連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

長く愛用して欲しい!という作り手のこだわりを感じるバックパック【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
長く愛用して欲しい!という作り手のこだわりを感じるバックパック【今日のライフハックツール】
Image: EVERGOODS

バックパックが好きで、今まで色々なバックパックを見つけてきては、記事を書かせていただいている私ですが、今回、本気で購入を迷うアイテムに出会いました。

Civic Half Zip 22L』は、奇をてらったような特徴や、人目を引くようなルックスを持っているわけではありません。

しかし、毎日使うデイパックとして使い勝手にトコトンこだわっているのが伝わってくる機能が満載。まだ実物を手にしているわけではありませんが、バックパックに対する並々ならぬメーカーの情熱を感じさせてくれるのです。

細かいこだわりが散りばめられたバックパック

Video: EVERGOODS / YouTube

耐久性と防水性を兼ね備えたナイロン生地と止水ジッパーを採用していたり、ノートPCを衝撃から守るクッションを内蔵した専用スリーブを装備していたり、人間工学に基づいた背面形状とショルダーストラップになっていて、背負い心地が快適といった特徴は、それなりの価格帯で探せば、他のメーカーでも見つけられるものです。

しかし『Civic Half Zip 22L』には、実際に使い始めると違いを感じさせてくれるに違いない、細かいこだわりがあるのです。

画像
Image: EVERGOODS

伸縮性があり、水筒などを入れておけるサイドポケットは、底のコーナーがカットされていて、雨で濡れた折りたたみ傘などを入れておいても、水やゴミなどが溜まりにくいようになっています。

サングラスやスマホなど、傷を付けたくないアイテムを収めておけるポケットは、トップ部の内側と外側にそれぞれ用意されていて、すぐに取り出したいものと、セキュリティに気をつけたいものを仕分けて収納できます。

また、ペンや鍵などを挟んでおいたり、ベルクロ固定式の汎用小物入れなどをセットできるインナーストラップも用意。カラビナなどを使って、機能的な収納も可能になっています。

メイン収納部は、理想的な角度を追求した開口部となっていて、流行りの180度開口タイプではありませんが、中身の出し入れがしやすくなっています。底以外をぐるっとジッパーで開閉できる180度開口タイプより優れているのは、長く使い続けたときのヘタリが出にくいというところ。

内装の生地を明るめのグレーにして、中身を確認しやすくしているところもポイントですね。

他にも、ランニングなどのスポーツ用途にも使える給水バッグ(別売)を装備可能だったり、同じバッグを使っている人がグループ内にいても、ひと目で自分のものを区別できる取り外し式のロゴプレート(別売)が夜間反射材として機能したり、ユニークな特徴も備えています

ショルダーストラップに、長く使っていてもヘタりにくいフォーム材が使われているというところも、見逃せません。

定価189ドル(約2万400円)で、日本への送料が48.36ドル(約5200円)という値段は、気軽に手を出せるとは言いづらいところですが、人気があるために売り切れていて、バックオーダーを抱えているのも納得というところ。

ちなみに、購入予約をしておくと特典で本体価格が159ドル(約1万7200円)になります。予算に余裕があるなら、すぐにでも予約しておくべき逸品だと思います。

海外通販で買い物するときの注意点は?問い合わせに使える例文も紹介

あわせて読みたい

コンパクトに畳めるからサブとして使える、122gの小ぶりなヒップバッグ【今日のライフハックツール】

3日間の旅行を身軽に。サングラス専用ケースも装備するバックパック【今日のライフハックツール】

スーツケースとの併用にも対応した、出張族必見の多機能バックパック【今日のライフハックツール】

Image: EVERGOODS

Source: EVERGOODS, EVERGOODS / YouTube

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next