連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

「手書きメモ」がスマホとシンクロする電子タブレット「DigiNote」がかなり使える!

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
「手書きメモ」がスマホとシンクロする電子タブレット「DigiNote」がかなり使える!
Photo: 島津健吾

デジタルなメモを取りたい。

アナログのメモにもいいところはあるけど、デジタルメモは書いてシェアできてなくさない。デジタルだからこそのメリットもたくさんあります。

かくいう私も、iPadや格安のデジタルメモデバイスを使ってきました。

しかし、iPadは少し重すぎてバッテリー持ちもよくなかったり、格安のデジタルメモデバイスは、データの保存やシェアができなかったりと、少し不満な部分がありました。

「もっと手書きに特化したデバイスはないものか?」

そう思っていた頃、machi-yaでクラウドファンディングを行なっている、「手書きメモ」とシンクロする電子タブレット「DigiNote」を発見。

今回はサンプルをお借りましたので、その使い心地をご紹介したいと思います。

本物のペンのような書き心地

DSC04192

「DigiNote」は電子タブレットと専用のペンがセットになったもの。この組み合わせはAmazonでもよく見かけますが、こちらは書き心地や機能性が異なります。

たとえば、ペンを使った書き味。特許取得の専用ペンで、滑らかにタブレットのように滑る書き心地は、まるで紙に書いているかのよう。また、筆圧を感知し、線の細さを自由に調整することも可能です。

DSC04196
Photo: 島津健吾

そのほか、書いたメモはそのままデバイスに保存でき、アプリとリンクさせればスマホ側に保存することも。本体に保存する場合は、50~100ページを保存できます。

書いた文字は一瞬で消せるし、30時間の連続使用も可能なんです。

でも、これらの特徴を超える、すごい機能が搭載されていました!

メモがリアルタイムでスマホに表示される

DSC04256
Photo: 島津健吾

DigiNote」がスマホと連動するというのは、すでにご紹介しました。でもこれのすごいところは、単純にメモをスマホに保存できるだけではなく、リアルタイムでスマホに表示させられること。

使い方は簡単。専用アプリを起動し、「DigiNote」とスマホをBluetoothで接続するだけ。これで「DigiNote」に書いた文字が、リアルタイムでスマホに表示されます。

名称未設定のデザイン
Photo: 島津健吾

こちらはアプリ使用中の画面。スマホ側に表示される文字の色や太さは、自由に調整できます。

アプリ内で色や透明度、線の太さを調整でき、あとはタブレットに書くだけ。細かく調整ができるため、イラストや絵を描くには最適です。グラデーションや、陰影の描き込みも簡単にできますよ。

eDraw
Image: Campfire

さらに、書いた文字や絵は録画されているので、あとで書いた順番をみたり、シェアすることも可能。

描くことに特化したタブレット、使ってみながら、完成度高いなと思いました。

名称未設定のデザイン(1)
Photo: 島津健吾

ちなみに、仕事用のメモをアプリ内で管理することもできます。

「ノート」を作成して、ファイルで整理できるので、「仕事用ファイル」「アイデア用ファイル」など、ジャンルごとに分けてみるのもいいでしょう。

ペン側で線の太さを調整できる

DSC04203
Photo: 島津健吾

ペンにはボタンが2つついており、これを使って線の細さを細かく調整できます。細く描きたいとき、太く描きたいとき、自由に分けられますよ。

電子タブレット「DigiNote」は想像の上を越えていった

DSC04191
Photo: 島津健吾

正直、びっくりしました。だってタブレット側でメモの保存ができたり、30時間もバッテリーが持ったりするだけでも驚きなのに、リアルタイムでスマホと連動するなんて、よく考えたものです。仕事でも使いやすいし、ちょっとイラストを描きたいと思った時にも使えるし…。iPadより描くことに特化したデバイスとして、1週間持ち歩くには、最適かもしれません。

そんな「DigiNote」ですが、超早割で9,980円から支援可能。

これだけの機能で、金額もリーズナブル。これは、困っちゃうな。

>>『手書きメモ』がスマホとシンクロする電子タブレット「DigiNote」の詳細はこちら

Photo: 島津健吾, machi-ya

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next