連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

テレビやモニター裏の配線接続をグッとラクにする方法はこれ

テレビやモニター裏の配線接続をグッとラクにする方法はこれ
Image: Shutterstock.com

モニターやコンピューター、テレビなどの裏側にある端子にケーブルをつなぐには、いくつかの方法があります。

ただ、どの方法もイライラさせられることに変わりはありません。

電子機器の裏側に手を回して、見えないところにある端子をゴソゴソ探るのも嫌ですし、モニターの下をのぞき込めば、頭をぶつけて痛い思いをするかもしれません。

あるいは、うっかりケーブルを引っかけて、壁のコンセントにつながっていたコード類を全部引き抜いてしまう、という最悪の事態も招きかねません。

モニターの裏側を見る意外な方法があった

そこでご紹介したいのが、テック系の人気YouTuber、Marques Brownleeさんが提案している方法です。

それは、スマホの画面側についているセルフィー用のインカメラを使って、機械の裏側にある端子を確認するというもの。

BrownleeさんがInstagramに投稿した以下の画像を見ると、きっと「そういうことか!」とわかるでしょう。

まず、スマホのカメラアプリを開き、インカメラ(フロントカメラ)に切り替えてから、ケーブルをつなぎたい電子機器の下に差し入れます。

別に難しい話ではなく、要するにスマホの自撮り機能をデジタル手鏡として使おう、というわけです。

でもこのひと工夫で、ケーブルでごちゃついた電子機器の裏側を手探りしたり、デスクに置いているものをいちいち片づけたりしなくても、ケーブルの抜き差しが簡単にできます。

テック関連のさまざまな情報を共有

Brownleeさんは、自ら運営する人気のYouTubeチャンネルMKBHDで、さまざまなテック系のニュースや分析、ユニークな見解を数多く公開しています。

彼がこのチャンネルを始めたのは10年前で、最初はソフトウェアのチュートリアルを投稿していました。(米Lifehackerでは2015年にインタビューしています。)

当時、チャンネル登録者数は260万人ほどでしたが、今では956万人に達しており、最近もビル・ゲイツ氏俳優のウィル・スミスといったセレブをインタビューしています。

さらに、次世代の高速モバイルネットワーク・5Gサービスについてもその仕組みを解説し、実際に試してみた様子を収めた動画を投稿しています

また、YouTubeに同じ動画をアップロードしてダウンロードする操作を1000回繰り返すと、画質にどんな変化が起きるのか試してみた動画など、検証系のコンテンツもあります。

ぜひチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい

資料の固定も手元の撮影も自由自在。1つあると便利な両端クリップアーム【今日のライフハックツール】

デスクの整理整頓で生産性が変わる。さあ何を置きますか?

検証:集中したいとき、スマホはどこに置いておくのが正解?


Image: Shutterstock.com

Source: Instagram, YouTube(1, 2, 3, 4, 5)

Nick Douglas - Lifehacker US[原文

訳:長谷 睦/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next