至難の業。

ですから、90年代に大量生産されていた低脂肪スナックは塩気か甘味(人工甘味料である可能性大)が強かったのです。

自分で食事や飲み物を作るときは、そこまで大量に作ることはありませんが、1杯のコーヒーを淹れるときにも同じ原理が働きます。

コーヒーに入れる砂糖(または人工甘味料)をカットしたいときは、普段よりクリームの量を増やしてみましょう。クリームも砂糖と同じで、コーヒーの苦味を和らげてまろやかな味にしてくれます。

焙煎度の深いコーヒーにする

コーヒー自体の風味が好きなことは、この場合、とても重要です。

焙煎度が浅いコーヒーの軽やかな柑橘系の風味がお好みですか?でも、焙煎度が深いと風味が豊かになり、甘味を加えて味をぼかさなくても味わいやすいことはご存知でしょうか。

ほとんどのコーヒーショップでは、浅煎り、中煎り、深煎り(ブロンド、ミディアム、ダーク)などさまざまな焙煎度のドリップコーヒーを提供しており、感じよく頼めば、たいてい試飲させてくれます。

まずは、ブラックで試飲してみてください。コーヒーの本当の味がわかります。何か足さなくても十分美味しいと思える新しい味に出会えるかもしれません。

アイスコーヒーにする

コーヒーの味がそれほど好きではない場合は、冷やして飲んでみましょう。

冷たくすると味がわかりにくくなるので、コーヒーに氷を入れると苦味が気にならなくなるかもしれません(私自身は、アイスコーヒーはブラックで飲んでも平気ですが、ホットコーヒーだとそうはいきません)。

シナモンを入れる

シナモンは甘くありませんが、甘味を連想させるので、コーヒーに入れる砂糖や甘味料をカットしても舌と脳のごまかせます。

朝や午後のコーヒーにシナモンをさっと一振りしてみましょう。シナモンをコーヒーの粉に加えると、スパイスの香りがコーヒー全体に満ち溢れていい感じになりますよ。

あわせて読みたい

ホットコーヒーの常識!「砂糖→ミルク」の順番を守るべき理由

パンプキンスパイスを使った、秋の香りが漂うコーヒーの淹れ方

コーヒーが脳の健康によい理由が判明。ローストは深煎りの一択で

Image: Shutterstock.com

Claire Lower – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next