特集
カテゴリー
タグ
メディア

「ストーリー」を価値に。古材から生まれる、唯一無二の空間

MugendaiMugendai

「ストーリー」を価値に。古材から生まれる、唯一無二の空間
Image: Mugendai(無限大)

一時は「新築信仰」と揶揄されるほどだった日本の住宅事情ですが、近年の人口減少による空き家の増加や、環境に優しい暮らし方の広がりなどで、リノベーションも注目されるようになっています。

IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)では、住居や店舗の解体現場に出向き、剥いだ古材や古家具を販売するという事業を展開する人が登場。古材が持つ価値や、空間の魅力について語られていました。

ただカッコいいだけではない。思いや歴史が詰まっているからこそ意味がある

ロングインタビューに登場していたのは、解体に伴う廃棄物の削減や資源の有効活用といった事業を展開する、ReBuilding Center JAPAN(以下、リビセン)代表の東野唯史さん

リビセン設立前から、古材を利用した店舗デザインを手掛けていたという東野さんでしたが、その頃は古材を「デザイン性がある、ただのかっこいい木材」としか見ていなかったといいます。

その考え方が変わり、「古材の本当の価値」に気づいたのが、とあるゲストハウスの建築時。材料として、施工メンバーの友人が営んでいた酒屋さんの古材を使うことになった際、「人の思いや歴史が詰まった古材だからこそ、ここで使う意味がある」と感じたのだそう。

「ストーリー」を価値にする。「古材」から「空間」を生み出すデザイン思考
Image: Mugendai(無限大)

来る者拒まず。リビセンを支えるたくさんのサポーターたち

「解体現場に出向き、古材を剥ぐ」と言われても、素人にはなかなか想像しにくい部分もあります。記事では、リビセンの活動体制として3つのチームが紹介されていました。

まず活動のベースになるのが、Builders Centerと呼ばれるチーム。古材や古道具の販売や提供を担っています。

一方、事務所に併設されたカフェやワークショップなどを通じ、リビセンの考え方を広める活動を行っているのが、Culture Center。古材の可能性を探り、空間のデザインなどを手掛けるのがDesign Centerとなっています。

そして、リビセンの体制において最も特徴的といえるのが、「サポーターズ制度」と呼ばれるもの。これは、リビセンの仕事に参加できるボランティア制度という位置づけだそう。

日本で「ボランティア」と聞くと、災害時など特別な時の活動というイメージが強いですが、東野さんは「もっとカジュアルに関わって欲しい」と考えているそうで、アメリカでの事例を挙げつつ以下のように語っています。

ポートランドのリビセンには、年間3,000人くらいのボランティアが参加しています。だからあれだけの物量を低価格で販売でき、援助を受けずにNPOとして自立できている。その背景には、アメリカにおけるボランティア意識――休日に時間があるからちょっとボランティアに行こう、古材の釘を抜いたり、古材の加工を手伝ったりしたら、自分も技術を身につけられる――みたいな、ワークショップ的な考え方で気軽に活動する文化があると思います。

すでに年間200~300人の方がこのサポーター制度に参加しているそうで、「やってみたい」という人を拒まない、受け皿的な役割を果たしています。

まとっている空気感が違う。「いい空間」とは「愛されているかどうか」

「ストーリー」を価値にする。「古材」から「空間」を生み出すデザイン思考
Image: Mugendai(無限大)

インタビューでは、東野さんが目指す理想についても語られています。それが「いい空間」づくり。

当初は「隅々まで所有者の意識が反映されている空間」を「いい空間」だと考えていたという東野さん。今では「愛されているかどうか」というシンプルな判断基準になったといいます。

東野さんいわく、お店であれば店主、家なら住人に愛されている空間は、まとっている空気が心地よくその人の意思が伝わってくるといい、ご自身の経験を振り返って以下のように述べています。

ポートランドのリビセンを訪れた時に、最高に「いい空間」だと感じたんです。(中略)お店を構成する看板一つにも試行錯誤の過程が見えて、「こういう事を伝えたくて、こういう解決策を出したんだな」ってことが読み取れる空間だったんです。「いい空間」ってやっぱり、そういう愛みたいなものが伝わってくるのです。僕は、「いい空間」のお店や施設を作ることは、いい街やいいコミュニティにつながる第一歩になり得ると思っています。

「古材」というテーマで、新しい価値を提供しようとする東野さんの思い。他にも、今後醸成していきたいという「Cultue」の話など、続きはMugendai(無限大)よりお楽しみください。


Image: Mugendai(無限大)

Source: Mugendai(無限大)

渡邊徹則

swiper-button-prev
swiper-button-next