連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

旅行で活躍するアンダーウェアは、一般的なボクサーパンツの1/2になるサイズ感【今日のライフハックツール】

旅行で活躍するアンダーウェアは、一般的なボクサーパンツの1/2になるサイズ感【今日のライフハックツール】
Photo: ボバ

タブレットにスマホ、いざという時のモバイルバッテリーなどガジェット類を始め旅行の荷物が増えがちな昨今、荷物を減らすためにどのような工夫をしていますか

旅先へのガジェット類を減らせないのであれば、代わりに着ている服やバッグにかさばる着替えを減らしてみてはどうでしょう。

中でもアンダーウェアは、外側から見えるものではないため、デザインが同じでも全く気にする必要はありません。

そこで、速乾性が高い素材かつ、コンパクトで荷物にもならないという、旅行にとても相性の良いBODYWILDのAIRZをオススメします。

速乾の秘密は素材とウエスト部のゴムが無いところ

AIRZが速乾性に優れているのは、その素材感によるもの。

肌触りのよいレーヨン素材で、触った感じはスポーツウェアに似たサラっとした生地です。

レーヨンは水分を良く吸う素材なので、実際に着用してみると汗などをよく吸ってくれる割にサラサラ感は継続しているという履き心地の良い素材です。

190908_airz_4
Photo: ボバ

そして、一番のオススメはウエスト部分のゴムがないところ。

190908_airz_2
Photo: ボバ

一般的なアンダーウェアのウエスト部分にはゴム紐がありますが、このAIRZは腰回りの開放感を出すためにあえてゴム紐を無くしています。

洗濯をしたときに一番最後まで乾かないのがこのゴム紐部分ですが、AIRZはここが乾かないという心配が全く無いのです。

そして更に、販売会社のGUNZEが特許を取得しているウエストと裾部分のカットオフ技術により、ウエストと裾部分が切りっぱなしの仕様で余計な折返しも無いため、細部に至るまで乾きにくい部分が一切ありません。

190908_airz_3
Photo: ボバ

ただ一つだけ気になる点は、レーヨン素材特有の縮みやすいということです。

が、実際に数回使用し洗濯した執筆時点では、大きく縮むといったこともありませんでしたので、それほど気にしなくても良いかと思います。

予備に1枚持っていってもこのコンパクトさ。

この1枚布的なデザインから、畳んだ時も一般的なボクサーパンツと比べ1/2のサイズに収まるため、少し荷物に余裕があれば予備の1枚として持っていっても決して邪魔にはなりません。

190908_airz_5
Photo: ボバ

着心地は慣れるまで違和感があるかも

実際の履き心地についてですが、ウエストゴムが無いからといって、動作中に下着がずれてしまうなどの心配はありません。全体的にフィット感は強い感じがします。

慣れてしまうとそのフィット感が心地よく違和感はありませんが、初めて履く方には少し抵抗があるかもしれません。

また、素材がツルツルしているため、ズボンとの摩擦もいつもと少し違う為、違和感を覚えることも付け加えておきます。

総合的に見ると、さすが日本の代表する下着メーカーだけあって、開放感あるデザインでありながら、旅行の時だけでなく普段使いとしても履きたくなる、とても優れたアンダーウェアなのでぜひ一度試してみて下さい。

あわせて読みたい

ハイスペックなのに3万円以下! アウトドアや台風に強い、進化系パッカブルアウター

夏フェス、ゲリラ豪雨でも頼りになる1足を! 悪天候に強い、防水スニーカー五傑

「ノームコア」の次は「ゴープコア」。ハイスペックなシェルパーカ着こなし術

Source: GUNZE

Photo: ボバ

菊地芳一

swiper-button-prev
swiper-button-next