特集
カテゴリー
タグ
メディア

ストーリーで「腕時計の価値」をハックする。老舗ブランドが2週間で仕上げるカスタマイズ

Sponsored By シチズン時計株式会社

ストーリーで「腕時計の価値」をハックする。老舗ブランドが2週間で仕上げるカスタマイズ
Photo: Yutaro Yamaguchi

ビジネスカジュアルが普及するにつれて、服装の自由度が増してきました。ノーネクタイや半袖シャツなど、仕事もはかどって過ごしやすくなったのは、うれしい時代の流れです。ただ、服装が軽やかになった一方で、ひっそり悩ましいのは「腕時計」ではないでしょうか。

かっちりしすぎてはカジュアルな雰囲気と合わないし、かといってゴテゴテっとした装飾路線は(一部の層からは大変好評かと思いますが)ビジネスの場では気が引ける。やはり目指したいのは、品がありながらも、どこか抜けのよさを感じる一本といったところ。

「スポーティでありながら、エレガントである」──今回紹介する腕時計は、まさに欲しかったスマートさをデザインテーマに掲げたシチズンの「ATTESA(アテッサ)」シリーズ。中でも、2012年に発売され、定価10万円オーバーの価格でありながら累計販売10万本を超える名作として知られるモデルの「AT8040」は、すべての“ほどよさ”が調和した選択肢です。

そして、このAT8040に施せる新しいサービスが始まったのですが、腕時計に「自分らしさ」をプラスできる面白い試みとなっています。実際に、ライフハッカー編集部でも試してみました。

シチズンが展開する新しいカスタマイズサービス

citizen_FTS_繝ゥ繝・_DSC4399
Photo: Yutaro Yamaguchi

7月初めよりCITIZENが提供している「FTS(ファイン・チューニング・サービス)」では、AT8040をベースに、ケース、ベゼル、文字板、時分針、秒針、リング、バンドといった腕時計の各要素をカスタマイズし、ウェブサイトからオーダーできます。組み合わせは4万通り

現在、東京のGINZA SIXに構える「シチズン フラッグシップストア 東京」でFTSを施したAT8040が展示されているとのことで、早速見てきました。

citizen_FTS_繝ゥ繝・_DSC4368
Photo: Yutaro Yamaguchi

店内にFTSのコーナーが設けられていました。選べる文字板や針などがずらり。

citizen_FTS_繝ゥ繝・_DSC4377
Photo: Yutaro Yamaguchi

たとえば、基本のデザインが同じでも、文字板の色が異なるだけで、これほどキャラクターが変わるものなのですね。頭ではわかっていても、実物を目にすると、より実感します。

4万通りのデザインから、自分だけのアイテムに

そして、実際にFTSのカスタマイズを施したAT8040が、こちら。

citizen_FTS_繝ゥ繝・_DSC4461
Photo: Yutaro Yamaguchi

同じ時計のモデルとは思えないほど、キャラクターがさまざま!

シックに寄せればスーツやジャケットにより合いやすく上品さが際立ち、カラーを愉しめばカジュアルな普段使いでも目を引く仕上がりに。「スポーティでありながら、エレガントである」を体現するAT8040だからこそ、この振れ幅が表現できるのでしょう。

citizen_FTS_繝ゥ繝・_DSC4425
Photo: Yutaro Yamaguchi

はめてみると、こんな感じ。時分針をブルーにすると、いい具合に抜け感が出ますね…!

さらに、外観のカスタマイズを楽しめるだけでなく、AT8040のFTSエディションには、ビジネスパーソンにも嬉しい充実の機能も搭載されています。

一例を挙げると、りゅうずを引いて、都市を選ぶだけで針が自動で動き、世界の都市時刻とカレンダーに修正できる「ダイレクトフライト」。さらに、太陽光や室内のわずかな光を動力に変える「エコ・ドライブ」や、時刻やカレンダーを自動修正する「電波時計」といった腕時計に求められる基本性能を完備

また、ステンレスより約40%軽く、肌に優しく、さびにくく、耐摩耗性に優れているのが特長の「スーパーチタニウム™」の採用や、シチズンが独自に開発した仕上げの美しさを保護する表面硬化技術「デュラテクト」など、身に付け続けるからこそ欲しくなる堅牢性も。

Instagramでは、実際にカスタマイズを楽しんでいる姿も。細かなところに自分の好みを反映できるのは嬉しいようです。

編集部で「ライフハッカーオリジナルの腕時計」を作ってみました

citizen_FTS_繝ゥ繝・_DSC4411
Photo: Yutaro Yamaguchi

展示でアレコレと想像をめぐらしていると、やはり自分たちでも試してみたくなるもの。

ここは「実際にオーダーしてみたらどうなるの?」という読者のギモンに率先してお答えするべく(といって編集長にゴリ押し)、ライフハッカーオリジナルモデルを制作してみました。カスタマイズで押さえておく要点は、下記の3点です。

  1. オーダーは公式ウェブサイトから
  2. ケースとバンドの一部は追加料金
  3. オーダーから通常2週間程度で発送
スクリーンショット(36)
Screenshot: ライフハッカー[日本版] via FTS/CITIZEN

公式サイトの「カスタマイズする」を押すと、まずは基本のモデルが表示されます。あとは、画面右側の「SELECT ITEMS」を選んでいくと、中央のイメージに結果が反映されていきます。

スクリーンショット(38)
Screenshot: ライフハッカー[日本版] via FTS/CITIZEN

cookieの利用による「KEEP」機能もありますが、会員登録をしてログインしておけば仕上げたデザインを「お気に入り保存」もできます。

たっぷり悩んで選び、まずは保存して、頭を一夜だけ落ち着けてみてポチる、というのが納得の買い方として良さそう。

スクリーンショット(40)
Screenshot: ライフハッカー[日本版] via FTS/CITIZEN

ということで、早速、ライフハッカーモデルの制作に取り掛かりましょう。やはり、文字板にはロゴカラーのグリーン

さらっとしたカーキグリーンも惹かれますが、ここはビジネスユースにもより合いそうな深めのグリーンを選びました。

スクリーンショット(42)
Screenshot: ライフハッカー[日本版] via FTS/CITIZEN

一つ前の画面のキャプチャと同じように見えますが、実は一回、編集部会議を挟んでブラッシュアップを細かいところに施しました(みんなのこだわりがぶつかり合う)。

その結果、時分針を白から黒に、秒針をオレンジからゴールドに変更

スクリーンショット(44)
Screenshot: ライフハッカー[日本版] via FTS/CITIZEN

最終的には、こんなチョイスになりました。今回は追加料金がかからず、11万円(+税)で決定。仕上がりイメージに「装着している腕元」があるのがニクい!ワクワク高まる!

あとは配送先を入力して、支払いを済ませれば、届くのを待つだけです。支払いは、クレジットカード決済、コンビニ決済、Amazon Payが使えます。

ストーリーで「腕時計の価値」をハックする

_DSC5073_re
Photo: Yutaro Yamaguchi

届きました

うおおおおお…やはり画面だけでは伝えきれない確かな質感に見惚れます…!

ロゴカラーのグリーンを文字板に据え、リングを黒にすることで印象が締まってビジネスシーンにも合いやすくしました。また、時分針も黒に揃えてシックに。

そして、今回のライフハッカーオリジナルモデルは、カスタマイズにあるテーマを設けました。それが「1秒を大切に」。日々の仕事を効率的に進め、成果を挙げ、自らの望むライフスタイルを実現すること。それも全て、毎日の1秒をいかに使うか、という積み重ねに他なりません。

そのテーマを体現したのがゴールドの秒針です。

_DSC5116
Photo: Yutaro Yamaguchi

まさに「時は金なり」ではありませんが、「1秒」の大切さを時計を目にする度に思い出し、戒めとできるようにしたかったのです。

…と、今回、シチズンのFTSで腕時計をカスタマイズしてみて、利用シーンを想像しながら自分好みに仕立てることの楽しさに加え、腕時計に自分なりのストーリーを込められるというのも大きな発見でした。

腕時計一つひとつには、開発者やデザイナーの思いが込められていますし、たしかにそれも選ぶ基準の一つです。ただ、そこに「自分だけのストーリー」を重ね合わせることで、大げさに言えば「腕時計をつける意味」さえ見い出せます

カスタマイズした腕時計をきっかけに会話が始まって、「どこにこだわりがあるんですか?」と聞かれたときに、自分なりのストーリーを答えてみる。そこには、ビジネスやライフスタイルへのこだわりも表れるのかもしれません。腕時計が、単なる「時間を確認する」という存在を超えて、自分自身をより表現するツールに高まったと感じられました。

_DSC5140
Photo: Yutaro Yamaguchi

長々語ってしまいましたが、今回のカスタマイズは新鮮で良い体験でした!

いきなり10万円をポチっていくのは気が引ける…という方は、記事でも紹介したGINZA SIXのフラッグシップストアや、順次開店予定の取扱店舗、期間限定のポップアップストアで、実物に触れてみては。その瞬間から、腕時計と、あなたをつなぐストーリーが動き始めます。


読者アンケート

アンケートが表示されない方はこちら

Source: FTS(ファイン・チューニング・サービス)/CITIZEN, 取扱店舗一覧, カスタマイズする

Photo: Yutaro Yamaguchi

長谷川賢人

swiper-button-prev
swiper-button-next