特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

1000円で手軽に万年筆デビュー【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
1000円で手軽に万年筆デビュー【今日のライフハックツール】
Photo: sato

手書きで文字を書く機会が減ったとはいえ、封筒の宛名や添え状、手紙などは未だに手書き。 いつも手近なボールペンやサインペンで済ませてしまいますが、そんな時のためにデキる大人は万年筆を1本用意しているのでしょう。

「そろそろ万年筆デビューしたい」と思っても、ちょっと敷居が高いのも事実。

そんなはじめての万年筆におすすめなのが、楽しく書く工夫がつまったPILOTの『カクノ』です。

開けてすぐにやさしい

190919_kakuno_01
Photo: sato

「万年筆とのはじめての出会いが、大切なものとなるように。」 という想いで誕生したカクノ。

子どもから大人まで楽しく使えるシンプルな使い勝手、自然と愛着がわくかわいらしいデザインが特長です。

パッケージを開けると、本体とカートリッジインキ、説明書が入っています。

190919_kakuno_02
Photo: sato

書き始めるまでの準備は、イラストが入った説明書の通りに進めるだけ。 カートリッジを差しこんで、インクがペン先に到達したら準備完了。

はじめての万年筆に最初からつまずかなくて済みます。

楽しく書く工夫

190919_kakuno_03
Photo: sato

書く時の注意点は、ペン先のえがおマークを上に向けること力を入れ過ぎないこと。 (たまたま購入したカクノのえがおマークはウインクしているタイプでした)

190919_kakuno_04
Photo: sato

軸もキャップも六角形。鉛筆をヒントにした、持ちやすく転がりにくい工夫です。

また、万年筆で意外と多いのが、キャップを勢いよく開けてインクが飛び散る失敗。

190919_kakuno_07
Photo: sato

キャップのくぼみに指をかけると、インクを飛び散らすことなく軽い力で開けることができます。

紙をすべる音が心地いい

190919_kakuno_06
Photo: sato

数万円、数十万円もする万年筆も存在する中で、カクノは1000円(税抜)。 少しだけ質の高いボールペンくらいの価格です。

でも書き心地は本格的。ペン先が紙をこする独特の音が心地よく、ずっと書いていたくなるほど。

書いた文字にも、ボールペンとは全く違う、万年筆ならではのインクの味わいが感じられます。

190919_kakuno_05
Photo: sato

万年筆を使ってみたいけれどなかなか手が出ないという人、カクノならその敷居をぐんと下げてくれます。

あわせて読みたい

片付けが苦手なデザイナーが制作した書類管理ボックス【今日のライフハックツール】

PCにケースを貼ってすぐ取り出せる強粘着ポストイット【今日のライフハックツール】

新構造の両面テープがこれ。スタンプのような手軽さで、書類整理も便利に【今日のライフハックツール】

Source: PILOT

Photo: sato

sato

swiper-button-prev
swiper-button-next