特集
カテゴリー
タグ
メディア

還元率は最大10%! 家族旅行に強い高還元クレジットカードとは?

還元率は最大10%! 家族旅行に強い高還元クレジットカードとは?
Image: Kamil Macniak/Shutterstock.com

飛行機代、ホテル代、現地での食費。

8月の夏季休暇に想いを馳せる一方、旅費に頭を悩ましている人も多いのではないでしょうか。家族で旅行で行く場合は、なおさら費用に敏感になるはず。

もちろん、安いホテルに宿泊したり、格安航空券を探したりするのも旅費を下げる方法ではありますが、意外と盲点になりがちなのが、クレジットカードの特典

国内外の旅行に強いクレジットカードを活用すれば、ホテル代やレンタカー代をお得に予約できるんですよ。

Booking.comカード」でホテル代が6%OFF

ホテルにチェクインする女性
Image: Monkey Business Images/Shutterstock.com

▼基本情報

年会費:永年無料

国際ブランド:VISA

旅行保険:最高2500万円

Booking.comカード」は、三井住友カード株式会社とBooking.comが提携・発行しているお得なクレジットカード。

ご存じの人も多いかもしれませんが、Booking.comとは、世界最大の宿泊予約サイト。日本国内のホテルを多数扱うだけではなく、世界中のありとあらゆる種類のホテルを取り扱っています。

そのBooking.comでホテルを予約する際、Booking.comカードを使うことで最大6%のポイントが還元されます。その内訳は、以下の通り。

  • 通常のカード利用で100円ごとに1ポイントが還元
  • Booking.comでホテルを予約して現地でクレカ払いを選択すると、100円ごとに5ポイントが還元

なんと、合計6ポイントが100円ごとに還元される高還元クレジットカードなんです。

1万円のホテルを予約すると600ポイント、2万円のホテルを予約すると1200ポイントも還元。年会費無料のカードとしては、この還元率の高さはいい意味でショックです。

さらに言えば、ホテル代が高いほどポイントの還元も増えるため、家族旅行にぴったりのクレジットカードと言えるでしょう。

たとえば、4人家族で4泊5日のハワイ旅行に行ったとします。ホテル代が4泊で10万円だとすると、6000ポイントが付与される計算です。これが通常のクレジットカード(1%の還元)とすると、1000円のポイント還元。その差は5000ポイントにもなります。

さらに小さいお子さんがいる家庭は、友人や従兄弟と一緒に旅行に行くことも多いでしょう。ホテル代をまとめてBooking.comカードで支払えば、より多くの還元を受けられます。

このようにホテル代が高くなればなるほど還元されるポイントも高く、Booking.comカードは家族旅行の負担を少しでも下げてくれるお財布に優しいクレジットカードと言えます。

家族旅行によく行く人、家族の人数が多い人は、この夏の旅行に向けてBooking.comカードを検討する余地は十分あるでしょう。

>>Booking.comカードの申し込み・詳細

レンタカーが予約時点で8%OFF

shutterstock_759017260
Image: Soloviova Liudmyla/Shutterstock.com

ただ、割引対象がホテルだけではないのが、Booking.comカードのすごいところ。なんと、レンタカーの比較サイト「Rentalcars.com」の価格から、さらに8%の割引を受けられます。

「Rentalcars.com」は、日本国内を含め163ヶ国800のレンタカー会社と提携。

サイトをチェックしてみたところ、タイムズカーレンタル、日産レンタカー、オリックスレンタカーなど国内の主要レンタカー会社が登録されていました。

それに加えて、海外163ヶのレンタカー会社とも提携。海外で車移動を希望する人は、事前に「Rentalcars.com」で予約しておくと現地で車を探す手間が省けるでしょう。加えて、8%割引も受けられるというんですから、Booking.comカードのお得さを実感します。

最高2000万円の補償

旅行保険
Image: William Potter/Shutterstock.com

海外国内旅行傷害保険は、三井住友VISAカードのクラシックAと同等の補償がついています。

Booking.comカードの海外旅行傷害保険一覧

担保項目保険金額
傷害死亡・後遺障害合計最高2000万円
自動付帯分300万円
利用条件分1700万円
傷害治療費用(1事故の限度額)-100万円
疾病治療費用(1疾病の限度額)100万円
賠償責任(1事故の限度額)2500万円
携行品損害(自己負担:1事故3000万円)
(1旅行中かつ1年間の限度額)
20万円
救援者費用(1年間の限度額)150万円

海外旅行中に、病気や事故に巻き込まれないとは誰にも言えません。もし海外で病院に入院すると、高額な医療費を請求され、その後支払いに困るというのはよくある話。

もしそれでも、保険にお金を払いたくないという人は、Booking.comカードの海外旅行傷害保険に注目です。

この保険、傷害死亡・後遺障害で最高2000万円が支給されます。

ただ内訳に注意が必要。自動付帯300万円、利用条件分が17000万円となっています。自動付帯とは、旅費をBooking.comカードで支払わなくても、対象になる補償。

利用条件分は、Booking.comカードで旅費を支払わなければおりない補償となっています。勘違いをして、「2000万円おりると思っていた」とならないように注意しましょう。

さらに、旅行中に一番気を使うのが、傷害治療費用や疾病治療費用。もし事故や病気で病院に行った場合に対象となる補償です。これが、それぞれ100万円ずつついています。仮に風邪をこじらせて病院に行ったとしても、100万円までは補償してくれるというわけですね。

ただ、これはあくまでも保有者のみ対象の保険。家族分の保険は、別でかける必要があります。

Booking.comカードの国内旅行傷害保険一覧

担保項目保険金額
傷害死亡・後遺障害合計最高2000万円
自動付帯分300万円
利用条件分1700万円
入院保険金日額--
通院保険金日額--
手術保険金--

国内の場合は、傷害死亡・後遺障害のみが補償の対象です。自動付帯分、利用条件分はそれぞれ、海外旅行傷害保険と同等となります。

先着5万名のみGenius会員にアップグレード。世界各国の人気宿泊施設10%OFF

ここまでお得な特典を紹介してきましたが、Booking.comが現在キャンペーンを実施中です。先着5万名のみ、Genius会員にアップグレードされるというのです。本来は5回以上Booking.comでホテルを予約し宿泊しなければ、Genius会員になれないというのに…。

このGenius会員、無料にも関わらずメリットが大きいサービスです。たとえば、Geniusマークが付いたホテルの一部プランが10%OFFに。ポイント還元ではなく、現金値引きというのがいいですね。さらに、レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの無料特典を利用できます。

家族がいると、ホテルで遅くまでゆっくりできるレイトチェックアウトは嬉しいサービス。さらに、無料空港送迎やウエルカムドリンクも、気を使う海外ではあると少し気を緩められるもの。何より子どもにちょっと胸を張れるかも(笑)。

Genius会員は無料でなれるので、とりあえずBooking.comのカードだけでも申し込んでおいてはいかがでしょうか? そうそう、先着5万名さまということはお忘れなく。

>>Booking.comカードの申し込み・詳細


Image: Shutterstock.com(1, 2, 3

Source: Booking.comカード, Rentalcars.com

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next