特集
カテゴリー
タグ
メディア

その努力は本当に必要?自分を肯定するメンタルコントロール術

MYLOHAS

その努力は本当に必要?自分を肯定するメンタルコントロール術

「私は努力が足りない」と思うのは、努力はしなければいけないもの、ということが前提にあるからです。

努力しなければならないという気持ちが強すぎるため、「努力が十分ではない」という認知が働きます。

不足している部分に目がいくということは、自分に課している努力の度合いが高すぎるのです。

努力はするに越したことはありませんが、自分の心を犠牲にしてまで絶対にしなければならないものではないし、努力をしないからといって命を奪われるわけでもありません。

でも実は、多くの人が心のどこかでは努力を「したい」と思っているのではないでしょうか。

不足という感覚に光をあてるのではなく、努力をしたいと思っている自分を肯定し、その気持ちに光を当ててみましょう。

>>30日間の「自己肯定感を上げる方法」をもっと見る

あわせて読みたい

自分を思いやっていますか? 禅僧が教える、5秒でできる心の筋トレ

「〇〇すべき」に苦しんでない? 自分も相手も責めない生き方とは

自分の内なるネガティブな声には、名前を付けてしまおう


Image: Shutterstock.com

マイロハスより転載(2019.06.29)

島田ゆかり

swiper-button-prev
swiper-button-next