特集
カテゴリー
タグ
メディア

AirPodsとApple Watch用ワイヤレスバッテリー「EIRTOUCH」を使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
AirPodsとApple Watch用ワイヤレスバッテリー「EIRTOUCH」を使ってみた
Photo: 島津健吾

Apple製品を使い始めると、スマホもイヤホンもパソコンも徐々にApple製品に統一されていきます。

かくいう私にも同じ現象がおきていて、AirPods、Apple Watch、iPhoneを日常的に携帯しているほど。ここまで揃っているなら、非常用に持ち歩いているモバイルバッテリーもApple専用にしたいところです。

そんなとき、Campfireで目にしたのが、ワイヤレスモバイルバッテリーの「EIRTOUCH」。

普通のモバイルバッテリーではなく、Apple製品に特化した機能を持ち、デザインもApple感溢れるバッテリーなんです。実際に手にしてみましたので、今回はその使い心地の良さをご紹介します。

AirPodsとApple Watch用ワイヤレスバッテリー「EIRTOUCH」とは?

Video: EIRTOUCH/YouTube

「EIRTOUCH」は、手のひらサイズのモバイルバッテリーに、Apple Watch専用のワイヤレスポートとAirPods専用のライトニングがついたもの。さらに一般的なモバイルバッテリーと同じで、スマホの充電も可能。つまり、Apple Watch、AirPods、iPhoneユーザーに最適化されたモバイルバッテリーというわけです。

ここまで振り切ったモバイルバッテリーはなかったし、バッテリーが短いApple Watchをどこでも充電できるのはありがたいです。

シンプルなデザイン、でも必要なものは全部詰まったモバイルバッテリー

DSC04082
Photo: 島津健吾

AirPodsは、ケースで充電しながら使えば、24 時間以上再生できます。出先で充電がすぐに必要になることはないかもしれませんが、Apple Watchは別。充電を忘れると、次の日は使えないこともしばしば。カロリーや歩数、運動時間などを毎日測っている人からすれば、致命的です。だからこそ、こうしたすぐに使えるモバイルバッテリーは、うっかりさんにはとっても助かるんです。

手にしてみて、私も「これは需要あるな〜」と感心してしまいました。

Apple WatchやAirPodsの充電スタンドにもなる

DSC04081
Photo: 島津健吾

「EIRTOUCH」には、専用の充電スタンドが付属しています。ここに「EIRTOUCH」を差し込めば、充電できます。もちろん、直接ケーブルを挿してACで充電することも可能。

DSC04077
Photo: 島津健吾

あえてこのスタンドを使う理由は、見た目の良さですね。AirPodsをてっぺんのライトニング端子に挿して、Apple Watchを巻きつければ、イケている充電スタンドの完成。

DSC04063
Photo: 島津健吾

Apple WatchもAirPodsもケーブルなしで充電できるのって、とってもありがたい。ガジェットを持てば持つほど、充電ケーブルは増えていくわけで、このモバイルバッテリーは携帯性だけではなく、自宅やオフィスでApple製品を充電するときも、こうして活躍してくれるというわけです。

DSC04066
Photo: 島津健吾

Apple WatchやAirPods専用の充電スタンドは、最近増えてきていますが、その多くがパワー不足だったり、ケーブルがごちゃごちゃしていたりします。でも、これなら、すごくシンプルでスタイリッシュ。ケーブルのごちゃつきから解放される気持ち良さを、ぜひ味わってみてください。

iPhone Xは1回、Apple Watchは10回充電できる

DSC04075
Photo: 島津健吾

バッテリー容量は3000mAh。これはiPhoneXなら1回、Apple Watchなら10回、AirPodsなら7回充電できる容量です。最近は大容量のモバイルバッテリーが主流ではありますが、日常的に持ち歩くなら3000mAhで十分。サイズもコンパクトで携帯しやすいのもグッドです。

「EIRTOUCH」は現在Campfireでクラウドファンディング中。 最初の30名は30%の5,630円で支援が可能です。

もうこんなモバイルバッテリー、出会えないかも?


>>AirPodsとApple Watch用ワイヤレスバッテリー「EIRTOUCH」の支援はこちら

Photo: 島津健吾

Source: Campfire, YouTube

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next