特集
カテゴリー
タグ
メディア

Googleマップで満員電車を見分けるコツ

  • カテゴリー:
  • TOOL
Googleマップで満員電車を見分けるコツ
Image: testing/Shutterstock.com

公共交通機関を頼りにしている人はたくさんいますが、通勤ラッシュの時は散々です。

さらに悪いことに、交通事故や道路工事、その他機械の故障などで遅延し、通勤に使っている交通機関がのろのろ運転になることもあります。

Googleマップで交通機関の混雑状況を確認できる

うれしいことに、Googleマップは公共交通機関の混雑状況や遅延を、レストランの待ち時間予測と同じように事前に警告してくれます。

リアルタイムの遅延の更新混雑状況の評価は、最近iOSとAndroidのGoogleマップのアプリで使えるようになりました。

この機能は、世界中の200の主要都市に対応しており、今後も増える予定です。

Googleマップで電車やバスの遅延状況を確認する手順

190709_GoogleMaps_02-1
Image: Lifehacker US

Google Mapsアプリの新しい遅延と混雑状況の見方は以下の通りです。

手順▼

  1. Googleマップアプリを開く
  2. 目的地を入力し、「経路」をタップして、「公共交通機関」のアイコンを選びます。
  3. 表示されたおすすめのルートから、使いたいルートをタップします。
  4. 目的地まで行くのに利用するバスや電車に、遅延や迂回などがある場合は横に表示されます。また、大体の混雑状況も表示されます。人間のアイコンが多く表示されると、それだけ混雑しているという意味です。また、混雑状況の横にある「i」の情報アイコンをタップすると、さらに詳細な情報が表示されます。

都市やルートによってはすべてが最新の情報ではないかもしれない、ということはお知らせしておきます。

Googleのサーバーが更新されていないか、その地域では特定の情報が入手できないからかもしれません。

情報がすぐに追加されるかもしれませんから、アプリをこまめにチェックしてみてください。

あわせて読みたい

Googleの意外な使い方10選

推定1100万件以上? Googleマップには偽の店舗情報が溢れている

駐車場で迷子になる前に、駐車場所はGoogleに覚えてもらえばいい


Image: testing/Shutterstock.com

Source: Google(1, 2, 3

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next