特集
カテゴリー
タグ
メディア

赤ちゃん服にまつわる「あるある対策」|不要になったロンパースは、Tシャツとして活用?

赤ちゃん服にまつわる「あるある対策」|不要になったロンパースは、Tシャツとして活用?
Image: Africa Studio/Shutterstock.com

赤ちゃんに洋服を着せるのは楽しいものです。

しかし、この時期は一筋縄でいかないこともあります。赤ちゃんの洋服に関するよくある問題を解決する賢い方法をいくつかご紹介しましょう。

ロンパースによくある問題解決法

1. 大きくなって着られなくなった足つきロンパース(高価でないもの)の場合

ロンパースとは、トップスとボトムスが一体型になった赤ちゃん服によくあるもの。この場合、足の部分を切り取ってしまいます。

足先の部分がなければ、少なくともあと数ヶ月は着られます。

私も、子どもに合わなくなってきた何着かの足つきロンパースの足の部分を、まさに切り取ろうと思っているところです。夏ですから、赤ちゃんの足も見たいですよね。

2. 大きくなって着られなくなったロンパースの場合

下の「股」の部分を切り取って、Tシャツにしましょう。

切りっぱなしにしてもいいですし、アイロンテープを使ってリ、ミシンできれいに縫ってもいいです。

3. オムツが漏れていて、ロンパースを着ている場合

ロンパースを頭からではなく、下から脱がせます。

肩についている小さなフタのような重なった部分のおかげで、赤ちゃんの顔や髪はきれいなままです。目からウロコですよね?

赤ちゃん服ににまつわるあるある対策

4. 歩き始めた赤ちゃん転ばないようにしたい場合

赤ちゃんの靴下や、足つきパンツ、足つきパジャマなどの足裏部分に滑り止めをつけましょう。

赤ちゃんがうつ伏せに倒れなくてすむはずです。

5. 赤ちゃんが服を脱ぎたがる場合

チャックの付いているパジャマは後ろ前に着せます(そうすればタグが前にきます)。

赤ちゃんは違いに気づかないと思いますが、素っ裸になった赤ちゃんが廊下を走り回ることはなくなるでしょう。

もしくは、パジャマの上にTシャツを着せるというのもありです。


あわせて読みたい

「自立する子」を育てるおもちゃ5選:モンテッソーリ教育者に聞いてみた

子どもに「時間ではなく回数」を伝えると、行動はどう変わるのか?


Image: Africa Studio/Shutterstock.com

Source: Amazon.com, Buzz Feed

Michelle Woo - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next