連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ポケットに収まるほどのプロジェクター⁉︎ Android7.1も搭載の「POKE-PRO」があと7日

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
ポケットに収まるほどのプロジェクター⁉︎ Android7.1も搭載の「POKE-PRO」があと7日
Image: machi-ya

最近では、小型のプロジェクターも増えてきました。プロジェクターを持ち運べると、友人の家やアウトドアでも大画面で映像を楽しめるので便利です。

そんななか、ポケットに入るほどの小さいプロジェクターがあったとしたら? バッグに入れて持ち運ぶよりもハードルがひとつ下がりますよね。現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「POKE-PRO」は、スマホサイズの超薄型プロジェクター。それでいて、映し出す画面の最大サイズは200インチAndroid7.1も搭載しています。

「POKE-PRO」のオーダー終了まで残り7日となったので、今一度その魅力をおさらいしておきましょう!

スマホ感覚で持ち運べる

薄型
Image: machi-ya

「POKE-PRO」の大きさは縦145mm横53mm厚さ28.5mm。ほぼiPhoneです。

重さもたったの280gなので、ポケットに入れて手軽に持ち運べます。

起動
Image: machi-ya

プロジェクターの電源を入れたら約20秒で起動。いつでもどこでも好きな時に大画面を映し出しちゃってください。

Wi-Fiを繋いでアプリを楽しもう

アプリ
Image: machi-ya

Android7.1を搭載しているのも魅力のひとつ。インターネットに接続すれば、「POKE-PRO」だけでNetflixやYouTubeなどのアプリを楽しめます。

オンラインのゲームも、大画面でプレイするとより一層盛り上がりそうですね。

無線LANがない場合は、SDカードやUSBを挿入して再生してください。

小さなカラダで映し出す大画面

大画面
Image: machi-ya

「POKE-PRO」は、最大で200インチの画面を映し出します。もちろん、画面のサイズは調整可能。

自動台形補正機能も付いていて縦横の歪みを正してくれるので、多少不安定な場所に置いてもストレスなく集中できます。

サッカー
Image: machi-ya

大迫力のスポーツ観戦は、さぞかし興奮することでしょう。

目に優しいディスプレイ

DLP-1
Image: machi-ya

ディスプレイは、ブルーライトをカットするDLP仕様とのこと。一般的なLCDタイプよりも目に優しいです。

映像の明るさは100ルーメンなので、暗い場所でも安心。長時間使用しても光量に変化はなく、同じ明るさを保ってくれますよ。


コンパクトに大画面映像を楽しめる「POKE-PRO」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにて、キャンペーン実施中。執筆現在では、限定100個まで28%オフの35,850円からオーダー可能です。

詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>「POKE-PRO」のオーダーはこちらから

Image: machi-ya

Source: machi-ya

Qurumu

swiper-button-prev
swiper-button-next