連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

指輪が暗号通貨になるってマジか。世界初のスマートリング「NXT」が描く近未来とは

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
指輪が暗号通貨になるってマジか。世界初のスマートリング「NXT」が描く近未来とは
Image: machi-ya

ビットコインを始めとする暗号通貨を保有しているけど、投資目的であり、決済や送金用途では使用していない人がほとんどではないでしょうか?実際のところ、暗号通貨での支払いに対応する店舗やECサイトも増えており、大手ではビックカメラなど、暗号通貨を身近に使える環境が整ってきていると言えるでしょう。

そんな中で登場した「NXT(ネクスト)」は、充電不要で暗号通貨のウォレット機能も有する世界初のスマートリングです。Apple Watchのようなウエアラブルデバイスを持つことは一般的になりましたが、スマートリングを使っている人はまだ少数派なのでは?さらに、暗号通貨で支払いまでできる指輪型ガジェットはかなり新しいプロダクトと言えます。

Video: Youtube via machi-ya

「NXT(ネクスト)」は、充電不要の高性能スマートリング。最新のNXP近距離通信チップを搭載し、暗号通貨ウォレット、ソーシャルメディアや連絡先の共有、医療情報の保管などの機能を持っています。

暗号通貨ウォレット

20190822-nxt033
Image: machi-ya

NXTは暗号通貨ウォレットとして使うことができます。暗号通貨(仮想通貨)を持っている人は、指先に財布を携帯できるということ。お店でスマートリングを支払いすれば、暗号通貨が普及する未来を先取りすることができるでしょう。

クラウドにさまざまな情報を安全に保管

20190822-nxt06
Image: machi-ya

NXTを使えば、インターネット上にプライベートな部屋を持つことができます。部屋にはさまざまな所有物(情報)を整理して保管しておくことができ、部屋を開ける鍵は本人のNXTのみです。

プロフィールのシェア

20190822-nxt04
Image: machi-ya

連絡先やビジネスカード情報を誰かに渡したいときは、NXTを相手のスマートフォンに近づけるだけでOK。メールアドレスを交換したり、紙の名刺を渡す必要はもうありません。

NTXのテクノロジー

nxt12
Image: machi-ya

NXTリングには128bitのランダムな識別子が書き込まれています。識別子は、完全な乱数生成装置(TRNG)で生成されます。世界の7億5千万人の人が毎秒、太陽が水素を使い果たすまで長時間のハッキングを試みても、識別子を解読するチャンスはわずか1%しかなく、情報漏えいの可能性は極めて低いと言えるでしょう。

NXTの特徴

・充電不要:NXT Ringは充電なしで使用可能

・高い信頼性:内蔵チップは-25℃〜+70℃で動作可能

・防水:IP68の防水性能。水深3mまで防水

・安全性:128bitの ユニークランダム識別(URI)

・カスタマイズ性:ユーザーインターフェースを簡単にカスタマイズ可能

NXTの素材

20190822-nxt07-2
Image: machi-ya

選べる素材は、ブラッシュドチタニウム、ポリッシュドサージカルスチール、、シリコンラバーなどさまざま。いずれも防塵、防水対応です。リングサイズはオーダー時に指定できます。

バッテリー不要の暗号ウォレットリング「NXT」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。執筆時点ではNXT 316 Stainless Steelが6,680円(送料込)からオーダー可能となっています。

キャンペーンは残り3日。気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>>充電不要の暗号ウォレットリング「NXT」のオーダーはこちらから

Image: machi-ya

Source: machi-ya

伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next