特集
カテゴリー
タグ
メディア

職場や学校にいる「嫌な奴」への対処法。相手を言い負かすにはどうしたらいい?

職場や学校にいる「嫌な奴」への対処法。相手を言い負かすにはどうしたらいい?
Photo: Shutterstock

嫌な奴との議論に確実に勝てる方法は、相手を完全に無視することです。とはいえ、いつでもそれが可能とはかぎりません。

ときには、もう言い争うのは止めようとなだめたり、その場から物理的に立ち去ったり、第三者に仲裁に入ってもらう必要があるケースもあるでしょう。

また、悪い噂を広げられる前に、疑惑を打ち消しておかなければならないときもあります。

自分も嫌な奴になる必要がある?

弁護士のRyann Meer氏は、嫌な奴との議論がどうしても避けられないときは、自分も嫌な奴になる必要があると言っています。

最近、Meer氏が書いたあるブログ記事が、Twitterで話題となっていました

Meer氏は、悪意を持って議論する相手に対して、善意を持って議論しても太刀打ちできないと言っています。

相手は2つの対立する考えを比較検討するために議論しているのではなく、自分に異を唱えるあなたを言い負かしたいだけなのです。

つまり、テザーボールをしている人とチェスをすることは不可能だということです。

嫌な奴を打ち負かしたいなら、相手にあなたの正しさを納得させるのはあきらめるように、とMeer氏は言っています。

「人間の愚かさの1つでもありますが、確信は事実とは無関係です。自分は正しいのだと確信しているとき、人は嫌な奴になります」と同氏は説明しています。

そんな相手に事実を伝えても、さらに嫌な奴になるための材料を与えるだけです。

嫌な奴には「同じやり方」で応戦する

そうするかわりに、相手のやり方をこちらも真似ることで、相手を自滅させることができます

Meer氏は、嫌な奴が使う戦術をいくつか紹介しています。相手がこうした戦術を仕掛けてきたら(あるいは仕掛けられる前に)、あなたもやり返してください。

  • 相手が使う言葉の定義を逐一確認し、その定義を突き崩す
  • 質問されたら、同じ質問を相手に先に答えさせる。答えない場合は卑怯者と糾弾する
  • 感情的になりすぎていると非難する
  • 相手が嫌味な冗談を言ったり、婉曲的な表現を使ったら、わからないフリをする。相手がはっきりと言ってくるまでそれを続ける
  • 相手の言葉を笑い飛ばす
  • 相手が立ち去るままにさせる

Meer氏のブログでは、こうした戦術が詳しく解説されています。

Meer氏が指摘するように、このやり方が嫌な奴に対して有効なのは、それが相手自身が使っている戦術だからです。くれぐれも、そうでない人にまで用いないようにしてください。

あわせて読みたい

絶え間ない口論や喧嘩を、建設的な議論に変えるための5つのTIPS

議論するときは「カメラに撮られている自分」を想像すると良い|伝え方ハック

「嫌なヤツ」を見極め、対処する方法


Photo: Getty Images

Source: tumblr, Twitter

Nick Douglas - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next