特集
カテゴリー
タグ
メディア

リーダーシップを発揮して成功するために必要なソフトスキル19個

BUSINESS INSIDER JAPAN

リーダーシップを発揮して成功するために必要なソフトスキル19個
アマゾンのCEO、ジェフ・ベゾス氏。
Matt Winkelmeyer/Getty Images for WIRED25

成功するリーダーは技術的なスキルだけでなく、"ソフトスキル"もマスターしている。

交渉をしたり、チームや組織の士気を高めたり、人間関係を維持するといった"ソフトスキル"は、リーダーの成功に欠かせない。

事実、リンクトイン(LinkedIn)のCEO、ジェフ・ウェイナー(Jeff Weiner)氏は、現代の職場において、ソフトスキルの方がコードの書き方を知っていることよりも重要だと語っている。

また、上司が部下と効果的なコミュニケーションが取れなかったり、部下の目標達成の手助けができないと、部下が会社を辞めてしまうことも研究から分かっている。

以下、リーダーとして成功するために必要な19のソフトスキルと、そのスキルに磨きをかけるためのヒントを紹介しよう。

1. コミュニケーション上手は、自分の考えをきちんと伝えられるだけでなく、優れた聞き役でもある

2
Daxiao Productions/Shutterstock

ヒント:相手の話に集中しよう。メモを取り、判断は保留し、異なる意見にもオープンでいよう。

2. コミュニケーション上手であることは、人間関係を作り、維持するのに必要不可欠

3
David Paul Morris/Getty Images

ヒント:相手に対する礼儀を欠かさない。自信をみせよう。主張には根拠を持たせ、「多分」や「至急」といったあいまいな言葉はできるだけ避けよう。

3. ボディーランゲージは実際の発言よりも重要であることが多い

4
WOCinTech Chat/flickr

ヒント:相手に対する尊敬と誠意を見せるため、話をしているときはアイコンタクトを取ろう。自信を示すために良い姿勢を維持し、腕組みをしたり、服やアクセサリーをいじるといった、気を散らせるもしくは無関心であることを示すようなジェスチャーは避けよう。顔の表情も伝えたいメッセージに合わせよう。

4. 良いリーダーは、悪いニュースを上手に伝えられる

5
AP/NZ Herald/Greg Bowker

ヒント:悪いニュースはメールやメモでなく、面と向かって伝えよう。責任を取ろう。できるだけ正直でいよう。そのニュースがどんな影響を及ぼすのか、話し合うチャンスを部下に与えよう。

5. 相手にどうやって「ノー」を伝えるかを知ることは、良いコミュニケーションの印

6
Getty Images

ヒント:相手に「ノー」をいうときは、自分が状況を理解していることを十分に伝え、「ノー」である理由を説明しよう。会話の最後は、他の方法を提案するなど、ポジティブな雰囲気で終わろう。

6. リーダーは優れた交渉スキルを持ち、誰にとってもうまくいく解決策の見つけ方を知っている

7
Getty Images

ヒント:状況を相手の視点に立って見てみよう。複数のオプションを提供できるよう、準備しておこう。相手の意見をしっかり聞き、理解したことを見せ、自分がチームプレーヤーであることが相手に伝わるような提案をしよう。

7. 部下や同僚とつながることは、効果的なコミュニケーションに欠かせない

8
Sebastiaan ter Burg/Flickr

ヒント:人と話すときは相手の名前を会話に織り交ぜよう。部下や同僚の暮らしに関心を見せよう。感謝を示し、その貢献をたたえることで、部下や同僚を大事に思っていることを感じてもらおう。

8. リーダーは相手に対する敬意を示しながら、生産的な批判ができる

9
golubovy/Getty Images

ヒント:批判は個別に。相手を指さない。問題をオブラートに包まず、何を変えたいのか、明確に伝えよう。相手に意見を求めることで、彼らと一緒に解決する姿勢を見せよう。

9. リーダーは、その行動や姿勢で職場の調和を乱しかねない難しい部下の扱い方を知っておかなければならない

10
WOCinTech Chat/flickr

ヒント:問題にはできるだけ早急に取り組もう。特定の行動を好ましくないと指摘するときは、きちんと文書化された情報をもとにしよう。行動を正す計画を立て、ポジティブな変化が得られるよう、日々フォローアップしよう。

10. 良いリーダーはフレンドリーだが、職場では個人的に親しくなり過ぎない

11
fizkes/Shutterstock

ヒント:友人と一緒に働いているなら、公私の区別ははっきりさせよう。相手とどれだけ親しいかに関係なく、全ての部下と公平に接し、特別扱いはしない。

11. 良いリーダーは変化に適応できる

12
mixetto/Getty Images

ヒント:部下に自身の考えを共有するチャンスを与えよう。ポジティブな面にフォーカスし、質問に答えられるようにしておこう。

12. コミュニケーション上手は、身構えることなく、抵抗に応じることができる

13
Getty Images

ヒント:問題に集中することで、冷静に対応しよう。対立的にならないように。自分に非がある場合は認めよう。問題解決のため、抵抗した相手に助けを求めよう。

13. リーダーは常に部下の不満を受け、それに対応する

14
Sebastiaan ter Burg/flickr

ヒント:愚痴をこぼさないことで手本を見せよう。不満をこぼす人に解決のための協力を呼びかけよう。

14. コミュニケーションと良いマナーは密接に関連している

15
Getty Images

ヒント:相手の時間に敬意を払い、ミーティングには早めに行こう。必要なとき以外はスピーカーフォンは使わない。人の邪魔をしない。相手に「お願いします」「ありがとう」を必ず伝えよう。

15. コミュニケーション上手は、議論の最中でも相手への敬意を忘れない

16
MR. Nattanon Kanchak/Shutterstock

ヒント:妥協点を見つけよう。礼儀正しく、冷静に、落ち着いた声をキープしよう。議論の最中、相手を追い詰めないように。前へ進むことに集中しよう。

16. 部下に仕事を任せることで、リーダーは緊急のタスクに対応する時間を確保する

17
Getty Images

ヒント:目標を明確にし、予想される結果を具体的に示そう。途中で直面するであろう問題をあらかじめ共有し、話し合おう。必要なリソースを提供しよう。

17. リーダーにとって最も重要な責任の1つは、職場の士気を高め、維持すること

18
Getty Images

ヒント:定期的に情報や変化、社内のニュースについてコミュニケーションを取っておくことで、部下に疎外感を抱かせない。成長の機会を提供し、部下が会社とそのミッションに与えているインパクトを説明しよう。

18. リーダーは、素晴らしい仕事に気付き、言葉で称賛する方法を知っている

19
Jim Watson/AFP/Getty Images

ヒント:人によって異なるタイプの実績を認識し、良い仕事は他の人も祝うことができるミーティングでほめよう。本人に個別に賛辞を贈ることも忘れずに。

19. リーダーは悪い習慣で企業文化を台無しにさせない

20
LMproduction/Shutterstock

ヒント:時間にルーズだったり、他人の邪魔をしたり、周りの人々のパーソナル・スペースに侵入したり、不適切な発言・ジョークを言ったり、常に不平不満をこぼし続けるといった行動には気を付けよう。


あわせて読みたい

嫌われる上司の21の習慣

もしかして? 同僚が会社を辞めそうなときに見せる17のサイン

営業マンから「国境なき医師団」に。病院も攻撃される今必要な「日本人的」リーダー像


Image: Getty Images, flickr, AP, Shutterstock.com

BUSINESS INSIDER JAPANより転載(2019.06.22)

Allana Akhtar

swiper-button-prev
swiper-button-next