特集
カテゴリー
タグ
メディア

Appleが門戸開放。WindowsやAndroidでもiCloudが使える?

GIZMODO

  • カテゴリー:
  • TOOL
Appleが門戸開放。WindowsやAndroidでもiCloudが使える?
Image: Gizmodo US

シーッ! ここだけの話。

最近、Apple(アップル)の鉄のベールがちょっとだけゆるんできたと思いません?

他社製品で使えるAppleサービスが増えてきたように感じるのは気のせいでしょうか。

AirPlayをApple TV以外のスマートテレビでも使ったり、Apple Musicの音楽をAndroidのデバイスでも聴くことができるようになったと思ったら、今度はWindows対応のiCloudアプリが改良され、アップデートバージョンが発表されましたよ。

今まで以上にクロスプラットフォーム対応への動きを見せているAppleですが、果たしてその実用性はいかなるものでしょうか。

iPhoneやMac愛好者も「これからはAndroidやWindowsでも作業しよう」って思えるように納得のいくものなのでしょうか。

それとも今までどおりApple製ハードウェアをあえて使っておくほうが賢い選択なのでしょうか。

米Gizmodo編集部がさっそく試してみましたよ!

Windows搭載PCとGoogle(グーグル)のスマホのPixel 3a XLを使ってiCloudのデータにアクセスできるのか、検証の結果はいかに!?

WindowsでiCloudを使う

iCloud
iCloudの写真をWindowsにダウンロード
Image: Gizmodo US

iCloudって実は昔からWindows対応していたんですよね(そうそう、iTunesもです! お忘れなく)。

今回公式Microsoft(マイクロソフト)ストアに発表されたのは、いろんな改良を加えた最新バージョン。

特に同期プロセスが強化されて、ファイルをWindowsデバイスに保存しなくてもiCloud上で直接アクセスできるようになりました。

File ExplorerからのiCloudファイルの共有も改善されています。

iCloudアプリをダウンロードすると、Windowsタスクバーの通知領域にアイコンが現れます。

ここからiCloud 写真をクイック起動して年ごとにWindowsの「ピクチャ」フォルダにダウンロードしたり(写真は年でフィルタされているので年ごとのダウンロードになります)、逆にアップロードしたり、ブラウザ版のiCloudに移動できたりします。

iCloud
Windows File ExplorerからiCloudファイルにアクセス
Image: Gizmodo US

「iCloud設定」からWindowsとの同期の設定や変更も可能です。「iCloudドライブ」「写真」「メール・連絡先・カレンダー(Outlookを使います)」「ブックマーク」のそれぞれの項目について設定できます。

使用中のiCloudストレージもここで確認することができます。

...と説明はこのへんにしといて、じゃあ実際に機能するのでしょうか?

結論から言えば、発表されたとおりの仕事をしてくれますが、できることはきわめてベーシックで動作も遅くなることがあります

クロスプラットフォーム共有の分野では、DropboxやGoogleドライブ、OneDriveのほうがスマートに機能するという印象は否めません。

WindowsでどうしてもiCloudデータにアクセスしたいときに使うほうが良さそうです。

iPhoneで撮った写真をWindowsで開いて編集してからMacと同期する、といったベーシックな作業も、できることはできるのですが、途中で何かと時間がかかったりして正直不便に感じました。

iCloud
WindowsのiCloud設定パネル
Image: Gizmodo US

iCloudに入っている全写真が使いたい、というような特別な理由がない限り、ブラウザ版のiCloud.comにアクセスするほうが(Chromebookユーザーのみなさんにとっても)よいでしょう。

Windows対応のiCloudアプリは、大量の写真をアップしたりダウンロードする必要があるときだけベストな方法になりそうです。

Windowsデバイスでブラウザ版iCloudからファイルにアクセスするのは簡単ですし、スピード的にもわりとスムーズにいきます。

ファイルに変更を加えた場合は数秒でMacOSも同期されて、写真の操作もわかりやすくスピーディにいきました。

とはいえMacデバイスの写真アプリで作業するのに比べたら機能面ではどうしても劣りますが。

ブラウザ版iCloudのアプリもこの数年でずいぶん改善されましたが、それでもまだ完ぺきなモノとは言えません。

DropboxかGoogleドライブを開いているタブの横でiCloud.comを開いてデータをアップロードするといった経験のある方であれば、きっと同感してもらえるのではないでしょうか(ちなみに今年9月にはiCloudドライブの待望の共有フォルダ機能がリリースされるということです)。

iCloud
ブラウザ版iCloud
Image: Gizmodo US

ブラウザ版のアプリはベーシックなものですが、たとえばメモやリマインダー、カレンダーに連絡先、もしくはそれ以外のiCloud上のデータを確認したいだけであれば、Windowsデバイスであっても事足ります。

ただし、ちゃんとした「作業」をしたいというのであれば、話は別です。

特に、Appleの主要なアプリでWindows対応バージョンを用意してあるのはひとつもありませんから。

まとめると、Windows対応のiCloudアプリは「合格」ラインではありますが、メール送信やちょっとしたファイルの同期にとどめていたほうが良いでしょう。

期待通りにスムーズにいくとも限りません

たまにファイルにアクセスしたり、前述の通り大量の写真をWindowsからiCloudにアップロードしたいときにだけ使用するのをおすすめします。

WindowsとMacの両方を同じくらい頻繁に使うひとであれば、自然と使いやすくてクロスプラットフォーム対応も勝るほうのオプションを選んでいるのではないでしょうか。

たとえば写真や動画であればGoogleフォトに保存して、ファイルの同期はDropboxにおまかせ。

Appleが勝負を挑むのは、残念ながらまだ早いようです。

AndroidでiCloudを使う

Apple Music
Apple MusicはAndroidでも動作できます
Image: Gizmodo US

ここからは文章がうんと短くなりますよ。

だってAndroidデバイスでiCloudの写真とかメモとか他のファイルが「本当の意味で」使えるかというと、それはやっぱり無理な話。

少なくとも、Dropbox(また登場)といった第三者的なサポートがないとうまくいきません。

Appleとしては、複数のプラットフォームを普段から使用しているユーザー層を押しやってしまった、くらいの危機感を感じるほうが良いのではないでしょうか。

でも希望がないわけではありません!

Apple Musicに関してはちゃんと機能しています。

月々の使用料を払っていて、ライブラリやプレイリスト(iCloudのMusicライブラリにアップしてあればローカルファイルも含めて)を使える場合に限りますが。

それから、Androidデバイス上のGmailに@icloudのメアドを追加すればiCloudメールの送受信もできるようになります。

...とここまで書いたのがAndroidで「使える」iCloud機能のすべてです。音楽とメール。どう、潔いでしょう?

Androidに対応しているApple製アプリは他にはありませんよ。

ちなみに連絡先とカレンダーをiCloudからAndroidに取り入れることはできます。

できますが、かなり面倒で一回きりの片道プロセスなので両者間の同期は不可能です。

iCloud
左:Androidデバイスで開いたiCloud.com、右:GmailでiCloudメールをチェック
Image: Gizmodo US

Androidデバイスでモバイルサイト版のiCloud.comを見てみても、「iPhoneを探す」しか開かないのでファイルや他のアプリにアクセスすることはできません。

デスクトップ版のiCloud.comを開くこともできますが、そうすると今度は米粒のようなアイコンサイズになってしまうばかりか、動作もどこかぎこちなくなってしまうのです。

まあ、一応このやり方でiCloudの写真をAndroidデバイスにダウンロードすることは理論上可能ですが、楽しい経験とは言えないでしょう

編集部ではこの方法でAndroidデバイスを使ってiCloudドライブにPDFファイルをどうにかアップロードできたのですが、ただでさえ速いとは言えないブラウザ版のインターフェースで、これまた極小サイズのアイコンと格闘するのはかなり大変です。

他に選択肢がないときの「緊急用」として捉えましょう。

結局、AndroidデバイスでiCloudを使って「ちゃんとした」作業を行なうのは現時点では不可能に近いです。

現在Androidを使っている、もしくは将来的に使おうと思っている読者の方は、iCloudを写真やファイルのメインの保存先にしないことをお勧めします。

もちろん、Appleがさらなるバージョンアップをもって大々的な解決策が生まれることも、なきにしもあらずですが、それが近い将来になるのか遠い将来になるのかは誰にもわかりません...。


あわせて読みたい

知っておくと便利よ? MacとAndroidスマホを連携させる方法

Apple vs Google:アプリ対決を制するのはどっち?

iOSの「ショートカットの自動更新」に使えるサイト「RoutineHub」


Image: Gizmodo US

ギズモードジャパンより転載(2019.06.30)

David Nield

swiper-button-prev
swiper-button-next