連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

キングジムの「テプラ」初のスマホ専用モデル。持ち運びがラクで作業効率がアップ【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
キングジムの「テプラ」初のスマホ専用モデル。持ち運びがラクで作業効率がアップ【今日のライフハックツール】
Photo: 鈴木拓也

ラベルプリンターのロングセラーとして、約30年の歴史を持つキングジムの「テプラ」。この「テプラ」シリーズで初のスマホ専用モデル「テプラ」LiteLR30が、8月下旬に発売されました。

シンプルに徹した本体外観

「テプラ」といえば、キーがたくさん付いた小ぶりの筐体を思い浮かべますが、「テプラ」LiteLR30には、ラベルをカットするための大きなボタンが1つ見えるだけ。

大きさも手のひらサイズ(幅71×奥行46×高さ76mm)で、自重も約130g(電池・テープ含まず)と、場所もとらず、持ち運びもとてもラクです。

190926tepra_1
軽量な手のひらサイズで持ち運びもラク
Photo: 鈴木拓也

「テプラ」LiteLR30には、ふたが2か所あります。片方を開けると、電源となる単4電池4本を入れるスペースがあり、もう片方には印刷用テープを1本入れるスペースがあります。

既存製品と異なり、ラベルへの入力操作は、すべてスマホで行うのが最大の特徴です。初めて使用する際に、専用アプリの「TEPRA Lite」(iOSAndroid対応)をスマホにインストール。画面上で「TEPRA Liteにこの端末の位置情報へのアクセスを許可しますか?」と尋ねられるので、(本体のスイッチを入れてから)「許可」を押すと、Bluetoothの接続が確立されます。

ラベルはすべて専用アプリで作成

ラベルの内容はすべて、スマホの画面上で作成します。

アプリの初期画面には、「新規作成」「テンプレート」「保存ファイル/印刷履歴」とあります。「新規作成」はまったくの白紙から自分でテキストを作成、「テンプレート」はあらかじめ用意されている雛型をもとに作成、「保存ファイル/印刷履歴」は作成して保存済み・印刷済みのラベルを一覧表示するためのものです(100ラベルまで保存可能)。

190926tepra_2
専用アプリの初期画面
Screenshot: 鈴木拓也/TEPRA Lite

慣れるまでは、「テンプレート」を活用するのがいいですね。これは、さらに「名前付け」「整理収納」「ギフト・デコレーション」のカテゴリーがあり、日常生活で使えるラベルを網羅。

例えば、子どもの学校への持ち物に貼る氏名ラベル、スパイス瓶や書類フォルダなどに貼る名称ラベル、ギフトのラッピングのアクセントとして貼るラベルなど、いろいろあって便利です。

190926tepra_3
「テンプレート」画面からたくさんの雛型ラベルにアクセス
Screenshot: 鈴木拓也/TEPRA Lite

作成機能はたくさん、操作は簡単

試しに1つ作ってみましょう。引き出しのたくさんついた小物衣類ボックスを購入したのを機に、「どの引き出しに何が入っているか」がわかるようなラベルを作ります。

ちなみに「Tシャツ」はテンプレートに既にあるので、そのまま使うことができます。

では、このテンプレートをもとに「くつした」を作ります。まず、「Tシャツ」アイコンをタップ。すると、編集画面に切り替わります。

190926tepra_4
テキスト作成などができる編集画面
Screenshot: 鈴木拓也/TEPRA Lite

そして、左下にある「絵文字」→「衣類」で靴下の絵文字をタップして、印刷面に靴下を登場させます。Tシャツの絵文字を削除(絵文字左上のXをタップ)し、靴下と差し替えます。

190926tepra_5
編集画面より様々な絵文字が使用可能
Screenshot: 鈴木拓也/TEPRA Lite

今度は「Tシャツ」のテキストをタップして選択状態にし、左下の小さい「Tシャツ」をタップすると、文字入力画面に。スマホでふだんテキスト入力をしているのと同じ要領で、「Tシャツ」は削除して「くつした」と入力し確定します(「靴下」と漢字変換も可能)。

190926tepra_6
「くつした」とテキストを入力
Screenshot: 鈴木拓也/TEPRA Lite

これで作業は完了。あとは画面下部の「プリント」アイコンをタップするだけです。初めてでも直観的に操作できます。

190926tepra_7
Photo: 鈴木拓也

ちなみに、編集画面では、テキストのフォントやサイズ、外枠の飾り罫線が変更でき、撮って保存しておいた写真や簡単にできる似顔絵、タイムスタンプも挿入することもできます。

190926tepra_8
簡単に似顔絵も作成できる
Screenshot: 鈴木拓也/TEPRA Lite

このように、バリエーション豊富なラベルが簡単に作れる「テプラ」LiteLR30の価格は6800円(+税)。消耗品のテープは、スモーキーブルーといった単色のほか、絵柄入りのものを含め約20種類あり、各380円(+税)。

日常生活や事務仕事をちょっと便利にする、お役立ちアイテムとして活躍するでしょう。

あわせて読みたい

新構造の両面テープがこれ。スタンプのような手軽さで、書類整理も便利に【今日のライフハックツール】

ToDoリストにも。常に視界に入るトラックパッド横に、メモスペースを作り出すパッド型メモ【今日のライフハックツール】

ミニマムな機能のBluetoothスピーカーで、デスクにレトロ感を【今日のライフハックツール】

Source: 「テプラ」LiteLR30

Photo: 鈴木拓也

鈴木拓也

swiper-button-prev
swiper-button-next