特集
カテゴリー
タグ
メディア

大人でも楽しい、手を使った影絵7選

大人でも楽しい、手を使った影絵7選
Image: Hand Shadows to Be Thrown Upon the Wall by Henry Bursill/Lifehacker US

影絵は、道具のいらない遊びです。キャンプの時や、寝床でくつろいでいる時や、暗い部屋で座っている時でも、ランプやトーチなどの灯りがあれば子どもと一緒にできます。

基本的な影絵はできる人もいると思いますが、レベルを上げたいという場合は、1858年の影絵ガイド「Hand Shadows to Be Thrown Upon the Wall by Henry Bursill」をチェックしてみてください。

無料で使用できる著作権切れの作品がある「Project Gutenberg」でたまたま見つけました。

影絵の作り方とコツ

子どもと一緒に遊べそうなBursillの影絵をいくつかご紹介しましょう。

1. シカ

シカの影絵
Image: Gutenberg/Lifehacker US

2. 犬の「トビー」

犬のトビーの影絵
Image: Gutenberg/Lifehacker US

3. 「うるさい年寄り犬」

うるさい年寄り犬の影絵
Image: Gutenberg/Lifehacker US

4. 少年

少年の影絵
Image: Gutenberg/Lifehacker US

5. ラクダ

ラクダの影絵
Image: Gutenberg/Lifehacker US

6. ブタ

ブタの影絵
Image: Gutenberg/Lifehacker US

7. カメ

カメの影絵
Image: Gutenberg/Lifehacker US

子どもが他にどんな影絵ができるのかを知りたがった場合は、レゴでできている「Magic Angle Sculpture」や、Red Hong Yiのスターウォーズの影絵アートシリーズや、Olive Usによる一風変わったショートフィルムなどの動画を見せてあげましょう。

そうして灯りを消したら、子どもが自分で何をつくるか楽しみにしていましょう。

あわせて読みたい

「一人っ子はかわいそう」は残念な誤解

才能や環境は関係ない。 成功者に共通する「やり抜く力」の伸ばし方とは?


Image: Gutenberg/Lifehacker US

Source: Gutenberg

Michelle Woo - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next