連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

重い家具を1人で持ち上げて、移動が可能に。掃除や模様替えも楽々

  • カテゴリー:
  • TOOL
重い家具を1人で持ち上げて、移動が可能に。掃除や模様替えも楽々
Image: Amazon.co.jp

「気分を変えるため、新しい部屋に引っ越す」のも良いですが、部屋の模様替えなら、もっとお手軽に済みます。作業がやりやすいレイアウトにすれば、いっそう仕事の効率もアップしそう。

でも、大きい家具や家電を動かすのは簡単ではありません。

重いものを無理やり動かそうとすると、床を傷めてしまいますし、家電だと最悪の場合は壊してしまうことも。さらに腰も傷めたら最悪ですね。

山善の「ドーリー 軽がるキャリー」は、そんなときの頼もしい助っ人。通常の5分の1の力で家具を持ち上げられて、楽に移動できるというアイテムです。

一人暮らしの人はもちろん、家族にちょっと手伝ってもらうときにも気軽に頼めそうです。

中身を入れたまま、重い家具も移動できそう

Image: Amazon.co.jp

引っ越しの場合、大きな収納家具でも意外と移動できるかもしれません。中身がまだ入れられてないですからね。

でも部屋の模様替えをするだけなら、中身を取り出すのは面倒なので、必要最小限に抑えたいところ。

ドーリー 軽がるキャリー」は、台車1つに車輪が6つついており、乗せたものの重さを分散することで、スムーズに移動することが可能になるそう。

台車を4個使えば耐荷重が300kgとのこと。倒れやすいものや、重量物だけいったん取り出しておけば、そのまま移動できそうです。

ただし、背が高い家具に使用する場合は、2人での作業が推奨されていますので、ご注意ください。

ちなみに、レビューによると4つの台車の角度を上手く調整すれば、家具を回転させられるとのこと。ピアノを移動させている方もいますよ。

家具を持ち上げて台車のセットも楽

Image: Amazon.co.jp

足の細いソファなど、床を傷つけやすい家具でも、テコの原理を使った持ち上げ棒で軽く持ち上げられるので、足の下に台車をセットすることが可能。あとは好きな場所に移動させから、再び持ち上げ棒で持ち上げて、台車を外します。

寒い冬は窓際、暑い夏は日の当たりにくい場所など、季節ごとに移動させるとより快適に過ごせますし家具の日焼けも防げそう

それに大掃除のときには、壁との隙間にたまったホコリに対処ができて、助かることでしょう。

ただし、使用上のもう1つの注意として、傷つきやすい白木の床材や柔らかい床の場合には、台車のローラー痕が残ったり、台車が沈んで外れたりする恐れがあるので使用できません。硬いフローリングの上など、安定して転がせる部屋で使いましょう。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next