特集
カテゴリー
タグ
メディア

自分と向き合い、チームのために走る。結束が高まるリレーイベントはすごかった

自分と向き合い、チームのために走る。結束が高まるリレーイベントはすごかった

昨年に続き、2回目の出場となった「ブルームバーグ スクエア・マイル・リレー 東京」。ライフハッカー[日本版]編集部も、編集部のある株式会社メディアジーンの他編集部のメンバーたちと一緒に参加してきました。

社会的にも意義があるレースです

1-2

3年連続3回目の開催となった本レース。

昨年よりも参加チーム数が増え、70チーム、およそ700名のランナーが丸の内を駆け抜けました。

昨年に続く出場となったメディアジーンチームですが、今年は一部のメンバーを入れ替えて参戦。

結果は、昨年よりもゴールタイムを縮めたものの(2018年:1時間10分38秒 2019年:1時間07分27秒)、チーム順位は下がりました(2018年:38位 2019年:41位)。

2-2

レースの結果を求めるかどうかは、チーム次第ですが、もともと本レースは、社員間の結束力を高めるためのチームビルディングの機会や社員に健康的なライフスタイルを推奨する機会を提供できるユニークな場として実施しているリレーです。

これまでロンドンやドバイ、ニューヨークなど世界12都市で行われている企業対抗のランイベントとして、大いに盛り上がっている、世界でも注目のイベントなのです。

チャリティにも積極的に参加できる仕掛け

3-2
インクルージョン(赤)、教育(青)、健康(緑)の3つのテーマによって色別に分けられたリストバンドが配布されます

さらに今年からは、エクストラ・マイルのチャリティパートナーである公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(理事長は、オリンピックメダリストの有森裕子さん)が提案する、下記のプロジェクトテーマの中から、ひとりひとりのランナーが、エントリーのタイミングで応援したいプロジェクトを選択しました。

  • インクルージョン
  • 教育
  • 健康

レース後に、各プロジェクトに投票していたランナーの平均走行タイムがもっとも速かった「教育」プロジェクトへの寄付が決まりました(参加費の25% 総額220万円)。

参加することで寄付に協力できる点においても、実に意義のあるレースだと思います。

貴重な体験を思い切り楽しみました

4-2
今回のメディアジーンチームの出走メンバーです。スタート前のせいか、各々の表情が緊張しています

今年は、3名が初参加となりましたが、2度目の出走ランナーも、やはりスタート前は緊張感が漂います。

昨年はやらなかったウォーミングアップも念入りに行い、それで疲れてしまったメンバーも……。

5-2
一致団結と気分を上げるために、ランナーにはおなじみのシューズアップで集合写真を撮影

昨年走ったことがあるメンバーは、レースのおおよそのコツを掴んでいます。

コーナーリングに気をつけること。あまり最初から飛ばしすぎないこと。この2点を念頭において走りました。

初参加のメンバーも、聞いた話と実際に走ったのとでは、ギャップもあったようですが、いま持っている力以上のパフォーマンスを発揮できたのではないでしょうか。

bsmr

とはいえ、オーバーペースで走りすぎるとこうなります。。でも、これも「ブルームバーグ スクエア・マイル・リレー」の醍醐味といえば醍醐味かもしれません。

6-2

冒頭でも触れたように、タイムは3分近く縮めたものの、順位は3つ落としましたが、結果はどうあれ、思う存分にそれぞれが楽しんだ様子が、レース後の晴れやかな表情ですべてを物語っていると言えるでしょう。

各メンバーに感想を聞いてみました。

「丸の内の美しいロケーションを楽しめたのは最初の400mだけ……。残りの1200mは『早く楽になりたい』の一心で駆け抜けました。走り終えてみると、普段は接することの少ない人と自然に会話したり、大声でエールを送ったりと、チームスポーツの楽しさを実感できました! 来年の開催日は金曜日にして欲しい!」(第1走者:田口)

「令和になってランニングをし始めたビギナーで、初めてランイベントに参加しました。バトンを渡しチーム一丸となり、最後まで走りきることができて、とても気持ちの良いイベントでした! またこんな素敵な場所で走りたい」(第2走者:広田)

「走る前の何とも言えない緊張感と走った後の達成感、丸の内を走るという特別感と快感、ランニングによるチームビルディングの喜び。これらがいっぺんに味わえる素晴らしくエキサイティングな大会を楽しむことができました」(第3走者:玉木)

「昨年のレースを走り終えたときに、『練習しよう!』と心に誓ったものの、結局一度も練習しないまま、当日を迎えました……。タイムはさておき、皆で応援し合い、完走を称え合い、乾杯したビールの美味しかったこと! 」(第4走者:中村)

「昨年参加したメンバーから色々な感想を聞いていましたが、会場の雰囲気、レース前の緊張感、大変さ、爽快感、どれも想像以上でした。走り終えた後のアイスとお弁当が夢のように美味しかったです。今回はチームの声援や沿道の応援に背中を押され、なんとか走りきることができたという感じだったので、次回はタイム更新を目指したいと思います!」(第5走者:柏木)

「昨年に続く参加でしたが、チームやスタッフによる応援の中、夜の丸の内を疾走でき昨年以上に楽しむことができました。そして走った後のクラフトビールも最高でした!また来年会いましょう。」(第6走者:芹澤)

丸の内の真ん中が封鎖され、ランナーで溢れる光景はとても非日常的で始まる前からワクワクします。ボランティアの方々も多く、運営体制も整っているおかげで気持ちよく参加できました。」(第7走者:及川)

「『今年も走るの!?』と半ば逃げ腰だった数人のメンバーも、走った後の清々しい表情を見れただけで満足でした。次回走る機会があるならば、他チームの応援を見習って、もっと盛り上げられたらと思います」(第8走者:花崎)

「チームメイトや沿道の方々の応援に励まされてなんとか走りきることができました。チームがひとつになる一体感、丸の内という最高のロケーションを走れる高揚感と、身体を動かした疲れをかかえたまま飲む打ち上げのお酒がとーっても美味しかったです。また味わいたいです」(第9走者:前田)

「昨年に続き、参加させていただきました。非日常的な最高のロケーション、チームリレーならではの緊張感、他参加チームのテンション! 結果、自分の実力以上のタイム、リレーでしか味わえない達成感を経験できました。今年もとても楽しかったです!」(アンカー:佐藤)

ファンランナーを対象としたレースで、企業対抗であること、チームビルディングを目的のひとつとしていること、社会貢献にもつながる寄付ができることなど、他に類を見ない「ブルームバーグ スクエア・マイル・リレー」

参加したことのない方は、ぜひ来年の開催を待ってエントリーしてみて。


あわせて読みたい

持久力の限界が判明。究極のスポーツはマラソン?

ランニングの上達に欠かせない3つのステップ


Image: ブルームバーグ スクエア・マイル・リレー

Source: ブルームバーグ スクエア・マイル・リレー

MYLOHAS編集部 & ライフハッカー[日本版]編集部

swiper-button-prev
swiper-button-next