特集
カテゴリー
タグ
メディア

炭酸もジュースもOK! 36時間保冷する真空断熱ボトルでビールがどこでも楽しめる

  • カテゴリー:
  • TOOL
炭酸もジュースもOK! 36時間保冷する真空断熱ボトルでビールがどこでも楽しめる
Image: Amazon.co.jp

日中35℃を超える日もめずらしくないこの頃、熱中症対策としても飲み物は欠かせません。

できれば冷たいドリンクを持ち歩きたくなるもので、保冷ボトルが活躍してくれますよね。特に暑い日に飲む炭酸飲料は格別。でも、普通の保冷ボトルって炭酸飲料って入れられないんです。

そんな常識をくつがえしてくれたのが、REVOMAX(リボマックス)の「VACUUM INSULATED FLASK(version 2)」。保冷効果が非常に高く、炭酸飲料やジュースまで幅広く使える真空断熱ボトルなんです。

これなら、サイダーなどの炭酸飲料はもちろん、なんと! ビールやハイボールまで持ち歩けてしまいます。

秘密はキャップにあり

20190806_bottle2
Photo: 今井麻裕美

「VACUUM INSULATED FLASK(version 2)」の特徴は、特許構造によるキャップの形状にあり。

開けるときは、親指と人差し指と中指で3つのボタンを同時に押します。このとき、液体からボトル内に充満している炭酸ガスをプシュ!と抜くことができるんです。

そのため、普通のボトルのようにボトル内部に溜まったガスによる内圧で飲み物が噴き出したり、キャップが開けられなくなったりすることもありません。つまり炭酸飲料を安心して持ち運べるというわけです。

Image: Amazon.co.jp

閉めるときは、人差し指でリングをひっぱるだけでOK。カチっとしっかり閉まるので安心です。ワンタッチで手早く開け閉めできるうえ、閉め方がゆるくてバッグの中が濡れてしまった…なんてこともなくなります。

ちなみにキャップは3つのパーツに分解でき、洗うのも楽なので清潔に使えるのも嬉しいところです。

保冷なら最大36時間、保温なら最大18時間キープ

Image: Amazon.co.jp

また、密閉性が高い構造なので、最大36時間の保冷時間と最大18時間の保温時間を実現。2日前の氷が溶け残っている、なんてことも。

朝にいれた温かいコーヒーを夜まで適温で楽しめるので、年中活躍してくれそうですね。

サイズは3種類。シチュエーションに合わせて選べる

Image: Amazon.co.jp

サイズは355ml592ml946mlの3種類。デザインもシンプルなので、年齢や性別問わず、さまざまなシチュエーションで使えるでしょう。

お子さんには、炭酸のジュースを入れてあげたら喜びそうですし、大人ならやっぱりビールシャンパンといったお酒を入れられるのは嬉しいですよね。

そして、旅行の際の長距離移動やキャンプやアウトドアなどでも活躍間違いなしです。

冷たい炭酸飲料をはじめ、さまざまなドリンクが気軽に持ち運べて、長時間冷たいままキープ可能。大きなクーラーボックスに氷を詰めるよりもコンパクトになり、荷物も軽くできるでしょう。

少しでも身軽にして、より楽しい時間を過ごしましょう!

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Photo: メディアジーン メディアコマース

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

今井麻裕美

swiper-button-prev
swiper-button-next