特集
カテゴリー
タグ
メディア

睡眠トラッカーは週ごとにチェックする|より良い睡眠を得る秘訣

睡眠トラッカーは週ごとにチェックする|より良い睡眠を得る秘訣
Photo: Gregory Pappas

どれくらい眠れたかを知るために、毎朝FitbitやApple Watchをチェックしている人は、控えめに言って今すぐやめた方がいいと思います。

そのようなデータを利用するよりも、もっといい方法はありますし、少しの間そういうデータを見ないという方法もありです。

実はそんなに正確じゃない

毎日睡眠データをチェックすることには2つの問題があります。まず、睡眠トラッカーは思っているほど正確ではありません

睡眠トラッカーは、ベッドの上でユーザーが動かなかった正確な時間を大まかに教えてくれますが、睡眠がどのくらい「深い」とか「質がいい」というようなことは教えられません。

また、ユーザー個人が、1日にどのくらい睡眠時間が必要なのかもわかっていません。

心理的に良くない影響も

2つ目に、アプリの数字を見ると心理的な反応があります。

たとえ実際には十分な睡眠だったとしても、「良く眠れなかった」と思ったら、自分は疲れているとか、体がだるいのだ、と独り合点するかもしれません。

早合点する前に、実際に自分がどう感じているのかを考えてみましょう。

週ごとに計測するのがベスト

睡眠科学研究者のRaphael VallatがThe New York Timesに語っているように、睡眠トラッカーの最適な使い方は毎週測ることです。

「平均して7〜9時間眠っているか?」「週末泊まりに行った週は、あまりよく眠れていない?」「週のうち、一晩ぐっすり眠るのが特に難しい特定の日や時間はあるか?」など、全体の傾向を見ましょう。

情報は実用的なので、週全体の概要を見るのが1番いいのです。朝に睡眠トラッカーをチェックしても、その情報を活かしてできることが何もありません。

ですが、週全体のデータを見た後は、翌週のスケジュールや就寝時間を事前に変更することもできますよ。

あわせて読みたい

睡眠トラッカーでわかること、わからないこと

Apple Watchで睡眠の質を高める4つのコツ

睡眠トラッカーが気になって眠れないときに覚えておきたいこと

睡眠トラッカーが引き金? 完璧を求めすぎて不眠になっていませんか


Photo: Gregory Pappas

Source: The New York Times

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next