特集
カテゴリー
タグ
メディア

生のまま刻んで混ぜるだけ、オクラのあえもの3レシピ

生のまま刻んで混ぜるだけ、オクラのあえもの3レシピ
Photo: 大崎えりや

蒸し暑さは、体力だけでなく、気力まで奪っていきますね。

元気になるには、ネバネバしたものを食べると良いと言われています。そして、夏野菜である「オクラ」はネバネバ食材のひとつ。

このネバネバ成分には、粘膜を強化する働きがあり、免疫力アップや疲労回復を助けてくれると言われています。ですから、今の時期だけでなく、これからの暑い季節にもピッタリな食べものなんです。

オクラを使った料理というと、ゆでてマヨネーズや醤油で食べるのが定番ですが、もっとバリエーションが欲しいところ。そこで目先を変えつつ、効果的に栄養を摂取できるような3つのレシピをご紹介します。

オクラから美味しく無駄なく栄養を摂取するポイント

POINT1:

ムチンは熱に弱いので、加熱せずにでの摂取が理想。時短調理にもなるので嬉しいですね。

POINT2 :

オクラを生で食べる場合は、とにかく薄く切ること。硬くて食べにくいからという理由もありますが、薄く切ったほうが粘りも出やすいです。

POINT3:

生をただ切るだけでは、実は粘りがほとんど出ないオクラ。味付けのほかに水を少量加えると、よりネバネバがアップ。ネバネバさせることで、生でも口当たりよく仕上がります。

POINT4:

オクラには、亜鉛も多く含まれています。亜鉛もまた、パワーの源となる栄養素。クエン酸と合わさると、体への吸収率がアップするので、クエン酸を必ず加えましょう。クエン酸はレモンやお酢、梅干しに含まれている成分です。

ポイントを4つ挙げましたが、ようするに、「生で食べる場合は薄く切って水を加えて酸っぱいものを加える」のが、美味しく無駄なく栄養を摂る一番の方法になります。

オクラの下ごしらえ

STEP1.

ヘタの周り(ガク)の硬い部分を、包丁で切り取る。

STEP2.

表面に塩を付け、産毛をこすり取る。

こういった手順があるものの、買ったばかりで新鮮なら、そのまま使っても問題ないと思います。私が作る場合、大人が食べるのなら、上記の下処理を行わないことが多いです。

それでは生のオクラを使った、効果的に栄養が摂取できる3つのメニューをご紹介します。

生オクラのレモンあえ

生オクラのレモンあえ
Photo: 大崎えりや

オクラを薄く輪切りにして、めんつゆレモンの搾り汁を加えてあえて、できあがり。

レモンの酸味が効いた、爽やかな一品。清涼感たっぷりで、夏にピッタリ。サラダ感覚なので、食事の箸休めにも良いでしょう。

生オクラの酢ラー油あえ

生オクラの酢ラー油あえ
Photo: 大崎えりや

こちらも、オクラを薄く輪切りにして、食べるラー油醤油少々、お酢を加えてあえるだけ。

お気付きのとおり、タレは餃子を食べるときの組み合わせと同じです。馴染み深い味ですよね。この組み合わせで、美味しくならないはずがありません。

ほのかな酸味を感じてから、少し遅れてラー油の辛さがやってきます。あとを引く辛さが癖になり、もっともっと頬張りたくなります。ごはんと合わせるのもいいですね。

生オクラの梅海苔あえ

生オクラの梅海苔あえ
Photo: 大崎えりや

オクラを薄く輪切りにして、種を取って包丁で叩いた梅干しと千切った海苔を加えて混ぜ合わせます。

梅の香りと酸味に、海苔の風味が加わった和風のメニュー。これから気温が上がって食欲のなくなる時期や、二日酔いの朝などにピッタリではないでしょうか。

オクラ豆知識

ここで、オクラに関する豆知識をひとつ。オクラって実は、日本語ではなく英語なんです。英語に直すと「Okra」となります。なお、日本語の異名は「陸蓮根(おかれんこん)」。その単語を出されても、イメージするのは難しいですよね。

オクラは非常に体にいい野菜であり、これから暑くなって体調を崩しやすい時期に必要な栄養素を多く含んでいます。夏を有意義に過ごすためにも、ネバネバパワーを取り入れていきましょう!

レシピ・文オガワチエコ

料理研究家。ル・コルドン・ブルー、東京會舘クッキングスクールで料理と製菓を学ぶ。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)、『おにぎらずの本』(泰文堂)など。道具も調味料もない彼の家で、いかに間単に失敗なく美味しい料理を振舞うかに特化したレシピ本になっている。2015年9月11日には新刊『スティックオープンサンドの本』を出版。

あわせて読みたい

火も包丁も使わずに30秒でできる「冷製スープ」レシピ2つ

「ピリッと旨辛」「まったり味噌バター」「ネバネバつるり」簡単うどんレシピ3品


Photo: 大崎えりや

オガワチエコ

swiper-button-prev
swiper-button-next