特集
カテゴリー
タグ
メディア

Instagramで間違って送信してしまったメッセージを削除する方法

Instagramで間違って送信してしまったメッセージを削除する方法
Image: Pexels

数週間前に友だちと音楽フェスに行った時、Instagramのストーリーを見て、それからスマホをポケットに入れました。

しばらくしてスマホを取り出した時に、どうやら友だちの牡蠣のプレートが写った写真を、全く関係ない友だちにDMで送ってしまったらしいと気づきました。

ご想像の通り、そのDMを受け取った友だちは、私の友だちRhiannaを知らないのに、そんな写真が送られてきて少し戸惑っていました。

それに、シアトルでRhiannaが楽しんでいた牡蠣は確かにおいしそうでしたが、その写真を知らない人にシェアしていいと言われていたわけではありません。

誤送信したメッセージは簡単に削除できる

InstagramのDMの画面
Screenshot: Instagram/ E. Price

喜ばしいことに、私みたいにInstagramでうっかりメッセージを送ってしまったとしても、そのメッセージは削除することができます

できれば、その送信相手がメッセージを見る前が望ましいとは思いますが。

メッセージを削除するには、削除したいメッセージを長押しすると、「コピー」と「送信を取り消し」の小さなポップアップが表示されるので、「送信を取り消し」をタップするだけです。

すると、別のポップアップが表示され、メッセージの送信を取り消すかどうか確認されます。そこで「送信を取り消し」もしくは「キャンセル」をタップすれば完了です。

InstagramのDMを削除する時のポップアップ画面

メッセージを送信した事実は残るのでご注意を

1人だけでなく、チャットに参加している全員の画面からメッセージは削除されます。

また、削除したメッセージは、あなたがメッセージを削除したというメモに置き換わります

なので、どんなメッセージを削除したのか厳密にはわかりませんが、受信者はメッセージが一旦送られたということはわかります。

また、間違って送信したメッセージを受信相手がすでに見てしまった場合は、チャット内からメッセージが削除されるだけです。

間違って送信したメッセージを削除して証拠隠滅をしたり、その後恥をさらさないようにすることには役立ちますが、それを未然に防ぐことはできませんよ。

あわせて読みたい

Instagramのストーリーを親しい友達だけにシェアする方法

インスタで間違って「いいね!」してしまったときの対処法

心理学のプロが勧める、SNSとの賢い付き合い方


Photo: Pexel

Screenshot: Lifehacker US

Emily Price - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next