特集
カテゴリー
タグ
メディア

ビル・ゲイツ氏、「過去最大の失敗」を告白

  • カテゴリー:
  • TOOL
ビル・ゲイツ氏、「過去最大の失敗」を告白
Image: John Lamparski/Getty Images

Microsoftは過去にいくつもの失敗を繰り返してきました。中でも最大の失敗が、モバイル戦略です。

これは、私の言葉ではありません。

同社の創設者であり、前CEOであり、現在は会長職に就いているビル・ゲイツ氏がそう述べたのです。

MicrosoftがAndroidに負けたわけ

Video: Village Global/YouTube

冒頭で紹介した「過去最大の失敗」は、ベンチャーキャピタルVillage Globalのインタビューにおいて、ゲイツ氏が発言した内容です。

ゲイツ氏はワークライフバランスに対する考えを述べたのち、マイクロソフトがいかにモバイル市場に乗り遅れ、Androidに独占を許したのかを告白しました。

ソフトウェア、とりわけプラットフォームの世界では、勝者が全市場を独占します。つまり過去最大の失敗は、私が関与した経営ミスにより、マイクロソフトがAndroidのようになれなかったことにあります。

Androidは現在、スマートフォンにおける非Appleプラットフォームとして唯一の標準的なプラットフォームです。それは、かつてマイクロソフトが勝つための定石でした。つまり、勝者がすべてを独占するのです。

アプリの数が半分、あるいは90%しかなかったら、敗北への道が始まっています。非AppleのOSが1つだけ存在する余地は、確実にあります。

その価値をご存知ですか? 4億ドルですよ。それが、G社からM社に移ることになるのです。

いえ、モバイルOSが3つ存在する余地もあったでしょう。

しかしマイクロソフトは、最初の失敗から立ち直ることができませんでした。同社は現在Satya Nadella氏のもとで順調に経営していますが、人々がスマホを使えば使うほど、過去の失敗のコストが年々増えていくことになるのです。

でもそれ、Steve Ballmer氏の責任では?

マイクロソフトのモバイル戦略が失敗したのは、ゲイツ氏の責任ではないという人もいるでしょう。確かに、ゲイツ氏がCEOを降りたのは2000年であり、Windows MobileがiOSやAndroidと覇権争いを繰り広げるより前のことでした。

当時マイクロソフトのトップにいたのは、Steve Ballmer氏です。iPhone登場時、Ballmer氏が「iPhoneは高すぎてビジネスとしての魅力がない」と一蹴したことは有名です。

ひょっとするとゲイツ氏は、自身の座をBallmer氏に譲ったことを経営ミスと言っているのかもしれません。

マイクロソフトはモバイルでの敗北を認めた

ゲイツ氏は自分を責めるべきではありません。会社を興し、何十年もの長きにわたってテクノロジー業界を席巻していたのですから。

その証拠に彼は、国家規模の富を築き上げました。それでも、Windows 10 Mobileの終焉については、自身の失敗だったと明確に反省しているようです。

あわせて読みたい

ビル・ゲイツが厳選、2019年夏に読むべき5冊の本

ビルゲイツが子どもに使わせていた? 英語学習や留学準備には「カーンアカデミー」が使える


Image: John Lamparski/Getty Images

Source: YouTube

Original Article: Bill Gates Reveals His “Greatest Mistake Ever” by MakeUseOf

訳:堀込泰三

swiper-button-prev
swiper-button-next