特集
カテゴリー
タグ
メディア

パタゴニアの新作バックパックは大容量でジム通いにも大活躍

roomie

  • カテゴリー:
  • TOOL
パタゴニアの新作バックパックは大容量でジム通いにも大活躍

ROOMIEより転載:仕事・遊び・旅行・アウトドア・トレーニングなど。

ライフスタイルごとに専用のバックパックを購入し、使用している私。

ふと気付くと、家の中がバックだらけになっていて、さすがに数を減らさないと他のアイテムの置き場がなくなってしまう事態に……。

たどり着いたのは…

2-1
Patagonia「プレーニング・ディバイダー・パック30L」16,200円(税込)

そこで選んだのがPatagonia(パタゴニア)の「プレーニング・ディバイダー・パック」という、表面の大きなメッシュポケットが特徴的なアイテム

メッシュからPatagoniaのロゴマークがうっすら見えるのがカッコイイと思いませんか……?

3-1

本体の素材は300デニール・リサイクル・ポリエステルを使用。

水滴を弾き、濡れたタオルで汚れを簡単に落とすことができるので、アウトドアの過酷な環境下でも、充分に使い倒せる逸品です。

濡れたのは外、乾いたのは内

4-1

目立つ特徴としては、濡れたギアをメッシュポケットに乾いたギアをメインポケットに分けて収納し、そのまま持ち運ぶことができること。

5-1

メッシュポケットの下には、直径5mmの穴が3ヶ所に開いているので、侵入した水滴が貯まるのを防いでくれます。

6-1

メインポケットの縫い目にはテープ加工が施されているので、メッシュポケット内の水滴が染み込んでビショビショ、という大惨事も回避できますよ。

いろんな使い方ができる

7-1

濡れたギアを収納する以外にも、自分のスタイルに合わせて色々な使い方ができるのが最大の魅力です。

例えば「仕事×トレーニングジム」バックとしての使用方法。

トレーニングシューズをメッシュポケットに収納し、仕事の道具や着替えをメインポケットに収納すると荷物がゴチャつかずに、欲しいものをサッと取り出せるので便利!

8-1

メインポケットにはパッド入りのスリーブが搭載されているので、15インチ程度のノートパソコンや、A4サイズが収納できるケースを無理なく収納可能。

9-1

マチが広いので、シューズのような大きさのある荷物でも余裕をもって収納することができます。

シューズはいつも手持ちだったのですが、このバックにしてからはシューズの置き忘れが減りました……!

女性でも背負いやすい

10-1

ユニセックスサイズのバックパックって女性が背負うと、ズレて背中にあわない、などの問題が出てきがちだと思うのですが、心配ご無用。

重量589gと非常に軽く、ショルダーハーネスも柔らかいので肩に無理なくフィットしてくれます。

11-1

バックパネルは通気性を兼ね備えた素材を使用しているので、長時間移動していても背中が蒸れにくく快適な背負い心地です。

残念なところ:内側のポケットが邪魔になる

12

スリーブの上にポケットがひとつ付いているのですが、ポケットが邪魔をして、スリーブ内のものが取り出しにくいことも……。

急いでいる時は、このポケットを小憎たらしく思っちゃいますね。

なぜこの場所にポケットを付けたんだろう……。

アウトドアがもっと楽しくなる

13

容量が30Lあり、見た目によらず荷物がたくさん収納できるので、念の為の着替えを忍ばせておくのが吉。

散策中に綺麗な川を見つけたら、バックパックから水着とサンダルを取り出してすかさず川に飛び込む!って楽しみ方も実現できます。

自分の環境やライフスタイルに合わせて、カスタマイズできるって本当に楽しいですよ!

プレーニング・ディバイダー・パック 30L [Patagonia]


あわせて読みたい

アウトドアで失敗しないバックパックの選び方&背負い方って知ってる? | ROOMIE(ルーミー)

バックパックはOGIO。機能性とデザインはもちろん、被らないのがいい|エディター私物 | ROOMIE(ルーミー)

ビジネスシーンでも、プライベートでも活躍する機能性バックパック7選【今日のライフハックツール】


Image: かとパン

かとパン

swiper-button-prev
swiper-button-next