特集
カテゴリー
タグ
メディア

瞳の映り込みから個人情報を取得できるか? 検証してみた

瞳の映り込みから個人情報を取得できるか? 検証してみた
Image: oneinchpunch/Shutterstock.com

最近、日本のアイドルがストーカーに襲われる事件がありました。

犯人は瞳に映りこんだ映像から、被害者が使っている駅を特定したのだそうです(ストーカーは被害者を駅で待ち伏せし、家まで尾行した)。

このニュースを聞いた人は、こんな疑念にかられたはずです。

自撮り写真から、そんな簡単に住所を特定する手がかりが得られるの?

瞳の映り込みについて話す前に、スマホやデジタルカメラで写真を撮影すると、写真ファイルにカメラの種類やフラッシュの有無、撮影した場所の位置情報(スマホの設定にもよる)など、さまざまな情報が保存されることを理解しておきましょう。

ソーシャルメディアによっては、写真から位置情報を自動的に削除してくれる場合もありますが、プライバシーが心配な人は、スマートフォンの設定を確認して、位置情報が簡単に漏洩しないように気をつけてください。

本当に手がかりが見つかるのが試してみた

瞳の映り込みをテストするために、同僚で米LifehackerのスタッフであるNick Douglasと、お互いの自撮り写真からどんな情報が取れるか調べてみることにしました。

屋外や公共の場所で撮影された写真を何枚か選んで、お互いの眼をデジタル的に深く見つめ合ってみたわけです。

それはかなり気味の悪い体験でした。

20191021-eyeball02
原文筆者の眼
Image: Lifehacker US

まずわかったことは、照明の具合と写真の解像度によっては、かなり難しい作業であるということです。Nickは次のように言っています。

1. 瞳をズームし、何らかの手がかりを探すのは、かなり気味の悪い体験です。自分がサイコパスかもしれないと心配になったときのために、このことを覚えておくつもりです。

2. 結局のところ、何の手がかりも見つかりませんでした。

一方私は、いくつかの手がかりらしきものを見つけた気がしました。

Nickの写真のうち1枚で、瞳の中に木が映り込んでいるように見えるものがありました。

もっとも、同じ写真でNickの背後に何本もの木が写っているのが見えるので、「Nickは木のあるところにいた」というのは、大発見でもなんでもありません。

20191021-eyeball03
Nickの眼
Image: Lifehacker US

写真がもっと鮮明で、少しの幸運があれば、瞳の映り込みから撮影場所や撮影したときの状況に関する手がかりを得ることは、不可能ではない気はします。

下のNickがミラーサングラスをかけている写真では、Nick自身の腕が写り込んでいるのに加え、人通りの少ない歩道で撮影されたことが伺われます(ミラーサングラスなので映り込むのは当然ですが)。

瞳から得られる周辺情報

20191021-eyeball04
Nickのサングラス
Image: Lifehacker US

瞳の映り込みから得られる手がかりは、撮影場所や周囲の状況だけではありません。高解像度の写真なら、撮影時レンズの背後にいた人びとを特定することも不可能ではありません。

また、光源に関する情報(窓が1つある、天井にライトが1つだけある、店内のように複数の照明がある、など)もわかります。

結局、自撮り写真から情報が漏洩する心配はどれくらいあるのでしょう? おそらく、それほど心配する必要はないが少しはあるといった感じだと思います。

あわせて読みたい

空港のUSB充電ステーションを使うと「ジュースジャッキング」される危険あります

偽のライトニングケーブルにご注意を。ハッキングされる危険も

個人情報をガッチリ保護! GoogleマップやYouTubeの新しいプライバシー機能まとめ


Image: oneinchpunch/Shutterstock.com

Source: Tokyo Reporter

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next