特集
カテゴリー
タグ
メディア

靴底は自分で修理できる、「くつ底補修材」を使えばね

  • カテゴリー:
  • TOOL
靴底は自分で修理できる、「くつ底補修材」を使えばね
Image: Amazon.co.jp

外回りの多いお仕事をしている会社員の方や、徒歩で通学されている学生さん。靴底がすり減り、何度も買い換えたことがあるのではないでしょうか?

また、修理に出すのは割に合わないから躊躇するけど、気に入っているから履き続けたい靴ってありますよね。

SUNSTARの「くつ底補修材 黒」を使えば、自分ですり減ってしまった靴底を補修できるかもしれませんよ。

DIY感覚で、手軽に靴底を補修できる

修理屋さんに出したり買い替えたりする前に、「くつ底補修材」を試してみましょう。クリームのようにゴム素材を塗ることができ、靴底を厚くして補修することが可能なんです。

やり方は簡単!

kutsuhosyu1_1
Image: Amazon.co.jp

まずは、すり切れた部分や補修したい箇所をヤスリなどで滑らかにします。

kutsuhosyu2_2
Image: Amazon.co.jp

次に型取りプレートを貼って、補修剤を必要な量だけ、かかと部分のすり減ったところにつけます。

それから、ヘラで均等にならします。手につかないように気をつけてくださいね! 必ずゴム手袋を着用しましょう。

温めると5分で固まる! 乾燥に長時間待つ必要なし

kutsuhosyu3_3
Image: Amazon.co.jp

固めるときは、お湯を注いだ外容器に靴をセットします。

kutsuhosyu4_4
Image: Amazon.co.jp

固まったら、プレートを外せばでき上がり! ちなみに、ドライヤーでも固められるとのことですよ。

作業中は固まらないのに、温めれば固まるタイプなので、焦らず安心して作業ができますね。

注意点としては、封を開けていなくても、40度以上の場所に置いておくと固まってしまいます。お子様の手の届かない涼しい場所に保管してください。

黒い靴なら補修可能ですので、革靴以外にも使えますよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next