連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

運動に適しているのは「秋」と「夕方」。あらゆる病気を予防する「1日8000歩/20分速歩き」の驚異的な成果とは

MugendaiMugendai

運動に適しているのは「秋」と「夕方」。あらゆる病気を予防する「1日8000歩/20分速歩き」の驚異的な成果とは
Image: Mugendai(無限大)

現代人の持つ悩みの一つが、運動不足。ジム通いもジョギングも長続きしなかった…といった苦い経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)にて、「1日8000歩/そのうち20分の速歩きが、あらゆる病気を予防する」と題された研究結果が紹介されていました。20年もの歳月をかけたという研究の、気になる内容とは。

一人あたりの医療費を10万円削減。世界が驚いた「中之条の奇跡」とは

インタビューに登場していたのは、東京都健康長寿医療センター研究所の青栁幸利さん。5000人を対象に、加速度センサーのデータ収集や定期的な問診などを何と20年間続けた「中之条研究」を発表された方です。ちなみにこの研究名は、青栁さんご自身の故郷である群馬県中之条町で行われたことにちなんでいます。

「あらゆる病気を予防する」とは、いかにも大上段に構えた表現にも思えてしまいますが、そもそも「1日8000歩/そのうち20分の速歩き」に根拠はあるのでしょうか。

有酸素運動を行う際、酸素をどれだけ取り入れて消費できるかという指標があり、これが50%前後であると健康的70%以上だとトレーニングの域に達するといわれています。

また、運動の強度を示す指標としてMETs(メッツ)があります。これは、安静時の酸素消費を1METとして運動強度を計るもので、ゆっくり歩くと2METs、中強度の運動は3〜5METsなどと分類されています。

もちろん年齢や体力によって運動強度は異なりますが、長年の研究により、最大値の50%程度で運動を行うと病気になりにくくなることが分かったといい、その代表例として挙げられるのが「1日8000歩/そのうち20分の速歩き」となるそう。

生活習慣病を1/10に。「1日8000歩/20分速歩き」の驚異的な成果とは
Image: Mugendai(無限大)

その効果は、代表的な生活習慣病の発症を1/10以下に、中之条町における1人あたりの医療費を年間で10万円も削減というもので、世界中から「中之条の奇跡」 と称賛されるほどだそうです。

季節・時間帯も重要な要素。運動に最適なのは「秋」と「夕方」

青栁さんによれば、季節時間帯も運動に重要な要素だといいます。最も運動に適しているのは、平均気温17度と体を動かしやすい11月頃。逆に最も向いていないのが寒い季節である1月だそうで、11月から1月までの2カ月で歩行数は2000歩ほど減少するといいます。

また、一日の中で最も運動に適しているのは夕方。これは体温と運動が密接に関わり合っているからだそうで、青栁さんは以下のように語っています。

体温のリズムは、朝起きる直前が一番低く、だんだんと上がりながら夕方にピークを迎え、今度はだんだんと下がっていきます。入眠時に体温が高いと寝始めた時にグーンと体温が下がり、それで眠れます。夕方に散歩して体温を上げておくと、寝つきが良く眠りが深くなります

健康によいとは分かっていても、なかなか続かない…。そんな方に向け、上手にウォーキングを続けるコツについて青栁さんは「活動計を着けること」を推奨しています。1日何歩、どの程度の強度で歩いたのかを「見える化」すると、やる気が出て継続につながるそうです。確かに、万歩計などの記録が増えていくと嬉しいですものね。

青栁さんいわく、運動に気を遣うようになると自然とバランスの取れた食事になり、栄養状態も変わってくるそうで、正のスパイラルが生まれるとのことです。

生活習慣病を1/10に。「1日8000歩/20分速歩き」の驚異的な成果とは
Image: Mugendai(無限大)

「ウォーキングは体によい」をまさに実証した今回の研究結果。この成果に基づき、健康度を測定する機器の開発などを目指しているという青栁さんの今後は、Mugendai(無限大)より続きをお楽しみください。


Image: Mugendai(無限大)

Source: Mugendai(無限大)

渡邊徹則

swiper-button-prev
swiper-button-next