特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

2時間かけて抽出する水出しコーヒーサーバーで、QOLを高める【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
2時間かけて抽出する水出しコーヒーサーバーで、QOLを高める【今日のライフハックツール】
Photo:藤加祐子

コーヒー好きにとっては、暑い夏のアイスコーヒーにもこだわりたくなるもの。

喫茶店にある水出しコーヒーサーバと同じ「滴下式」の家庭用を探していたところ、iwakiウォータードリップコーヒーサーバー』を見つけたのでレビューします。

コーヒー豆に水を染み込ませるのがポイント

190819_waterdripserver_02
Photo:藤加祐子

『ウォータードリップコーヒーサーバー』では一度に約450ccの水出しコーヒーが抽出できます。

まず、フィルターカップにコーヒー豆を40g入れポットにセットします。

コーヒー豆を湿らせるために、約40ccの水をゆっくり注ぎ入れます。計量カップを使うと良いでしょう。

コーヒー豆から細かい泡が出てきたタイミングで、ゆっくりと撹拌します。このとき、フィルターを突き破らないよう、そっとかき混ぜるのがコツです。

水タンクをフィルターカップの上にセットし、450ccの水を注ぎ入れて蓋をします。

じっくり2時間で抽出完了

190819_waterdripserver_03
Photo:藤加祐子

写真はコーヒーが抽出される様子です。

下から覗いたときに、フィルターの中央から滴り落ちる状態がベスト。脇の方からコーヒーが出てきたら、コーヒー豆がフィルターカップの中で偏っている可能性があります。

一度水タンクを外して、コーヒー豆を平らにならしてから、抽出を再開させましょう。

190819_waterdripserver_01
Photo:藤加祐子

約2時間で約450ccの水出しコーヒーができあがります。

ポットごと電子レンジで温めてホットコーヒーも楽しめる

190819_waterdripserver_04
Photo:藤加祐子

『ウォータードリップコーヒーサーバー』のポット部分は耐熱ガラスのため、そのまま電子レンジで加熱できます。

水出しコーヒーは脂肪分の溶け出しがないため酸化しにくく抽出後1~2 日はクリアな味が楽しめます。

また、渋みも少なく温めれば香り豊かなホットコーヒーとして一年中楽しめる抽出方法といえます。

喫茶店の味わいが自宅で楽しめるとあれば、抽出を待つ時間も楽しめるコーヒーツールといえるでしょう。お休みの日に楽しんでみてください。

あわせて読みたい

累計販売数3万台! 世界初、360°回転し、ハンドドリップを自動で行うコーヒーメーカー

忙しい朝に時短できるコーヒードリッパー。何度もお湯を注ぐ必要ナシ【今日のライフハックツール】

抽出時間はたった20分! 水出しコーヒーが時短で美味しく作れるコーヒーメーカー

Photo: 藤加祐子

Source: ウォータードリップコーヒーサーバー|iwaki

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next