特集
カテゴリー
タグ
メディア

観葉植物が身体にもたらす健康へのメリット8つ

MYLOHAS

観葉植物が身体にもたらす健康へのメリット8つ
Shutterstock.com

人がグリーンに魅了されるのには理由があるんです。

植物にあふれた部屋にいると、呼吸が楽になった、集中力が高まった、なんだか幸せな気持ちになった…そんな経験はありませんか?

室内に植物を置くことは、精神的・肉体的な健康をもたらしてくれます。

今回は、観葉植物が私たちの生活にどのように役立つのか、園芸の専門家に話を聞きました。

環境改善からヒーリング効果まで、観葉植物のさまざまなメリットについてご紹介します。

1. 空気をキレイにしてくれる

2-3

研究によれば、観葉植物には、空気中に含まれる毒素や室内汚染物質(ホルムアルデヒドやベンゼンなど)を排除する効果があるそう。

ある研究では、観葉植物アナナスが、研究対象の8種類中6種類の揮発性有機化合物について、12時間で80%以上を除去したという結果が出ています。

さらに、ドラセナの木は94%のアセトン(ネイルリムーバーの多くに含まれる刺激化合物)を除去したと言います。

「植物の空気清浄能力は、植物のサイズや室内スペースの大きさ、空気中の毒素の量によって変わってきますが、広い部屋全体に中くらい~大きめの植物を6~8本を置けば、空気の質が明らかに変わったと感じるでしょう」とラトガース大学で園芸療法プログラムの副代表を務める、ゲイリー・L・アルトマンさんは言います。

「植物の効果を最大限に引き出すためには、葉を清潔に保ってホコリがつかないようにしましょう。また、定期的に外に出して自然な太陽の光をあて、リチャージさせてあげてください」

2. どんな部屋も居心地のいい場所に変えてくれる

3-3

室内植物は空間に彩りや潤いを与えてくれるだけでなく、その環境を物理的にもいい方向へ変えてくれます。

「植物は、室内の相対湿度を上げたり、騒音を和らげてくれますし、仕切りや目隠しとして使えます。また、日差しが強い窓の前に置いて日除けとして使用すれば、室内温度を調整することもできます」とアルトマンさん。

部屋に家具や雑貨を置く前に、自分がその部屋でどのように過ごしたいか、その雰囲気を作るために植物をどう置いたらいいか、少し時間をつくって考えてみるのもおすすめです。

3. 精神的な幸福感も満たしてくれる

4-3

観葉植物は、メンタルヘルスにもよいのです。

例えば、ある研究で、ノルウェーにある心臓病や肺疾患のリハビリセンターで、共有エリアに新たに28個の植物を置いてみたところ、4週間後、新しく設置したグリーンに触れた患者は、そうでない患者に比べて健康状態に改善が見られたと言います。

「地球上で進化を遂げた私たちは、木や植物に囲まれた草原で過ごしてきました」とニューヨーク植物園などで園芸療法や園芸術を教えている、ジョン・バーンさんは話します。

「植物があると心休まるのは当然のことです。私たちは長い間、植物によって心身ともに満たされてきたんですから」

4. 達成感を味わえる

5-3

別の研究では、介護施設に住む住民に植物を植えてもらい、お世話の仕方を教えたところ、生活の質(QOL)が向上したと言います。

研究者は、これは達成感や、植物に愛着を感じたことによるものではないかと指摘します(なかには、植物に話しかけたり歌を歌ったりした人もいたんだそう)。

「人は自分主導で何かを行うと、それを成し遂げたときに自尊心が生まれます」とニューヨーク大学のラスクリハビリテーション研究所の園芸療法部長、グウェン・フリードさんは言います。

「私の経験では、植えるところから始めると、より手をかけて育てるようになります。何かを育てるというのは人生経験のひとつですし、喜びをもたらしてくれます」。

思いっきり大きな声で歌いながら、リビングの植物にお水をあげてみては?

植物ならどんなあなたも受け入れてくれますよ。

5. ストレスを忘れさせてくれる

6-2

「植物を植えて積極的にお世話をすると、面倒でストレスフルな問題を忘れることができます。今現在に集中することができるんです」とアルトマンさん。

「精神的に満たされるので私たち自身に有益なのはもちろんですが、お世話をすると植物も喜びます。そうするとよく育ち、身体にもいい影響を与えてくれるんです」

ガーデニング初心者におすすめの植物ですが、光を多く取り込む部屋の窓辺には多肉植物が、適度な光の一般的な部屋にはフィロデンドロンがいいでしょう、とアルトマンさん。

始めはうまくいかずに死なせてしまうかもしれませんが、大丈夫。またチャレンジすればいいんです。一流の庭師や園芸家だって失敗から学んできたんです。間違えながら少しずつ育て方を覚えていくんです」

6. 生産性の大幅アップが期待できる

7-2

デスクの上に多肉植物を置くと、仕事もはかどるかもしれません。

イギリスのエクセター大学が行った研究によると、何もなかったオフィスに植物を置いてみたところ、従業員の生産性が15%もアップしたんだとか。

「植物は以前から(そして今も)人間の生存にとって欠かせないものなんです」とアルトマンさん。

「こうした植物との本能的なつながりが、ストレスの緩和や安心感・幸福感の向上に表れています。個々の創造力や集中力アップにもつながっているんです」また、『Journal of Environmental Psychology』で発表された研究によれば、大学生に難しい認知的作業に取り組ませたところ、オフィスに植物を置いた場合の方が置かない場合より集中力が長く続いたんだそうです。

7. 回復を促してくれる

8-2

「植物と親密な関係を築くことで、病気や怪我の回復が早まる場合もあります」とアルトマンさんは言います。

「植物に囲まれることで、自然で生き生きとした安らぎの場所を作ることができ、安心感が得られます」

実際、カンザス州立大学の研究では、部屋に植物がある患者の方がそうでない患者よりも、鎮痛剤の量が少なくて済み、血圧や心拍数も低かったという結果が出ています。

さらに、手術後の不安感や疲労感も少なかったと言います。

なかには身体的な治癒効果をもたらしてくれる植物もあり、例えばアロエベラは日焼けなど皮膚の炎症を抑えるのに効果的です。

8. 病気の治療や健康改善にも役立つ

9-2

植物を育て世話をすることは、園芸療法の治療プロセスにも活かされています。

「園芸療法では植物の力を借りながら、回復までの道筋を整理して健康治療計画を実施していきます。治療を受ける方が達成できる測定可能な目標を、専門家と一緒に作成していきます」とバーンさん。

「治療チームが患者の抱える苦労や課題、障害を特定しますが、この目標が後々、その克服に役立ちます」

アメリカ園芸療法協会は、園芸療法は心の病(PTSDなど)、身体的な問題(失ったスキルを取り戻すなど)、さらには仕事上の課題(問題解決能力など)の解決に役立つとしています。植物の水やりが面倒に感じることもあるかもしれませんが、そんなときは植物が与えてくれるさまざまな恩恵を思い出してみてくださいね!


あわせて読みたい

レモングラスの香りで脳の血流量アップ。体に届くアロマの力とは?

ほっと一息。デスクに置きたい“使える”癒しグッズ10選

観葉植物をおすすめする理由


Image: Shutterstock.com

マイロハスより転載(2019.08.14)

Seina Ozawa(翻訳)

swiper-button-prev
swiper-button-next