特集
カテゴリー
タグ
メディア

歯周病予防の解決策、磨き残しをなくす方法を歯科医に聞いてみました

Sponsored By 株式会社フィリップス・ジャパン

歯周病予防の解決策、磨き残しをなくす方法を歯科医に聞いてみました
Photo: 大塚敬太

虫歯や歯周病。お口の中のトラブルはできるだけ避けたいもの。それらを予防するには、やはり正しい歯磨きを続けることが効果的です。

「虫歯と歯周病は違う症状ですが、原因はどちらも歯垢(プラーク)です。毎日の正しい歯磨きによって歯垢を除去できれば、虫歯や歯周病の予防、早期であれば歯磨きだけで十分に歯周病を治すことも可能です」

そう話すのは、歯科医師の山口絵美(やまぐち えみ)先生。

しかし、正しい歯磨きを毎日しているのか、不安を感じている人も多いことでしょう。そこで、山口先生に正しい歯磨きの方法を、短時間で効率よく磨ける電動歯ブラシ「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」を使いながら、レクチャーしていただきました。

山口 絵美(やまぐち えみ)

dentist_prof

歯科医師、 東京国際クリニック/歯科 副院長 。東京歯科大学卒業後、東京歯科大学千葉病院総合診療科へ入局。2011年に東京マキシロフェイシャルクリニックにて勤務。同クリニックは15年に東京国際クリニック/歯科と名称変更し、現在に至る。患者の声に耳を傾けながら、歯周病治療や義歯治療など、これまで培った技術と経験を生かして診療にあたっている。

磨き残しをチェックしたら“磨いたつもり”だったことが判明?

philips_01
Photo: 大塚敬太

私たちの口の中には、さまざまな細菌が存在。その数は約1000種類とも言われています。そのまま放置すると細菌が増殖し、細菌の塊である歯垢を除去しないと、歯周病の発症リスクだけでなく、全身疾患に悪影響を及ぼすリスクも高まります。

そこで、一般的な歯ブラシによる手磨きより、歯垢の除去率が高いと言われる電動歯ブラシ「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」とスマホ用アプリ「Philips Sonicare」(以下、専用アプリ)を使って、磨き残し=歯垢のチェックをしてみました。

被験者は、電動歯ブラシ初心者の編集部員。まず、専用アプリを起動して「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」とBleutooth(R)で接続。スマートセンサーがブラシの動きや圧力などの情報をリアルタイムでアプリに送信・連動するので、歯磨きを開始しました。

Bluetooth(R)のワードマークおよびロゴはBluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、Koninklijke Philips N.V.またはその関連会社は、これらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標や商品名はそれぞれの所有者に帰属します。

philips_02
画面左:アプリの使い方や磨き方の説明画面。画面中:ブラッシング時間を目安に、光で囲まれた部分を磨きます。画面右:磨き終わった口腔内の状況を3Dで再現。磨き残しが黄色で表示されるのでわかりやすい。
Image: フィリップス

専用アプリの画面には口腔内のイラストが表示されるので、光で囲まれた部分の外側と内側を磨きます。同様に、磨くエリアを移動して、歯科医が推奨するブラッシング時間を目安に磨いていきます。

さて、専用アプリの画面表示に従って磨いた編集部員。その結果は...

なんと! とんでもなく磨き残しがあることが判明。自分ではちゃんと磨けたと思っていても、それは「磨いたつもり」だったということがわかりました。

正しい歯磨きは、歯周病予防だけでなく、健康維持にもつながる?

philips_03
画面左:山口先生の指導を受けて、改めて磨いてみると、磨き残しがゼロに! 画面右:ブラッシングの時間と圧力を基に、ブラシヘッドの寿命、交換時期を知らせてくれます。
Image: フィリップス

せっかく歯垢除去率が高いと言われている電動歯ブラシを使っても、磨き残しがあっては意味がありません。

しかし、後日改めて「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」で歯を磨いた編集部員は、なんと上画像のとおり歯が真っ白、見事に磨き残しがなくすことができました

その理由は、電動歯ブラシを使った正しい歯磨きについて、山口先生からレクチャーを受けたからでした。では、どのように磨けば、歯垢を取り除くことができるのか、ポイントを整理してみましょう。

口腔内で歯垢が溜まりやすい「三大不潔域」を意識して磨く

「三大不潔域」とは、口腔内でも磨きにくく、特に汚れが溜まりやすい場所。そのため、虫歯や歯周病が発生しやすくなるので、しっかり磨くことが大切です。

・奥歯の噛み合わせの溝(小窩裂溝/しょうかれっこう)

奥歯の噛み合わせ部分にある溝です。効率よくものを噛むためにある溝ですが、ここに汚れが溜まっていきます。奥歯は歯ブラシが届きにくいので、奥歯の上面に歯ブラシをあてて意識して磨くようにしましょう。

・歯間(隣接面)

歯と歯が接触している隣接面(コンタクトポイント)も歯垢が溜まりやすい場所です。一般的な歯ブラシでは、すき間にある歯垢を除去するのは困難です。なるべく毛先が歯間にあたるように意識しましょう。

・歯と歯茎の境目(歯頸部)

歯と歯茎の境目には「歯周ポケット」と呼ばれる、歯垢が溜まりやすい場所があります。歯ブラシのヘッドを歯と歯茎の境目に斜め45度の角度であててしっかり磨きましょう。

電動歯ブラシならではの磨き方をマスターする

一般的な歯ブラシで磨く場合は、歯ブラシをゴシゴシ動かしますが、電動歯ブラシの場合は、ブラシヘッドを歯にあてるだけで磨けます。歯の表面や三大不潔域などにブラシヘッドを数秒あてて、次のエリアに移動します。また、毛先を強く押しつけると歯茎などを傷めてしまうことがあるので、やさしくあてるようにしましょう。

磨き残しをなくすことができた編集部員は、「最初は設定された時間内に歯磨きを終えるのが難しかったのですが、慣れてくるとゲーム感覚で歯磨きができて、楽しくなってきました。専用アプリで自分の歯が白くなったことが確認できるので、気持ちがいいですね」と、上機嫌にコメントしていました。

毎食後に歯磨きをしても、磨き残しがあっては意味がありません。歯垢は自分で除去できますが、そのまま放置して歯石になってしまうと、歯科医院の専用器具で除去してもらわなければなりません。

また、歯垢があることで歯周病のリスクがかなり高まるだけでなく、全身疾患に悪影響を及ぼすリスクも高まります。

「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」と専用アプリを活用して磨き残しを可視化。歯垢を残さない正しい歯磨きを習慣化することで、歯周病予防はもちろん、健康維持にも役立ちます。

手磨きよりも効果絶大! ソニッケアーを選ぶ理由

philips_04
ソニッケアーの大きな特徴である、高速振動(左)、幅広い振幅(中)、音波水流(右)で、効果的に歯垢を除去します。
Image: フィリップス

山口先生のご指導の下、「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」と専用アプリを使って磨き残しをなくすことができた編集部員。歯磨きは、正しく行うことで効果が発揮されるということがわかりました。

しかし、このような好結果をもたらしたのは、「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」の持つ、手軽に歯垢の除去ができる3つの機能を、有効に活用したからです。

1. ブラシヘッドの先端が丸く、高密度植毛となっているため、歯と歯茎にやさしく、歯垢除去率が高い。

2. 約3万1000回/分(※)の高速振動と、広い振動幅で歯垢を徹底的に除去する。

※フィリップス調べ。

3. 音波水流により、歯間や奥歯の外側の歯垢も除去。

手磨きでも電動歯ブラシでも、基本的には歯の表面の汚れや三大不潔域の歯垢が残らないように磨くことが重要。

ただし、手磨きの場合は、しっかり磨くためにはブラシヘッドの使い方(向きやあて方)に技術やコツを要するなど、時間と手間がかかります。

一方、「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」は、歯垢除去を目的に設計されたブラシヘッドで口腔内の多くの歯垢を除去することが可能。しかも、慣れてくれば、2分ほどで歯磨きが完了します。手間も時間もかけずに歯垢が除去できるので、出勤前の忙しい朝の時間でも効率的な歯磨きをすることができます。

ソニッケアーダイヤモンドクリーンスマート」には、ほかにもさまざまな特徴があります。

・付属する4種類(歯垢除去・歯茎ケア・ステイン除去・舌ケア)のブラシヘッドを自動認識して、最適なモードでブラッシング。

・ブラシヘッドを強く押しあて過ぎると本体が光ってお知らせする過圧防止センサー。

・ブラシヘッドの交換時期のお知らせ機能。

・旅行や普段の持ち歩きに便利な、USB充電が行えるトラベルケースが付属。

philips_05
「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」は、ルナーブルー /ブラシヘッドホルダー付(上画像)と、ブラック、ホワイトの3色がラインナップ。
Image: フィリップス

歯科衛生士の使用率が11年連続No.1(※)のフィリップスの「ソニッケアー」シリーズ。それだけ、専門家から見ても、歯磨き効果が高いということの証明です。

※POHC 2018 Dental Professional Tracking Research 調べ。

歯磨きは、何十年も続ける行動習慣です。歯の健康を長い間維持することを考えると、ソニッケアーはコストパフォーマンスに優れた製品と言えます。

紹介した多機能なフラッグシップモデル「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」のほか、一部の機能を省いたエントリーモデル「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーン エディション」もあります。

今までのなんとなくの歯磨きから、口の中を清潔に保つ、手軽で効率的な歯磨きへ。これから何十年も付き合っていく歯の健康と、カラダの健康を保つために、ソニッケアーで口腔ケアをはじめてみてはいかがでしょうか?


Photo: 大塚敬太

Image: フィリップス

Source: ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート , ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーン エディション

三浦一紀

swiper-button-prev
swiper-button-next