連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

このミニマルさ、気に入った。軽量で折りたためるほどスリムなバックパック「Alex backpack2.0」

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
このミニマルさ、気に入った。軽量で折りたためるほどスリムなバックパック「Alex backpack2.0」
Image: 島津健吾

バックパックはビジネスで使われることが増えてきましたが、まだまだ、「自分に合ったものを探している」という人は多いはず。

もし、ミニマルなコンセプトのバックパックをお探しながら、現在machi-yaでクラウドファンディングをしている「Alex backpack2.0」を選択肢に入れてみるのがいいかもしれません。

軽量、防水、そして折りたたんでスーツケースに入れて持ち運べる身軽さは、ミニマリストにぴったりですよ。

折りたたんで持ち運びできるコンセプト

DSC06874
Photo: 島津健吾

今回、「Alex backpack2.0」のサンプルをお借りして、実際に使ってみました。

まず、一番驚いたのが、折りたたんで持ち運びができるというコンセプトです。旅行や出張に行く時、スーツケースの中に入れて持ち運びできる便利さ。

また、自宅に置いておく時、場所を取らないというメリットはかなりのものがあります。特に複数のバックパックを持っている人は、その収納場所に困っているのではないでしょうか?

「Alex backpack2.0」は折りたたんで洋服のようにしまっておけるので、もう収納場所には困りません。

DSC06810
Photo: 島津健吾

PCのサイズは15.6インチまで対応。横の幅が思った以上に広く、13.3インチのMacBook Proは横向きで入れることができました。

一般的には縦向きでバックパックに入れているので、これはちょっとした驚きでした。

バックパック正面に無駄なポケットがなくミニマル

DSC068292
Photo: 島津健吾

「Alex backpack2.0」はテカテカっとする素材、「PU帆布」を使用しています。そのため、撥水性が高く、見た目や触り心地にはリッチさがありました

さらに、正面には無駄なポケットが1つもなく、スーツに合わせやすいスマートなデザイン。色はさながらジェットブラックといった感じ。墨のような深みのある黒でしたよ。

もう1つPU帆布の特徴として、軽さがあります。15.6インチのPCが入るサイズにもかかわらず、重量は550gほど。この軽量性にはとにかくこだわったようで、ミニマルな発想からくる実用性を感じました。

DSC06826
Photo: 島津健吾

こちらは、パソコン、ヘッドホン、手帳などを入れて横から見た様子です。

バックパック自体は袋のように、入れ物の分だけ膨らみますが、荷物が少なければ、画像の通り薄い状態で持ち運べます。荷物が少ないときに、それ以上に大きなバックパックを持ち歩く必要はないのです。

背面ポケットとサイドポケット

DSC06850
Photo: 島津健吾

背面ポケットは、止水ファスナーを採用iPhoneが入る程度の大きさですが、貴重品をここに入れておけば防犯対策にもなりますね。

DSC06859
Photo: 島津健吾

「Alex backpack2.0」の収納スペースでもっとも大切なのが、このサイドポケット。横いっぱいにダブルジッパーがついており、パソコンやタブレットを収納できます。

DSC06814
Photo: 島津健吾

実は、「Alex backpack2.0」のメインスペースには一切ポケットがありません。

その代わり、止水ファスナーを使用したサイドポケットは収納スペースが豊富。タブレットやパソコンを入れる専用スペースのほか、マグネットボタンで着脱可能なポーチもここに入っており、お財布や貴重品を入れてもいいでしょう。

メインスペースはとにかく深い

DSC06844
Photo: 島津健吾

最後にメインスペースですが、生地をクルクルっと丸めて、フックでひっかける仕様となっています。

giphy
Image: 島津健吾

こちらが巻いている様子。荷物の量に合わせて、きつく閉めることも緩く閉めることもできます。また、何度も巻くため、これが雨対策になっていることにも気がつきました。

逆に、物を出したいときはジッパーよりは手間がかかってしまうため、頻繁に取り出すものはサイドポケットに入れておくのが良さそうです。

DSC06821
Photo: 島津健吾

もっとも印象的だったのが、この深さ。もちろん、口はくるくるっと巻くため、最終的にはもっと小さくなるのですが、縦方向に長いペットボトルの持ち運びには適していそうです。

DSC06868
Photo: 島津健吾

厚みはどちらかというとないため、ノートやノートパソコンなど薄めのものを入れてみました。出張や旅行の際は、衣類を一番下に入れて使って、その上に、ガジェットケースやヘッドフォンなどを入れると使いやすそうでしたよ!

デザイン性が高く、ミニマルなコンセプトが気に入った

DSC068282
Photo: 島津健吾

本当に、バックパック選びは人それぞれです。容量が大きいものが欲しい人もいれば、防水性は絶対に譲れないという人もいます。

Alex backpack2.0」は、デザイン性が高く、折りたたんで持ち運べるという点がとにかく優れています。また軽量であるため、バックパックだけで海外旅行に出かけたいという人のニーズに応えてくれそうです。

「Alex backpack2.0」は200名限定で6920円で支援が可能。

正直、この機能性に対して、この価格はかなりコスパがいいですよ!

>>超軽量&ミニマルデザイン!スーツにも似合う!「Alex backpack2.0」

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next