特集
カテゴリー
タグ
メディア

ダニの習性を理解してダニに噛まれない方法

ダニの習性を理解してダニに噛まれない方法
Photo: Jachan DeVol (Unsplash)

私は、ダニのことが書いてある記事を読んだだけで、たちまち身体がムズムズしてきます。

でも、ダニを避ける方法が書いてある記事を見つけると読まずにいられません。それだけダニが嫌なんです。

まずは基本から

屋外(森林、裏庭、公園など)で過ごした後は、身体にダニがついていないかチェックして、必要に応じて適切な方法で駆除しましょう

また、自然豊かな環境に行くときは、なるべく身体の露出を少なくすることが肝心です。

ダニの習性を正確に把握できると、さらに対処しやすくなります。

ダニはなぜ特定の哺乳類に寄生しやすいのでしょうか。

ダニは積極的に獲物を探し求めるので、獲物の選び方がわかれば、噛まれにくくなります。

ダニは獲物をどうやって認識しているか

私は、ダニは人間であれ、犬や鹿などの動物であれ、最初に接触した哺乳類に無作為に飛びつくと思っていましたが、Popular Scienceの記事によると、実際にはそれよりはるかに複雑です。

確かに、ダニが偶然身体についてしまうことはよくあります。しかし、ダニは、葉っぱの上で日光浴をしていて、たまたま近くを通りかかった人間に飛びついているわけではありません。ダニは獲物を待ち伏せしているのです。

ですから、無防備に公園を散歩している人間は、ダニから見ると、エサが向こうからやってくるようなものです。

では、ダニはどうやって飛びつく相手を選んでいるのでしょうか。

ダニの前足の先には匂いを感じるセンサーがついていて、人間の呼気に含まれる二酸化炭素でその人間の位置を認識します

そのため、どれだけ消臭剤や虫よけスプレーを使っても残念ながら役に立ちません。

ダニはアンモニアの匂いも大好きなので、森の中で用を足したりすると、ダニに居場所を教えているようなものです。

ダニに噛まれてもすぐには気づかない理由

ダニに噛まれて血を吸われても、すぐに気づくことはできません。

ロードアイランド大学のTickEncounter Resource Centeによると、ダニは唾液と一緒にキナーゼと呼ばれる特殊な鎮痛剤を分泌するので、ダニに噛まれても気づきません。

そのため、ダニは何日も気づかれずに人間の身体についていられるのです。

また、ダニは人間の身体に飛びついても、すぐにその場で噛むとは限らず、身体の別の場所に移動してから噛んで血を吸うことがPopular Scienceの記事で指摘されています。

疾病管理センター(CDC)によると、ダニが好んで噛む場所は次の通りです。

  • 脇の下
  • 耳の中や周辺
  • へその中
  • 膝の裏
  • 頭髪
  • 股間
  • ウエスト周り

ですから、屋外で過ごした後は、こうした場所にダニがついていないか特に入念にチェックしましょう。

ダニがいない土地は、ほぼ皆無

ダニがいないところに引っ越せば問題は解決するのでしょうか。

CDCによると、アメリカでダニがもともと生息していないのはアラスカだけなので、それ以外のどの州に引っ越してもダニは避けられません。

一方で、救いもあります。

あらゆる種類のダニが人を噛み、病気を感染させるわけではありません。

CDCは、アメリカのどの州にどのような種類のダニがいるかわかるマップを発行しています。

ダニに噛まれないためにできること

私の経験から言えば、どんなに気をつけてもダニに噛まれるときは噛まれます。

TickEncounter Resource Centerは、前々から次のようなアドバイスをしています。

  • 防虫剤を使用する。
  • ズボンの裾を靴下の中に入れる。
  • 野道は端でなく中央を歩く。
  • 帰宅したらダニが付いていないか徹底的にチェックする。

しかし、これだけでは不十分です。

最近は、屋外で過ごす前の日にペルメトリン含有のダニ除け防虫剤を、靴、靴下、ショーツやズボン、シャツに施すことも推奨されています。

ペルメトリン含有防虫剤はかなりの持続力があり、家庭で衣類に施すと最大6回の洗濯に耐えられ、ペルメトリン含有防虫剤で防虫処理を施した衣類を購入すると、70回洗濯しても効果は持続します。

さらに、CDCは、屋外で過ごしたら2時間以内に熱いシャワーを浴びることも推奨しています。

これにより、ライム病感染リスクが軽減することが証明されているので、ダニが媒介する他の疾患のリスクも軽減できるかもしれません。

また、シャワーを浴びると、身体の表面に付いているダニを洗い流すことができます。

それでもダニに噛まれてしまったら

ダニを適切な方法で取り除いてから、噛まれた箇所を暖かい石鹸水で洗いましょう。

具体的なやり方はこちらからどうぞ。

ダニに噛まれたときに備えて、今のうちに読んでおくことが得策です


あわせて読みたい

なぜ蚊に狙われるのか?原因を知って対策を立てよう

蚊に刺された患部に当てるだけ。新しいかゆみ止めグッズ【今日のライフハックツール】

ソーラー発電で電気代はゼロ。360度回転して洗濯物がよく乾くハンガー

衣類や布団乾燥など1台で4役。通年使えるセラミックヒーター


Image: Unsplash

Source: Popular Science, TickEncounter Resource Center, CDC

Elizabeth Yuko – Lifehacker US[原文:Protect Yourself From Ticks by Understanding How They Hunt

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next