特集
カテゴリー
タグ
メディア

冷凍から常温に! 完全栄養パン「ベースブレッド」がリニューアルしてより食べやすくなった

Sponsored By ベースフード株式会社

冷凍から常温に! 完全栄養パン「ベースブレッド」がリニューアルしてより食べやすくなった
Photo: 島津健吾

時間に追われる毎日、つい朝食やランチを抜いていませんか? 朝食を食べるべきかどうかは体質にもよりますが、生産性を保ったり、集中力をキープしたりするためには基本的には何かを口にしたほうが良いでしょう。

いっぽう「そんなことを言っても、食べる時間がない」という気持ちもよくわかります。それなら完全栄養パン「BASE BREAD(ベースブレッド)」というのはいかがでしょう? これまでライフハッカー[日本版]でも、栄養が手軽に補給できる革新的な食品として何度かご紹介してきたパンなのです。

今回は、そんなベースブレッドが新しくリニューアルされたので、改めて詳しくご紹介したいと思います。

冷凍ではなくなった「ベースブレッド」

DSC04419
Photo: 島津健吾

ベースブレッドは、1日に必要な栄養素の1/3がすべて摂取できるパン。全粒粉やチアシード、昆布などをブレンドし、従来のパンより糖質35%OFFを実現しています。このパン1つで栄養が取れるとあり、朝食をとる時間がない忙しい人にとっては頼れる存在です。

ただ、発売当初は冷凍状態のみでの販売という制限があり、「冷蔵庫に入りきらない」「職場に持っていけない」と言った不満もありました。今回もっともリニューアルされたのが、この保存状態。冷凍ではなく、常温保存ができるようになったのです。

このおかげで、いつでもどこでも持ち運びができ、手軽に栄養を摂れるようになりました。私も冷凍のベースブレッドは定期的に食べていたほうがですが、やっぱり冷凍スペースの少なさからか、邪魔に感じることもしばしばありました。だから、このリニューアルは大歓迎です。

味は?食べ方は?どう変化したか

DSC04424
Photo: 島津健吾

実際にベースブレッドを食べてみることにしました。常温保存なので、袋を開けたらすでに食べられる状態。冷凍ではなくなくなった分、時間がなければそのまま袋を開けてすぐ食べられるのがメリット。これはリニューアルでよくなったポイントですね。ただ、電子レンジで50秒温めたほうが美味しくいただけるのは確か。

DSC04436
Photo: 島津健吾

食感はベースブレッドらしいモチモチ感はある一方、冷凍の時よりもパサパサ感が増えた気がします。あくまでも個人の感想ですが、食感は前のほうが良かったような?

ちなみに、ベースブレッドを2つ食べて1食分の栄養が取れるのですがモチモチふわふわなので、女性であれば1つでお腹いっぱいになるくらいお腹にたまります。腹持ちも良くて、ランチタイムをずらしてもいいくらい。それくらいお腹いっぱいになります。

常温保存で賞味期限が約1カ月

DSC04447
Photo: 島津健吾

味については、ベースブレッドらしい穀物の味がして特に何もつけずに食べられます。冷凍の時とは味は変わらず、個人的には好みの味と言えます。とてもさっぱりしていて、朝食にふさわしい味です。糖質も少ないので、食べた後に眠くなる心配もなし。午前中を生産的に過ごしたいときは、割と好んで食べています。

基本的にバターをつけて食べていますが、ピーナッツバターとも相性がいいのでオススメです。賞味期限も1カ月持つので、1週間分ほどストックしておいて、寝過ごした時に食べるといいかもしれませんね。

新しくなったベースブレッド。この分野では一歩飛び抜けた感があるクオリティです。ぜひ体験してみてください。

>>完全栄養パン「ベースブレッド」の詳細はこちらから

Photo: 島津健吾

Source: BASE FOOD

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next