連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

速度制限にさようなら! ギガ使い放題のモバイルWi-Fiまとめ

  • カテゴリー:
  • TOOL
速度制限にさようなら! ギガ使い放題のモバイルWi-Fiまとめ
Image: Suraphong Surachanchai/Shutterstock.com

「残りのギガ数を気にせず、自由にスマホを使いたい」という人は、ギガ使い放題のモバイルWi-Fiを検討したことはありますか?

自宅にWi-Fiがない人や、スマホゲームや動画を見る人にとって、通信制限ほどわずらわしいものはありません。しかし、無制限に使えるなら、これからはギガの使いすぎに気を配らなくて大丈夫。

今回は、通信制限を気にせず使える3つのモバイルWi-Fiをご紹介したいと思います。持ち歩き用、自宅用のモバイルWi-Fiとしてご検討ください。

1. 月々3680円で無制限に使えるモバイルWi-Fi「SAKURA WiFi

▼基本情報

月額料金:3680円

契約事務手数料:3000円

Sakuraガード:500円(初月必須、2カ月目以降解約可能)

契約期間:なし(いつでも解約金なしで解約可能)

「SAKURA WiFi」は、月々たった3680円で通信制限を気にせず、無制限に使えるモバイルWi-Fi。今回紹介する3つのモバイルWi-Fiの中で、もっとも安い料金設定です。

回線は、ソフトバンクのものを使用。大手キャリアの回線は安定性が高く広範囲をカバーしているので、繋がりやすさの面でも安心して使えますよ。

▼「SAKURA WiFi」の詳細・申し込みはこちら

「解約金無料」で使い放題

料金面で言えば、月々3680円は今回ご紹介するモバイルWi-Fiのなかで最安。

初月には「事務契約手数料」の支払い、および盗難や破損を補償する「Sakuraガード」への加入が必要ですが、2カ月目以降ならSakuraガードは解約ができます。

また、うれしいのが「解約金無料」というところ。スマホやインターネットの固定回線は、2年契約や3年契約が当然で、途中で解約する場合は解約金が必要となります。この解約金、1万円前後することがあり、お財布に厳しいんですよね。

でも、「SAKURA WiFi」なら「解約金無料」なんです。もし契約後に魅力的なプランを他社で見つけたり、不満が出てきたりした場合は、解約してやり直しがききます。

初めてモバイルWi-FiやPocket WiFiを使う人にっては、非常にハードルが低いと言えます。

1つ気になったのは、「回線元の判断により短期間で膨大なデータ量の消費または、異常な通信量とみなされた場合、速度制限(低速化:128kpps)が発生する」と表記があること。

「異常な通信量」の具体的な量が書かれていませんが、「解約金無料」ですので、使ってみて自分にあわなかったら解約するというのもありだと思います。

月々の料金と速度のバランスがとれている

「SAKURA WiFi」が用意しているモバイルルーターは複数ありますが、中でもFS030Wがスペック的に良さそうです。

受信時最大 150Mbps/送信時最大 50Mbpsで、無線LAN は、2.4GHz/5GHzをサポートしています。YouTubeをよく見る人でも、問題なく見れる速さです。

これで、月々たった3680円で好きな時に解約できるという手軽さ。初めてモバイルWi-Fiを使う人は、「SAKURA WiFi」を試してみるといいでしょう。

▼「SAKURA WiFi」の詳細・申し込みはこちら

2. SIMカードのみレンタルできる「w/WiFi

▼基本情報

月額料金:5555円

契約事務手数料:3777円

契約期間:なし(いつでも解約金なしで解約可能)

「モバイルWi-Fiを持っている」という人におすすめなのが、SIMカードのみレンタルできる「w/WiFI(ウィズワイファイ)」。

1日や3日間の通信量に決まりがなく、「SAKURA WiFi」のように「異常なほど使ったら速度制限」もありません。

価格は月々5555円と少し割高ですが、動画をとにかく見たり、仕事で重たい資料をダウンロードしたり、送ったりするという人は「w/WiFi」のほうが心強い存在でしょう。

▼「w/WiFi」の詳細・申し込みはこちら

デメリットよりメリットが大きい? SIMカードのみのレンタル

「持っているモバイルルーターを活用したい」という人にとっては、SIMカードのみのレンタルは都合がいいかもしれません。しかし、モバイルルーターを持っていない人には、メリットはあるのでしょうか?

確かに、モバイルルーターを購入するのに数千円かかってしまいますが、自由にモバイルルーターを選べるメリットは、思っている以上に大きいものです。

たとえば、出張で使うなら、バッテリーが長持ちするものや通信速度が早いものを選びたいところ。本体の購入代金はかかりますが、仕事の生産性に大きく関わるからです。

バッテリーや通信速度などは当然ながら機種によって異なり、レンタルする場合、自分が求めているスペックのモバイルルーターがない可能性も。

つまり、モバイルルーターにこだわりたいという方にとっては、SIMカードのレンタルは選択肢としてアリなんです。

もう1つ付け加えるなら、解約するときに機種を送り返さなくていいというメリットも。発送の準備をして、コンビニや郵便局に持ち込むというのは、想像よりも手間がかかる作業ですからね。

解約金無料

「w/WiFi」は契約期間がなく、解約金不要。気軽に解約できる点は、「SAKURA WiFi」と同じです。

4Gと3G通信どちらも対応しており、ソフトバンク回線を使用。速度は「下り最大187.5Mbps/上り最大37.5Mbps」。

「すでにモバイルルーターを持っている人」や「自分で選びたい人」は、「w/WiFi」がおすすめです。

▼「w/WiFi」の詳細・申し込みはこちら

3. 速度重視なら「とくとくBB WiMAX 2+

▼基本情報

月額料金:1〜2カ月目3609円、3カ月目4263円

契約事務手数料:3000円

契約期間:3年契約

「とくとくBB WiMAX 2+」は、GMOインターネットが運営するモバイルWi-Fi。

7GB以上使うと速度制限がかかるプランと、無制限プランの2つがあります。

下り最大1.2Gbpsという、超高速の通信速度が特徴で、auユーザーならスマホの料金が月々1000円割引になる特典も用意しています。

▼「とくとくBB WiMAX 2+」の詳細・申し込みはこちら

下り最大1.2Gbpsで動画もサクサク視聴

「とくとくBB WiMAX 2+」の無制限プランは、最初の2カ月目までは3609円、3カ月目以降は4263円で使えるプラン。

モバイルルーターはW06とWX05の2つがあり、特にW06のスペックがすごいんです。USB 3.0のType-Cケーブル(別売)でパソコンやスマホと繋いだ場合、下り最大1.2Gbpsを実現。なんと、ギガビット越えです。

この速度なら動画もサクサク視聴でき、遅延によるイライラを経験することはないでしょう。

無線の場合でも、最大867Mbpsと十分な速度。その分、直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が10GB以上となったら、翌日の18〜2時にかけて通信制限がかかります。

ただ、速度制限時は、1Mbps。これならYouTubeの標準画質なら問題なく見れるので、制限といっても非常に緩いことがわかります。

ちなみに、契約期間は3年ですが、契約から20日以内ならキャンセルOK。もし速度制限時の遅さにイライラしたら、他の端末や固定のインターネット回線に切り替えてもいいでしょう。

auユーザーは最大1000円割引、UQ mobileは最大300円割引

1つ付け加えるとしたら、「auユーザーは1000円割引、UQ mobileは最大300円割引」という特典がとてもお得です。数多くのモバイルルーターがある中、スマホ料金が安くなるものはそう多くありません。

auユーザーの場合、プランによって割引額が異なります。たとえば、ピタットプランの1〜2GBを契約している場合、割引は適応されません。

2〜20GB、もしくはフラットプランを契約している場合は、1000円の割引が適応されます。つまり、金額の高いプランに対しては割引も大きくしているということ。auユーザーは、積極的に検討してみる価値がありそうです。

▼「とくとくBB WiMAX 2+」の詳細・申し込みはこちら


Image: Suraphong Surachanchai/Shutterstock.com

Source: SAKURA WiFi, w/WiFi, とくとくBB WiMAX 2+

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next