特集
カテゴリー
タグ
メディア

「おむつ替えで、おしっこをかけられる」は不可避なのか?

「おむつ替えで、おしっこをかけられる」は不可避なのか?
Image: oliveromg/Shutterstock.com

新米パパとママが知る驚愕の事実――。

それは「男の子のおむつを替えるときは、おしっこをかけられる危険性がある」ことです。

でも、それを防ぐ方法はあります。私が、Facebookグループ「Offspring」で学んだ4つの対策をご紹介しましょう。

体を冷やしておしっこをさせる方法

私が知った中で、危険度が低い方法の1つは、「おむつを外す前に、濡れたおしりふきで赤ちゃんの下腹を拭き、数秒間待ってからおむつを替える」こと。

冷たいおしりふきで拭いて、赤ちゃんのおしっこを促す作戦です。こうすれば、おむつの中でおしっこをするので、かけられる心配はありません。

「冷たい空気作戦」をすすめる人もいます。つけているおむつをいったん開けて、赤ちゃんの下半身を冷たい空気に晒したら、おしっこが出る前に素早くおむつを元のように閉じるのです。

危険を冒す勇気があるなら、Danielさんが提案するように、赤ちゃんの下半身に息を吹きかけてもいいでしょう。

「ちょっと驚く人もいるでしょうけれど、この方法でおしっこを促すことができます」と彼は書いています。

物理的にブロックする方法

単純に、何かでおしっこをブロックする方法を好む人もいます。

タオルや布のおしりふき、トイレットペーパーを重ねたもの、つけているおむつなどです。

ピーピーティピー おしっこブロック」という、このお悩み専用に開発された商品もあります。

あるいは、Jamesさんのように、自分の手のひらでブロックする方法もあります。この方法は、ゴールキーパーのような反射神経が必要かもしれません。

Sarahさんは「赤ちゃんのおちんちんから目を離してはいけません」と忠告しています。

目を離したとたんに大惨事になりますよ。

タイミングを計る方法

タイミングを計る方法もいくつかあります。「目を覚ました直後におむつを替えてはダメです」と書いているのはJamesさん。

(うちの子は)目が覚めたらおしっこをするのがお決まりのパターン。大人でもそういう人は多いですよね。

お風呂に入れるときも、おむつを外すのは最後の最後にしましょう。

私の7カ月の息子は、お風呂に入れると必ずおしっこします。実に規則的です。

とにかく素早く取り換える方法

おむつの替え方だけではなく、替える速さも大切です。

Billさんは次のように書いています。

何といっても重要なのがスピード。おちんちんはできるだけ長い間覆っておき、替えるときは猛スピードで。

鍛えればそのうち、カーレースでピットクルーがタイヤ交換するより速く、おむつ交換できるようになります。

優秀な整備士のように、ボンネットを開ける前に、必要なものを用意しておかなければなりません。

必要なものとは、新しいおむつ(今使っているおむつの下に敷いて、すぐ使えるようにしてもいいでしょう)、おしりふき、お尻に塗るクリームや薬、おしっこされたときに備えて予備のタオルなどです。

さあ、これで準備万端です。

おしっこをかけられないよう、頑張りましょう。

あわせて読みたい

生後4カ月以降の赤ちゃん向け、睡眠習慣を作る方法

新生児向け魔法の抱き方を検証!→ほぼ有効だと判明


Image: oliveromg/Shutterstock.com

Source: Facebook, Amazon.co.jp

Michelle Woo - Lifehacker US[原文

訳:浅野美抄子/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next