連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Amazon's Choice」は信用できない

  • カテゴリー:
  • TOOL
「Amazon's Choice」は信用できない
Image: Worawee Meepian/Shutterstock.com

Amazonで買い物をしていて、「Amazon's Choice」というラベルの付いた商品を見かけたことはありませんか?

どうやら、このラベルにはほとんど意味がないようです。

Amazonによると、このラベルはアルゴリズムにもとづいて自動的に付与されるのだそうです(レビューと価格を考慮しているらしい)。

しかし、レビューが必ずしも信頼できるとはかぎりません。レビューは簡単に操作や偽造が可能です。

また、Amazonの中の人が「Amazon's Choice」を選ぶのではなく、アルゴリズムに基づいて自動で決まるのであれば、品質管理はほとんどされていないということです。

Amazon's Choiceが付いた商品にも欠陥商品がある

先日Buzzfeed Newsが、この仕組みにせいで、Amazon's Choiceにどのような問題が生じているかをレポートしていました。

AmazonユーザーのR.D.さんは、欠陥商品であったペットの抜け毛用掃除機に、星1つのレビューをつけた。

ところが、払い戻しを受けた後、レビューが本人の同意なしに取り下げられてしまった。

R.D.さんは、この事態をAmazonに報告し、レビューの復元を求めた。

ところが、Amazonから返答はなく、再度レビューを書き込もうとするも、承認されなくなってしまった。

その掃除機には高評価のレビューが何件もついていて、Amazon's Choiceに選ばれていました。この一件で、私は本当に心がかき乱されてしまいました」とR.D.さんは語っている。

言い換えれば、Amazon's Choiceが付いた商品にも欠陥商品があるということです。

Buzzfeed Newsが、Amazonで販売されている、子供用体温計、フラスコ、飲酒検知器、犬の首輪など数十種類の商品のレビューをチェックしたところ、すべての商品において、品質不正や、レビューの操作、まったく別の商品に関するレビューなどが見つかったそうです。

無料で商品をもらった人が書いたレビューばかりのことも

Amazon's Choiceのラベルが、レビュー件数が少ない商品に付いていることもあります。下の商品は、Amazon's Choiceに選ばれているゲーム用モニターです。

20190626-amazonschoice02
Image: Amazon

15件のレビューがついていますが、そのうち2つは「批判的」あるいは「否定的」なレビューです。

さらに詳しく調べてみると、肯定的なレビューのうち7件は、Amazonの「Vine先取りプログラム」の参加者によって書かれたものでした。

つまり、Amazonによって「精査」され、無料(収入として課税対象にはなるとはいえ)でこのモニターを受け取った顧客たちです。

だからといって必ずしもその人たちのレビューが信頼できないというわけではありませんが、バイアスがかかっていると疑われても仕方がないでしょう。

Amazon「ふさわしくない商品はAmazon's Choiceから外すつもり」

もう一度言いますが、この商品にはレビューが15件しかありません。Amazonの承認スタンプが押されるには明らかに少なすぎる件数です。

奇妙なことに、この商品には2つのバージョンが存在します。1つは「Amazon's Choice」のラベルがついたもの、もう1つはついていないものです(それ以外はまったく同じ)。

AmazonはBuzzfeed Newsへ以下のように説明しています。

私たちが2015年にAmazon's Choiceを始めたのは、Amazon検索で人気のある分野で、すぐに発送ができて、評価が高く、お求めやすい価格の商品をハイライトすることで、ユーザーの皆さまに買い物をしやすくする手段を提供しようと考えたからです。

さらに、推薦するにふさわしくない商品が見つかったら、ラベルを削除すると語っています。

防衛策は否定的なレビューを見ることだけ

それでは、「Amazon Choice」に頼らずにどうやって買い物をすればいいのでしょうか?

以前紹介したように、レビューに批判的な目を向けてください。ほかのレビューと著しく異なる評価をしているレビューや、肯定的(あるいは否定的)な一行コメントがたくさんある場合は、慎重に見極める必要があります。

また、参考にするのは「Amazonで購入」ラベルのついたレビューにしましょう。そのほうが、実際の購入者が書いた可能性が高くなります。

また、Redditも優れた情報源の1つです。購入を検討している商品をRedditで検索してみましょう。商品の実際の品質や信頼性が推し量れる情報が見つかることでしょう。

あわせて読みたい

Amazonの「ベストセラー」が信用できない場合もある理由

Amazonのレビューが信用できなくなった理由


Image: Amazon, Worawee Meepian/Shutterstock.com

Source: Buzzfeed News, Amazon.com

Josh Ocampo - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next