特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

手軽に持ち運べて作業負担を減らしてくれる、モバイル特化型PCスタンド【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
手軽に持ち運べて作業負担を減らしてくれる、モバイル特化型PCスタンド【今日のライフハックツール】
Photo: gami

ノートパソコンの普及に伴い、様々な種類のモバイルPCスタンドが登場してきました。

その進化の速度はパソコンのそれよりも、ずっとゆっくりで、一部のガジェットに詳しい人たちだけが使うものだったような気がします。

しかし、ヘルスケアへのプライオリティが高まる昨今、ストレートネックの症状を回避するために、モバイル環境に親和性の高いPCスタンドの必要性は高まってきました。

そして今年ついに、現代版にアップデートを遂げたPCスタンドが誕生しました。それが、モバイル特化型のPCスタンド「MOFT」です。

自分の環境に合わせて高さが選べる

これまでも、モバイラー向けのPCスタンドは存在していて、特に有名なのはBLUE LOUNGEの「Kick Frip」でしょう。

この商品は適度にパソコンを傾けて、キーボードを打ちやすくしてくれますが、その傾きは約10度の固定でした。MOFTはこの部分を進化させてきました。

選べる角度は、15度(高さ5cm)と25度(高さ8cm)の2つ。Kick Fripよりも角度が付いて、ディスプレイを持ち上げることができます。

_12702182
Photo: gami

この角度が打鍵に最適かどうかは人によると思いますが、MOFTはディスプレイの位置をより高くしてくれるというメリットがあります。

ディスプレイが高くなれば、前傾姿勢になることがなく、首の痛みや、肩こりの原因となる環境を回避できます

私は25度の角度で使っていますが、特に書きづらく感じたことはありません。 広い設置面でしっかりと支えてくれます。

_12702202
Photo: gami

但し、角度を付けることによって、パームレストへ預けていた手の重さは、手首寄りの腕の部分にかかってくることになります。

腕がテーブルにしっかりと乗っていれば、腕の重さが分散されるので問題ありません。

_1270668
Photo: gami

しかし机の手前の方でパソコンを使う時は、テーブルの角に腕の重さがかかって痛い時があるので、そのあたりを考えてどちらの角度で使うかを決める必要があります。

今のところテーブルの手前に置かねばならないような場面は、カフェのスタンド席くらいでした。

スタンド席はテーブルの高さがある席が多いので、MOFTの角度を15度で使えっても充分なディスプレイの高さを確保でき、角に当たる腕の痛みを解消することができます。

「そんなに角度はいらないよ」って人には、Kick Fripと同様の角度(10度)になる「MOFT Mini」も用意されています。

MOFTは角度が選べることで、自分のモバイル環境に合わせて利用できます。

持ち運び時はスタンドと一体化するデザイン

_1270655
Photo: gami

PCスタンドを外で使うと考えた時に気になるのは、「持ち運ぶ荷物が増えるんじゃないか」という点です。

MOFTは持ち運ぶ際には、パソコンと一体化します。

スタンドを閉じる時は、「パタン」と1アクション。まるでパソコンの底面に貼り付いた板のような状態に変形してくれます。

IMB_Hi3XRL
Photo: gami

そして、板状になった時の薄さは僅か3mm

_1270216
Photo: gami

MacBookだとゴム足が付いているので、実際に増した厚みは2mmほど。

13インチのMacBook Proと12インチのMacBookのどちらにも取り付けて、様々なケースに収納してみましたが、その薄さゆえにMOFTを装着せずに利用しているケースをそのままでも大丈夫。

利用したのは、Apple Storeでも取り扱いのある、INCASEのCompact SleeveケースApple純正のレザースリーブ、そしてサンワサプライ社製のネオプレンケースですが、いずれも問題なく収納できました。

_1270656
Photo: gami

装着していることを感じさせないシンプルなデザインには好感がもてます。

荷物はそのまま。環境だけをブラッシュアップ。

IMG_3480
Photo: gami

パソコンと一体化するフラットなデザインある上に、本体重量は89gと軽量。あなたのパソコンや持ち運びに使うバックの携帯性が奪われることはないでしょう。

最適なディスプレイの高さで、長時間でも首の疲れない「ピン」と伸びた背筋を手に入れてみてください。

きっと今より快適なモバイル環境が構築されるはずです。

MOFTは現在、Amazonで2580円で販売中です。

あわせて読みたい

ワンタッチで高さ変更。立っても座っても使えるスタンディングデスク・コンバーター【今日のライフハックツール】

USBやマイクロSDなど、各種端子を搭載したアルミ製マウスパッド【今日のライフハックツール】

この膝上グッズで、ソファ仕事の効率が上がる【今日のライフハックツール】

Source: MOFT/Makuake

Photo: gami

swiper-button-prev
swiper-button-next