連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

見逃すことが不安。SNS病「FOMO」に悩まされているあなたへ

見逃すことが不安。SNS病「FOMO」に悩まされているあなたへ
Image: milatas/Shutterstock.com

「FOMO」というのは「Fear Of Missing Out」の頭文字を取った言葉で、「何かを見逃してしまうことへの不安、取り残されることへの不安」という意味です。

友達がSNSに楽しそうな写真をアップしていて、自分が呼ばれていなかったら? 最新のタピオカドリンクを飲み逃していたら?

FOMOに打ち克つには、(SNSなどを)断ったり、行動を変えたり、単に楽しいことだけに参加する必要があると、何人かのライターが言っています

それができる強い意志がある人はいいですが、そうでない人は自分の単純な頭を少し騙すようなコツが必要です。

「FOMO」ではなく「JOMO(Joy Of Missing Out=見逃す喜び)」を知るには、3つのことを変えなければなりません。

1. 早めに切り上げる

ですから、「これで十分だ」と思う以上にやり続けいていることは、すぐにやめた方がいいです。

パーティーは早めに帰り、プロジェクトは謝って手を引き、サブスクリプションは退会し、あまり関わらないようにします。

少し早すぎるかなと感じたとしても、すぐに「実は潮時だった」とわかります。

2. 辛くてもけりをつける

やめるのは辛いものです。「FOMO」から「JOMO」に変えるには、少し痛みを伴うということです。

SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)のテック系のカンファレンスが大盛況だった年に、私と友だちは1時間行列に並んで、限られた人しか入れないドリンク無料のパーティーに行きました。

会場に入って30分後、友だちは「無料とはいえ、このパーティーは人が多すぎるから、何人かで静かなバーに移動して、お金を払って飲んだ方がいい」と言いました。

そして、仲間内に潮時だということを伝えて、「よし、バンドエイドをはがすぞ(痛みを伴ったとしても困難なことにけりをつけるという意味)」と言いました。

多少の痛みはあります。それでも、その痛みは、痛みがなくなる前にくるような“いい痛み”です。

3. 前もってやめることを決める

見逃したり、取り残されたりすることに対する「見方を変える」アドバイスはたくさんあります。

自分で選んでいないのに、見逃したり、取り残されたりした場合はかなり辛いです。「このパーティーに行けなくて悲しい」と思っているのを、「別に、このパーティーにいなくてもいい」と思うように、頭を切り替えることはできません。

自分でパーティーに行かないと決断しなければなりません。

このようにして、私はいくつかの付き合いをやめました。

辛かったですが、事前に行かないことを決めたので、イベント開催までの数ヶ月を心穏やかに過ごすことができました。

まだイベントに参加している友だちの写真をInstagramで見る度に、行かないと決めた理由を思い出して、気分がよくなりました(友だちには楽しんで欲しいと思っていますが)。

それでも少し自己ぎまんにはなります。

新しい洋服を買ったら、それを着倒すまで、これ以上服は買わないと決めます。もしくは、洋服を買う予算を決めます。

これで主体的な人間になり、後で見逃すことを決められる自分になります。

4. 小さくても確実な幸せを探す

当然ながら、もっとやるべきことがあれば、何かを逃すのに十分な理由になります。

何かを買うお金の余裕がないのが不満なら、これまで買ったもので一番贅沢なものを探して、それを使いましょう。

ニュースフィードを削除して、本を読んだり、テレビを見たり、テレビゲームをしたり、自分が楽しくなることをしましょう。

真面目なことや、意義のあるものを探す必要はありません。そのことに時間を費やしても後悔しないとわかっている、自分が心から喜ぶことをしましょう。

それが、他のことを見逃すだけの価値があることです。

あわせて読みたい

仕事に影響するプライベートの悩み、上司に相談すべき?

心身を健康に、人間関係も向上する夜習慣


Image: milatas/Shutterstock.com

Source: Wikipedia, Ness Labs

Nick Douglas - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next