連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

卵のサイズと7つの硬さが選べる、ゆで卵専用タイマー。割れ防止のニードルつき

  • カテゴリー:
  • TOOL
卵のサイズと7つの硬さが選べる、ゆで卵専用タイマー。割れ防止のニードルつき
Image: Amazon.co.jp

ゆで卵って簡単なようで、失敗する確率って高くないですか?

好みの硬さにできなかったり、ゆでている間に殻が割れて、白身が飛び出してモンスターのような物体になったり、殻がうまくむけなかったり…。

そんな失敗をしないためのアイテムが、OXO(オクソー)の「エッグタイマー」。

卵専用タイマーの使い方とメリット

Image: Amazon.co.jp

「エッグタイマー」は、好みのゆで卵を簡単に作れる卵専用のタイマー

卵はさまざまなサイズがあるので、サイズが違えば同じ時間でゆでても、好みの硬さになりません。

Image: Amazon.co.jp

そこで、まずは卵のサイズに合わせて、M、L、XL、Jから選びます。アメリカのサイズで書かれているので、M:S~Mサイズ、 L:Mサイズ 、XL:Lサイズ 、J:LLサイズだと考えてください。

Image: Amazon.co.jp

それから、内蔵している穴あけ器で卵に穴をあけます。卵を乗せて押し込むだけで、簡単に穴があけることが可能。

ゆでる前に穴をあけておくことで、ゆでている間に殻が割れるのを防ぎます。また、ゆであがった卵と殻の間に水が入りやすくなるため、殻がむきやすくなります。

Image: Amazon.co.jp

レバーを動かして、7段階の硬さから選びます。ゆで具合がイラストで描いてあり、時間を入力しないので、直感的に設定可能。

Image: Amazon.co.jp

冷蔵庫から出した卵を沸騰したお湯にいれてセットし、あとはお任せ。できあがったらブザー音とライトで知らせてくれます。

なお、どれくらい調理が進行したかもLEDのプログレスバーでわかるので、ほかの料理と同時進行で作っているときに便利だと思います。

ゆで卵の出番がますます増えそう

見た目もスタイリッシュでコンパクトなので、キッチンに置きっぱなしにしておいても良さそうですね。

ゆで卵が手軽に作れると、お弁当やトッピングほか、さまざまな料理につかえます。「エッグタイマー」があれば、効率的に料理ができるだけでなく、レパートリーも増えそうです。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next