特集
カテゴリー
タグ
メディア

暗くても大丈夫! ワンランク上のポートレートが撮れるスマホカメラ撮影術

暗くても大丈夫! ワンランク上のポートレートが撮れるスマホカメラ撮影術
Photo: 松島徹

スマホで写真を楽しむことが当たり前の時代ですが、ただ撮影するだけではもったいない。ちょっとしたテクニックを使えば、今までよりもワンランク上の仕上がりになります。

たとえば、ポートレート。被写体(モデル)のいい表情を引き出すことは重要ですが、それ以上に「」が大事。明るい場所ならば失敗することはそれほどありませんが、曇り空の下や薄暗くなってきた夕方などは、顔が暗くなってしまって、せっかく撮影しても残念な結果になることも。

撮影した後に補正をすることも可能ですが、画質が悪くなってしまったり、不自然になってしまう場合もあります。

そこで、ちょっと暗いシチュエーションでもきれいなポートレートが撮影できる、スマホカメラ撮影術を紹介します。

薄暗い場所でうまく撮れない理由

darkness_shooting_01
どんよりとした曇り空の下で、なにも設定せずにカメラまかせで撮影。顔が暗くなってしまいました。
Photo: 松島徹

スマホのカメラは、被写体にレンズを向けると自動的に周囲の明るさを検出し、適切な明るさにしてくれる、自動露出補正機能が搭載されています。基本的にはカメラまかせで、きれいな写真が撮れるはずですが、薄暗い場所では顔が暗くなってしまうなどの失敗写真になることも。これはなぜなのでしょうか?

暗い場所で明るく撮影しようとすると、どうしてもシャッタースピードが遅くなり、手ぶれしやすくなってしまいます。これを防止するために、カメラ側が自動的にシャッタースピードを速くします。その結果、写真が若干暗めになってしまいます。手ぶれ防止のために明るさが犠牲になってしまっているのです。

屋外で撮影している場合、天気は自分でコントロールすることはできません。そこで、薄暗い場所でもきれいに撮影できる方法を覚えておきましょう。

LEDライトを使って明るさを補う

darkness_shooting_02
LEDライトを被写体の顔に当て、カメラまかせで撮影してみました。
Photo: ライフハッカー編集部

周囲が暗くて写真全体が暗めになってしまうのなら、明るくすればいいはずです。そのために、スマホにはフラッシュライトという機能があります。しかし、スマホのフラッシュライトはそれほど明るくないため、思ったほど効果がないものです。

そこで活用したいのが、ポケットに入れて持ち歩ける手のひらサイズのLEDライトです。今回使用したのは「LumeCube AIR」という製品です。

光量は4段階で調節可能。また、ホワイトとオレンジのディフューザーが付属しており、周囲の光源に合わせて色を選択できます。また、スマホ専用アプリから光量のコントロールが可能。複数台のコントロールも可能なので、2台、3台のLumeCube AIRを使って、高度なライティングも行えます。本体は防塵防水仕様となっており、多少の雨ならば問題ありません。

LEDライトを使う場合は、できるだけ被写体の顔に当たるようにライトの角度を調整します。その際、正面からだけではなく斜め上や横など、角度と距離を変えてみると自然で雰囲気のあるポートレートにすることができます。いろいろとトライしてみてください。

また、ライトの明るさも調整してみましょう。強すぎると顔だけが明るい不自然な写真になってしまいます。周囲の明るさとなじむ自然な明るさがちょうどいいでしょう。

こちらが薄曇りの中、LumeCube AIRを使って撮影した作例です。カメラまかせで撮影するよりも、表情が明るくなっているのがわかります。小さなLEDライト1個で、こんなにきれいなポートレートが撮影できますよ。

darkness_shooting_03
ホワイトのディフューザーを付けたLumeCube AIRでライトを当てて撮影。顔が明るくなり表情も豊かに写すことができました。
Photo: 松島徹

なお、LEDライトが手元にないという場合や、ライトが使えない場所での撮影では、カメラの露出補正機能を使いましょう。露出をプラス側に補正すると、画面全体が明るくなります。顔がちょうどいい明るさになるくらいまで露出を上げましょう。露出補正の方法はスマホごとに異なるので、事前に調べておきましょうね。

darkness_shooting_04
夕暮れの中で撮影。なにも設定せずに撮影した左の写真に比べ、露出補正をした右の写真は、被写体と背景がバランスよく、見た目と同じように撮れました。
Photo: 松島徹

ただし、暗い場所で露出を上げて撮影すると写真上にノイズが出やすくなります。できれば露出補正は最小限にとどめておきたいものです。

街中の照明や街灯を活用して撮影しよう

darkness_shooting_05
日没後、歩道に設置された街灯の下でスマホをかまえて撮影してみました。
Photo: ライフハッカー編集部

夜間のポートレート撮影は、暗さとの戦いです。いくらLEDライトやカメラの露出補正を駆使しても、周囲の暗さに勝てないことも。そんなときは、周囲にある灯りを味方にしましょう

具体的には、店頭の照明や歩道の街灯などを使います。この際に注意したいのが、モデルに光が当たるようにするのではなく、カメラの近くが明るくなるようにすること。そのほうがより自然なポートレートになります。

darkness_shooting_06
街灯の近くで撮影した左の写真に比べ、街灯の下で撮影した右の写真は、背景はそのままに被写体が明るく映し出され、キレイな写真が撮れました。
Photo: 松島徹

逆に、被写体に思い切りライトの近くに立ってもらうというのもアリ。たとえば、顔の高さに照明があったら、照明に顔を近づけてもらいます。その場合、周囲は暗くなりますが、顔の片側だけが明るいアーティスティックなポートレートにすることができます。

但し、街中の灯りを活用する場合は、気をつけたいことがあります。それは、光の色。街灯などはオレンジだったり青だったりと、色が一定ではありません。場合によっては、写真の色が不自然になってしまうこともあります。

その場合は、スマホのカメラ機能にある「ホワイトバランス」を調整してみましょう。「白熱灯」や「蛍光灯」「電球」などのモードがあれば、それらを切り替えて撮影して、一番自然な仕上がりのものを選ぶといいでしょう。

薄暗いところや夜間のポートレートは、普通のデジカメでも撮影は難しいもの。でも、ちょっとだけコツを知っていれば、スマホでもきれいなポートレート撮影が可能です。友だちや恋人、家族などを撮影するときに試してみてください。


あわせて読みたい

これで失敗なし? プロカメラマンが直伝、スマホのカメラで夜景をキレイに撮る方法

スマホのHDR設定、「きれいな写真が撮れる」は本当?


Photo: 松島徹、ライフハッカー編集部

三浦一紀

swiper-button-prev
swiper-button-next