特集
カテゴリー
タグ
メディア

もう打ち込まなくていい。Google翻訳のカメラ機能に60以上の言語が追加

  • カテゴリー:
  • TOOL
もう打ち込まなくていい。Google翻訳のカメラ機能に60以上の言語が追加
Image: Pexels

私は頻繁に旅行しますが、自分の言語能力ではあまり対応できない国にもよく行きます。

そのような時に、Google翻訳が欠かせないツールとなりました。

南フランスの英語が話せない駅員さんと、乗り遅れた電車について話した時や、サンフランシスコの自分のビルでスペイン語が通じなかった時も、Google翻訳アプリが助けてくれました。

ほとんどの場合、翻訳して欲しいことをアプリに向けて話したり、意味がわからないものをアプリに入力したりします。

しかし、先月東京に行った時は、意味がわからない言葉を入力することもできませんでした。

そんな時は、Google翻訳のカメラの出番です。

優秀なカメラ機能

Google翻訳のカメラ機能は、基本的には翻訳したい言語の文字や文章を写すと、あなたの母国語に翻訳してくれます。

看板や標識の意味を理解したり、メニューの内容を読むのに特に便利です。

また、今やGoogle翻訳のカメラが対応している言語はさらに増えました。

今週、GoogleはGoogle翻訳のインスタントカメラに60以上の言語を追加しました。以下が現在対応している言語の一覧です。

Google翻訳カメラ機能に対応している言語一覧

アプリをダウンロードすると、カメラアイコンをタップするだけこの機能にアクセスできます。

後は、翻訳が必要な文字や文章をカメラに写すだけです。

Google翻訳のアプリをまだスマホに入れていない人は、ダウンロードするのが間違いなくおすすめです。


あわせて読みたい

「スマホ×Google翻訳」を旅先で120%活用する方法

「Google翻訳」のカメラ機能の対応言語がさらに追加されました


Image: Pexels

Emily Price - Lifehacker US[原文:Google Translate's Camera Feature Now Supports 88 Languages

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next